オーストラリア

ガチで旨くてイケてるクロワッサン@メルボルン ~Lune Croissanterie~

image

さてさて、Instagram(以下、インスタ)にかっこよくクールに映る写真を求めるシリーズ。前回の記事前々回の記事はこちら。

こんなお店が日本にもあればきっと僕のインスタのタイムラインは盛況を誇っているはず…なんてお店を探すのも海外旅行の醍醐味です。今回もオーストラリア=メルボルンで見つけたインスタ映えしそうな「かっこいい」カフェ(売りはクロワッサンらしいのですが笑)を紹介します!

ちなみにこのお店、僕にメルボルンの魅力やオススメスポットを教えてくれたウッチーさん一押し。メルボルンにきたらここには絶対に行きたいと思っていました。ちなみにLuneというお店の名前は、フランス語で月という意味です。

その名はLune Croissanterie ただの倉庫かと思いきや

一番の驚きは外観と内観のギャップです。だって、ほら、

image

こうして見るとただの倉庫じゃないですか。しかもここはメルボルンのフィッツロイという、かなりイケてるエリアです。おしゃれで個性的なカフェが揃っているのはもちろんのこと、街にあふれるクオリティの高いストリートアートの数々。

image

いやいや、決してこのエリアが荒れているわけではないのです。一見するとただの落書きのようにも思えるのですが、それはもう芸術レベルの様相さえ漂わせています。

2016-08-31-08-08-02-1

正直言うと、ここメルボルンのストリートアートをインスタに投稿するだけでも、僕のタイムラインはかなりカッコよい見栄えになりそうです。

話がそれました。こんなメルボルン=フィッツロイのエリアですから、何があっても不思議ではありません。Luneの外観はただの倉庫ですが、

image

中に入れば驚愕の光景に遭遇します。

なんでしょうか、この店内の広大なデットスペースは。無駄なものがない代わりに無駄に広いのです。

image

そして大胆に切り抜かれたコンクリートのかたまり2つには小物や機材などが整頓され、奥には厨房が。全面ガラス張りで、調理の様子をカウンターでながめるお客たち。もう異様な光景です。

クロワッサンを売るのに全力を注ぐ

Luneはクロワッサンが狂おしいほど好きなんでしょうか。

image

コンクリートのかたまりの一つはレジとなっているのですが、このようにクロワッサンやデニッシュが大胆に並べられています。しかも皿もない、裸のまんま。画像奥にはタブレットがおかれており、ここで会計が行われます。

メニューを見てみましょう。

image

このように、食べ物は5.5オーストラリアドルから。いろいろな種類があるので迷うかと思いますが、そんなときはレジ前に行けば実物を再度確認できます。僕は一番安くて、「Traditional」と書かれたクロワッサンに目がいきました。

うん、日本であればなかなかのお値段です。このときのレートからすると日本円でも500円近く。クロワッサン一個が500円。物価の高いオーストラリアじゃ仕方ないのでしょう。

image

そして僕は注文しました。クロワッサンはわずかに紙切れ一枚を身にまとうだけで僕の元へ。手にして見るとやはりボリュームがあります。そのまま一口噛み付いてみたのですが、とてつもなく濃厚なバターの香りが口いっぱいに広がります。表面の食感は湿り気を帯びておらず、そのままちぎればフワフワの中身と見事なコントラストを描き出してくれます。サク、フワ、なんて具合です。

500円近くも支払ったかいがありました。こんな高いクロワッサン、こんな素晴らしい甘味とバターの香りが楽しめるとは思いませんでした。

外国サイトの評判もいい感じ

LuneのWebサイトを見てみました。とにかくいい素材で最高のクロワッサンを追求しているとのこと。もう徹底的にこだわりを貫いて、日々よりよいクロワッサンを目指しているんだとか。ちなみにサイトのデザインが斬新すぎる…まるで宇宙とか銀河とかを想像させます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-0-53-58

単純にGoogleで「Lune Melbourne」と検索してみても、評価は4.1(2016年11月現在)と素晴らしい評判です。ちなみに食べログのような海外グルメサイトでも4.4の高評価。

Quick in and out for a croissant in this amazing ‘open plan’ bakery.

