ギア

登山中の水分補給はどうすればいい?水筒・ボトルの基本

登山のみならず、スポーツ全般で大切な「水分補給」

登山装備では頑丈さ・軽量さが求められるため、水筒やボトルもなるべく軽くしたいところ。

どれだけの距離を歩くか、何を持参するかで選ぶ容器も変わってきます。

今回は登山初心者向けに様々なタイプのボトルや水筒、それぞれの利点などを紹介していきたいと思います。

水筒・ボトルのタイプ別特徴

まずは水筒・ボトルの種類を見ていきましょう。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、状況に合わせて選ぶのがオススメ。

ちなみに、容器が透明のボトルの方が残量を確認できるので便利です!

頑丈さを求めるなら「ハードボトル」(ステンレス・アルミ)

「ハードボトル」は一般的な水筒です。子どものときに遠足に持っていったような固くて頑丈なものですね。

高いところから落としても、少し凹むくらいの高い耐久性が特徴的。液体を注ぎやすい作りになっているのも魅力の1つ。

僕も登山を始めた頃は「ハードボトルタイプ」を利用していましたが、どうしてもかさばってしまうのが難点です。

熱湯を注いでも問題ないので、温かい飲み物を飲む場合にも使えます。

コンパクトさを重視するなら「ソフトボトルタイプ」

ソフトボトルタイプは、柔軟性の高い素材で作られているため、丸めたりできるのが一番の特徴です。

軽量ですが、柔らかい素材のためハードボトルタイプに比べると耐久性が劣ってしまいます。

水を飲みきった後に畳んでコンパクトにできるのは非常にいいですが、飲み口が狭いため中身を洗うのが大変です。

僕も大荷物になってしまうときは、なるべく「ソフトボトルタイプ」を利用するようにしています。

軽量かつ頑丈な「プラボトル」

これは僕もよく利用するのですが、プラスチックの素材で出来た「プラボトル」というものがあります。

プラスチック素材のため軽量で、ソフトボトルに比べると頑丈さもあります。

機能的にはちょうどハードボトルとソフトボトルの中間に位置するようなボトルです。

飲みくちが広いものが多いので、開けやすく洗いやすいのも良いですね。

少量を持ち歩くなら「フラスコタイプ」

フラスコタイプを利用したことはないのですが、以前友人が山でウィスキーを飲むときに使用していて、かっこいいなと思ってしまいました。笑

独特の曲線ボディのため、手に馴染みやすいのが特徴。お酒や少量の飲料を持ち運ぶときには活躍しそうですね。

キャップを無くすと厄介なので、首の部分に連結しているものがオススメ。

機動性バツグン!「ハイドレーション」とは?

登山道具店で水筒選びをしていると必ずと言っていいほど目にするのが「ハイドレーション」という言葉。

あまり聞き覚えのない言葉ですが、一体どのようなものなのか見ていきましょう。

登山中の水分補給は基本的にめんどくさい!

登山をしている方なら分かると思うのですが、水分補給をするために、いちいち止まってバックパックを開けてボトルを取り出す作業ってかなりめんどくさいんですよね。

それが億劫になって水分補給をしなくなり熱中症というのも普通にあり得ることです。

そんな面倒くさがりの悩みを解決してくれるのが「ハイドレーションシステム」なんですね。

いつでもどこでも水分補給が可能!

「ハイドレーション」について簡単に説明すると、バックパックの中にあるボトルからホースを伸ばし、そのホースを口に加えることで水分補給ができるという仕組みのことです。

どのようなボトルでも可能!という訳ではなく、ハイドレーション用のホース付きボトルが存在します。

また、伸ばしたホースが邪魔にならないような設計がされたバックパックもアウトドアブランド各社から発売されています。

ハイドレーションを考慮して作られたバックパックは、口元にホースを固定する機構や、ボトル収納スペースがあったりと、とても高機能です!

そもそもペットボトルは駄目なの?

ここまで、水筒やボトルについて紹介をしてきましたが、「ペットボトルじゃ駄目なの?」「そもそも水筒いらないんじゃない?」と思う人も多いでしょう。
登山家のマナーとして、ゴミは出さない、出しても必ず持ち帰って捨てる。というものがあります。
ペットボトルは飲み終えたらゴミになってしまいますよね、だから登山愛好家は水筒を利用する人が多いのだと思います。

少し前に富士山のゴミが問題になりました。(確か世界遺産に登録される時かな?)
ポイ捨てしないというのは当然のことなのですが、当たり前のことが出来ない人はとても多いです。
実際、登山客が多い山ではゴミ問題はかなり深刻で、生態系を破壊したり山火事の原因にもなったりします。
ペットボトルを利用するのは全然良いのですが、山にゴミを捨てるのだけは絶対にやめましょう!

まとめ

ハードボトル ソフトボトル プラボトル フラスコタイプ
耐久性
重量
容量

今回は、水筒やボトルの基礎的な部分について見てきました。

自分に合ったボトルを探すのもまた1つの楽しみ方です。ぜひ色々な種類を試してみて下さいね。

関連記事

  1. ギア

    通勤・通学にオススメ!ノースフェイスのシステムバッグ徹底比較

    ここ数年ロングヒットしているThe North Faceのバッグ。その…

  2. ノウハウ

    今年の夏は日本百名山へ!日本百名山マップ作ってみた

    だんだんと暖かくなり、登山シーズンが近づいてきます!今…

  3. ギア

    登山初心者向け!体感の重さが軽くなるバックパックのパッキング術

    登山では全天候に対応できる装備が必要なため、大荷物になりがちですよね。…

  4. サービス

    4.36ドルの航空券も!ベトジェットの際どい動画とプロモショーンに釘付け…

    4.36ドルの航空券。出発の1ヶ月前のこと。僕は自宅の…

  5. ノウハウ

    登山初心者向け!登山で起こりやすい病気の原因と対処方法

    僕が登山を始めたばかりのとき、高山病で苦しい思いをした経験があります。…

  6. アジア

    飛行機に乗り遅れそう!フィリピン航空スタッフが出発40分前まで僕を待っていてくれた話

    どう考えても飛行機のチェックインに間に合わないや…ってこと、一…

NEW POSTS

PAGE TOP