オセアニア

【保存版】メルボルン スカイバスの時刻表・乗り方・料金 まとめ

IMG_1218

メルボルン国際空港とシティ中心部サザンクロス駅を結ぶスカイバスの発車時間と料金についてまとめます。

空港とシティのバイパスとなっているこの交通機関、とても便利でいい乗り心地です。

スクリーンショット 2016-09-02 0.25.30

こちらがスカイバスのWebサイトですが、すべて英語で書かれていますので参考として日本語でまとめます。(2016年9月執筆)

メルボルン国際空港の発車時間

ターミナル(以下:T)1、T3、T4で乗車可能です。なんと24時間運行しています。

しかし深夜や早朝の時間帯は運行本数が減少します。

ですので深夜と早朝の時間帯だけ要注意です。

普段は1時間に6本なのですが、0時台と5時台は4本、1時から4時台までは2本となります。

T1発車時間

0:00 0:15 0:30 0:45 1:00 1:30
2:00 2:30 3:00 3:30 4:00 4:30
5:00 5:15 5:30 5:45 6:00 6:10

6時から24時までは、各時刻0分、10分、20分、30分、40分、50分の発車です。

T3発車時間

0:11 0:26 0:41 0:56 1:26 1:56
2:26 2:56 3:26 3:56 4:26 4:56
5:11 5:26 5:41 5:56 6:06 6:16

6時台から24時までは、各時刻6分、16分、26分、36分、46分、56分の発車です。

T4発車時間

0:07 0:22 0:37 0:52 1:22 1:52
2:22 2:52 3:22 3:52 4:22 4:52
5:07 5:22 5:37 5:52 6:02 6:12

6時台から24時までは、各時刻2分、12分、22分、32分、42分、52分の発車です。

サザンクロス駅の発車時間

0時台は1時間に3本、1時台から4時台は2本となっています。

0:00 0:15 0:30 1:00 1:30 2:00
2:30 3:00 3:30 4:00 4:30 5:00
5:15 5:30 5:45 6:00 6:10 6:20
6:30 6:40 6:50 7:00 7:10 7:20

6時から24時までは、各時刻0分、10分、20分、30分、40分、50分の発車です。

スカイバス乗車賃

僕がメルボルン国際空港でスカイバスのチケットを買ったときは片道19ドルでした。

往復で購入した場合が気になったので、スカイバスのWebページを見ていたところ、お姉さんと会話することになりました。

スクリーンショット 2016-09-01 22.37.35

いきなり右のほうにチャット画面が登場。

宿泊先のレジデンスのWi-Fiがあまり優秀じゃないので、チャットでお姉さんに聞いてみることにしました。

すると、お姉さん、往復でも割引はないとのこと。38ドルだそうです。

ちなみに片道 / 往復チケットに関係なく、購入から6ヶ月の間であれば使用可能です。


 

スカイバスチケットの買い方

スカイバスのチケットの買い方は以下の3通りの方法があります。

  • メルボルン国際空港T1,T3,T4のチケットブース
  • サザンクロス駅のバス乗り場チケットブース
  • Webサイトで購入

といった具合です。

メルボルン国際空港チケットブース

空港を降りるとギラギラと光る赤いブースが用意されています。

その脇にはバスの発着所が併設されているので、購入した後は迷わずに待機できます。

IMG_1193

購入する際は、人数と、片道か往復かを伝えるだけで大丈夫です。

FullSizeRender 2

購入したチケットの裏面にQRコードが印字されています。

これを係員が端末でチェックします。

チェックが終われば乗車できます。

サザンクロス駅バス乗り場

IMG_1172

こちらがサザンクロス駅のチケット窓口です。

購入プロセスは空港と同様です。

IMG_1164

また、駅には自動チケット販売機を見つけました。僕は帰るときはこちらを利用しました。

IMG_1165

操作はいたって簡単です。大人か子供か、片道か往復か、人数を選ぶだけです。決済はクレジットカードのみです。

IMG_1167

そうするとこのようなレシートらしき紙が印刷されます。こちらのQRコードを係員にみせて、端末で認証してもらうだけです。

スカイバスWebサイトで購入

チケットはスカイバスのWebサイトでも購入可能です。

入力する項目は、自動チケット販売機と同じ要領です。

スクリーンショット 2016-09-05 22.58.55

まずはメルボルン市街地行きのバスを選択します。次に自動券売機と同様に大人か子供か、片道か往復か、何人かを入力します。

スクリーンショット 2016-09-05 22.59.10

そして連絡先や名前を入力して支払いへと進みます。

 

なお、Webサイトで購入する場合にはクレジットカード等の決済が必要になります。

まとめ

空港から市街地、または市街地から空港まではタクシーでもかなり高額になります。

特に深夜の時間帯となるとタクシーは割増し料金が課されます。他にもメルボルンではUberといったライドシェアサービスも選択肢に入れることができます。

便利なサービスで、乗車位置や降車位置もあらかじめ指定できるのですが、やはりこちらも安価な手段ではありません。

ただでさえ交通機関の料金も高いここオーストラリアですから、空港と市街地間の移動費は節約したいところですね。

それにしても空港と市街地を結ぶバスが24時間体制で運営されているのはありがたかったです。

メルボルン国際空港から移動がすんだら、お次はトラムの出番です。

こちらは使いこなせられればメルボルンでの滞在や生活はとても快適になることでしょう。

市街地の中心部ではフリートラムゾーンが設けられており、そのエリアはなんと無料でトラムを利用可能です。

そちらについてはまた詳しく別記事でお知らせします。

さあ、メルボルンで楽しいひと時を!

関連記事

  1. オーストラリア

    ガチで旨くてイケてるクロワッサン@メルボルン ~Lune Croissanterie~

    さてさて、Instagram(以下、インスタ)にかっこよくクー…

  2. オーストラリア

    絶対にメモしておきたいメルボルンの個性的でイケてるカフェ/バー6選【まとめ】

    【随時更新】メルボルンに華咲いたカフェ文化。歩いているだけでも個性的で…

  3. オーストラリア

    インスタ映え間違いなし!おしゃれなお店巡り@メルボルン Vol.01

    インスタ映え間違いなしのカフェが多く営業しているオーストラリアのメルボ…

  4. オセアニア

    オーストラリア旅行へは観光ビザが必要!ETASの基礎知識と申請方法

    オーストラリアへの入国にはビザが必要です。ご存知でしたか?当サイトのラ…

  5. オセアニア

    【VR画像あり】Airbnbでメルボルンの一室を貸し切りで泊まってきた

    シンプルな操作画面にして破壊的なインパクトをもたらしている「民…

  6. オーストラリア

    インスタ映え間違いなし!おしゃれなお店巡り@メルボルン Vol.02

    住みたい街ランキングでいつも上位に食い込むことで有名なオースト…

NEW POSTS

PAGE TOP