The venue is possibly the most stunning place I have ever seen someone baking and barista-ing in!

Love Melbourne for places like this!

So a snappy shared plain croissant to see what the fuss was about and it didn’t disappoint.

Certainly a very high class croissant with flakiness and soft-i-ness in equal and appropriate proportions.

Will go back on a less full stomach to get the full measure of a place that offered so much more than a single delicious delicacy.

出典:ZOMATO

ここの味に感動したのは僕だけではありませんでした。他のレビューを見ても、どれもこれも最高の賛辞を惜しみません。クロワッサンがあまり好きでないという人のレビューにも”Highly recommend to anyone”なんて言わせてしまうのですから。

かっこよすぎる営業形態

ちなみに先ほど引用したレビューには気になる一文があります。

Quick in and out for a croissant in this amazing ‘open plan’ bakery.

「驚くべき”営業時間”」とのことです。そうです。ここLuneの営業時間はなんと15時閉店で、火曜と水曜日がお休みなのです。先ほどの海外グルメサイトZOMATOから引用してみましょう。

Mon 7:30 AM to 3 PM
Tue Closed
Wed Closed
Thu 7:30 AM to 3 PM
Fri 7:30 AM to 3 PM
Sat 8 AM to 3 PM
Sun 8 AM to 3 PM

平日は7:30、週末は8時から営業しています。はやすぎです。

他にもクロワッサンを作っている様子を見ながら、焼きたてを楽しむイベントが行なわれています。そちらは3つのコースから選択でき、甘いクロワッサンを楽しむコース、香味のあるものを楽しむコースなどが用意されているようです。(参考:http://sprudge.com/lune-lab-93633.html)

朝早くから営業を始めて昼過ぎには閉めてしまう。そしてクロワッサンの調理工程を見ながら、できたクロワッサンをその場で楽しむイベント。これを「かっこいい」と言わずして、なんと表現したらいいのでしょうか。

まとめ / 思ったこと

たかがクロワッサン…なんて思うかもしれません。しかし冷静に考えて、Googleや海外グルメの口コミサイトで4以上の高評価を獲得するなんてすごくないですか?僕がこのお店の評価を知ったのは帰国後でしたが、その高評価には大いにうなづけます。

おいしいだけではありません。やはりお店のデザインが斬新で、とてもスタイリッシュ。目玉のクロワッサンもインスタでの写真映え間違い無しです。こんなお店が日本にもあれば…オーストラリア=メルボルンにいらっしゃったら、ぜひ行ってみてください!

※この情報は2016年11月執筆現在のものです。

関連記事

  1. オーストラリア

    インスタ映え間違いなし!おしゃれなお店巡り@メルボルン Vol.02

    住みたい街ランキングでいつも上位に食い込むことで有名なオースト…

  2. オーストラリア

    絶対にメモしておきたいメルボルンの個性的でイケてるカフェ/バー6選【まとめ】

    【随時更新】メルボルンに華咲いたカフェ文化。歩いているだけでも個性的で…

  3. オーストラリア

    インスタ映え間違いなし!おしゃれなお店巡り@メルボルン Vol.01

    インスタ映え間違いなしのカフェが多く営業しているオーストラリアのメルボ…

  4. オセアニア

    【保存版】メルボルン スカイバスの時刻表・乗り方・料金 まとめ

    時刻表、料金は確認できていますか?実はスカイバスは24時間運行していま…

  5. オセアニア

    オーストラリア旅行へは観光ビザが必要!ETASの基礎知識と申請方法

    オーストラリアへの入国にはビザが必要です。ご存知でしたか?当サイトのラ…

NEW POSTS

PAGE TOP