ノウハウ

登山初心者向け!緊急時に役立つアイテムまとめ

登山をしている以上、どんな人にも遭難や怪我の危険性があります。

病院も救急車もない山では、経験や知識とアイテムが頼り。

衣食住すべてを自分で賄わなければならない山だからこそ、健康面には気を使わなければなりません。

とはいえ、山で体調を崩してしまうこともありますよね。(僕も一度あります)

そこで今回は、登山初心者向けに緊急時に役立つアイテムをまとめてみました。

周囲に助けを求める「音」

怪我や体調不良のときに仲間が居れば安心ですが、はぐれてしまった場合や単独登山の場合は周囲の登山家に自分の位置を知らせる必要があります。

そこで役立つのが「ホイッスル」です。

ホイッスルを選ぶポイントは2点。

  • 風などの音に負けないか
  • どのくらい高く大きく響くか

実際、弱いホイッスルだと風や雨が降っているときは音がかき消されてしまいます。

また、音が響かないものだと、周囲に気づいて貰えないため、なるべく大きく響くものを選びましょう。

A&F「IDホイッスル」

シンプルな見た目がとてもカッコイイA&F社の「IDホイッスル」は、コンパクトながらも通りやすい高い音が出せます。

さらにこの商品には、ホイッスル内部に緊急連絡先などの情報を記載できる用紙が付属。

用紙も耐水性なのが嬉しいところ。

このホイッスルを救助者に手渡すだけでも、さまざまな情報を伝達できるでしょう。

モンベル「エマージェンシーコール」

モンベル社の「エマージェンシーコール」は、半透明で目立つボディが特徴的。

安価かつ高機能で、子どもの肺活量でも周囲の騒音に負けない大きな音を出すことが可能です。

登山や川遊びの際にお子さんに持たせてあげるのも良いですね。

裏には、緊急連絡先を記した紙を入れられるようにもなっています。

長いひもがついているので、首からぶら下げたり、ザックにくくりつけて使用しましょう。

怪我・虫刺されの応急処置

山では、切り傷やトゲ刺さり、かすり傷などの怪我をすることが多いです。

消毒や止血・固定などはなるべく早めに行う必要がありますが、そういった時に役立つのが「ファーストエイドキット」です。

また、以外に多いのが「虫刺され」で、特にアブやハチなどの毒性生物にさされた場合の応急処置道具は用意しておきましょう。

グランデックス「ポータブルファーストエイドキット」

グランデックス「ポータブルファーストエイドキット」は、応急処置に役立つアイテムをコンパクトに収納したポーチです。

重量は280gと軽量ですが、内容物は非常に役に立つものばかりです。

  • マウスシールド*1
  • 感染防止用手袋*1
  • 滅菌ガーゼS*6
  • 洗浄綿*3包×1
  • 絆創膏・中*6
  • 絆創膏・小*4
  • 三角巾*1
  • はさみ*1
  • ピンセット*1
  • 刺抜き*1

※ マウスシールドは人工呼吸用の医療器具

このファーストエイドキット+消毒液を持参しておけば、様々な怪我に対して応急処置が可能でしょう。

SAWYER「エクストラクター・ポイズンリムーバー・ポンプキット」

SAWYER「エクストラクター・ポイズンリムーバー・ポンプキット」は、毒性生物に刺された際の応急処置キットです。

ポンプを患部に当て、気圧を用いて毒を抜き出すことで、腫れやかゆみを抑えます。

アブ・ハチ・蛇などの毒性生物がいる場所では必需品といえるでしょう。

あくまでも応急処置なので、処置後は医療機関を受診するようにしてくださいね。

飲料水の確保

食料も大切ですが、緊急時に最も重要なのは水分の確保。

遭難時には、雨水や川の水を飲まなければならない事もあるでしょう。

しかし、川の水や泥水は、衛生面が心配ですよね。そんな時に活躍するのが「濾過フィルター」です。

SAWYER 「ミニ SP128」

SAWYER「ミニ SP128」は、内部に0.1ミクロンの穴が開けられた濾材があり、そこに水を通すことで、病原菌やバクテリア・微生物などを99%除去します。

携帯用の洗浄フィルターとしては世界最高峰の性能で、もはやアウトドアには必須の存在になりつつあります。

パウチが付属していますが、使い勝手があまり良くないので、ペットボトルに取り付けて使用するのがオススメ。

緊急時の防寒・防風

周囲が暗くなってからの下山は非常に危険です。
そのため、明るくなるまで野営をしなければならないという場面もあるかと思います。
そういった時に役立つのが「簡易シェルター」や「寝袋」です。
体温を奪われないためにも、ちゃんと防寒・防風ができるものを選びましょう。

OUTDOOR RESEARCH「ヘリウムビビィ」

「ビビィ」とは、1人用テントを最もコンパクトに簡略化したものを指し、寝袋の頭の部分に空間を与えることによって窮屈感を軽減しています。

OUTDOOR RESEARCH「ヘリウムビビィ」は、全体重量510gと非常に軽量で、防水・透湿性に優れているため雨天時にも利用が可能。

頭が隠れることによって蚊などの害虫対策が出来るのも良いですね。

生地も厚みがあるので、硬い地面でも不快感無く使用することができます。

まとめ

今回は、登山初心者向けに緊急時に役立つアイテムをご紹介しました。

こういったアイテムは登山のときだけではなく災害時にも活躍するので、揃えておくと非常に便利です。

「応急処置道具は仲間が持っているからいいや」という他人任せはせずに、自分の身は自分で守る工夫をしていきましょう。

今回紹介したアイテムの他にも便利なアイテムは非常にたくさんあります。

ぜひ自分に合ったアイテムを探してみてくださいね。

関連記事

  1. ギア

    夏の行楽に!カリマーのオススメバックパックをサイズ別にご紹介

    夏休みがはじまり、いよいよ本格的なレジャーシーズンですね。…

  2. ノウハウ

    初めての登山でも使える登山計画書を作ってみた

    いつ、だれと、どのルートを登るかなど、登山の行程を事前に提出す…

  3. ギア

    登山初心者必見!おすすめのアウトドアブランド7選

    登山装備を揃えようと思っても、非常に多くのアウトドアブランドがあり、迷…

  4. ギア

    初心者必見!自分に合った登山ザックの選び方

    さあ登山を始めよう!と思った時にまず悩むのが「ザック」ですよね。…

  5. サービス

    どうやって儲けてるの?意外と知らないGoogleマップの裏技活用法と小ネタ集

    みなさんご存知の通り、ちょっと前まで地図はお金を払って利用(購…

  6. ギア

    登山初心者向け!オススメのウェア系小物アイテム②【まとめ】

    より快適な登山をするためには、細かな装備までこだわることが大切です。前…

NEW POSTS

PAGE TOP