ギア

1ランク上の登山装備へ!登山界に革命を起こしたGORE-TEXとは?

近年は登山ウェアにもデザイン性が重視されるようになりましたが、やはり登山ウェアの魅力は機能性にありますよね。

どんな環境にも耐えうる装備は、登山だけでなく旅行向きでもあります。

雪山などの過酷な環境で使用される登山ウェアは、品質が命に直結します。

素材によって保温性や速乾性も異なるため、素材について学ぶことで、快適かつ安全に登山を楽しむことができます。

今回は、登山ウェアに革命を起こした素材「GORE-TEX(ゴアテックス)」について見ていきましょう。

GORE-TEXとは?

GORE-TEXとは、アメリカのWLゴア&アソシエイツ社が製造販売する防水透湿性素材、および商標名です。

WLゴア&アソシエイツ社は、主にフッ素樹脂加工に強みを持つ会社で、メディカルやファブリクスなどの分野で様々な製品を開発しています。

「GORE-TEX」はゴア社が開発した一般消費者向け製品として、1977年から現在に至るまで、多くの登山家に親しまれてきました。

30年にも渡り登山家に愛され続けた素材の魅力とはどのような物なのでしょうか?

GORE-TEXの凄い所

4d5c6bff44cd8f856453cc083e044afc_s

防水性と透湿性を両立させている

雨ガッパを着たことがある方なら分かると思いますが、外部からの浸水を防ぐ素材は内部からの湿気を外に逃がせないため、非常に蒸れやすいです。

従来のレインウェアは、防水性は高いのですが透湿性に優れないため、中で汗をかいたりすると発生する水蒸気が外に逃がせません。

その結果、汗が乾いて体温を急激に下げてしまったりすると、登山では命の危機に直結します。

そういった問題点を解決し、登山界に革命を起こしたのが「GORE-TEX」です。

その機能はなんと「外からは浸水は防ぎ、内側からの水蒸気は逃がす」という驚きのものでした。これが「防水透湿性素材」と呼ばれる所以ですね。

GORE-TEXの仕組み

GORE-TEXの核は「GORE-TEX Membrane」

前述の「防水透湿性」を持ち、GORE-TEXの核となっているのが「GORE-TEX Membrane(ゴアテックスメンブレン)」と呼ばれる素材です。

この素材は非常に薄くてペラペラなので、そのまま登山ウェアなどに利用することは出来ません。(雨風にさらされるとすぐ壊れてしまいます)

そのため、このGORE-TEX Membraneの表と裏に別の素材を貼り合わせて、一枚の生地として作り上げています。

見た目は1枚のように見えますが、実は3層になっているんですね。ちなみにこの生地を(GORE-TEX Fabrics)と呼びます。

%e4%b8%89%e5%b1%a4%e6%a7%8b%e9%80%a0

適当に3層にしている訳ではなく、それぞれの役割を持って、GORE-TEX Membraneの機能をなるべく損なわないようにしています。

GORE-TEX Fabricsの表地

表地(Outer Fabric)は、登山時に最もダメージを受ける面です。

そのため、木や岩で擦れたりしても破けない耐久性。雨や雪を弾く撥水性が求められます。

基本的に登山ウェアは頑丈に作られているのですが、一度冬山で滑落したときはパンツが思いっきり破けました。笑

この頑丈さが無かったら、ものすごい擦り傷を負ってしまっていたかもしれません。

さらに表地は撥水性を備えているため、外部からの水をシャットアウト。

もし撥水性が無いと、表面に水分が残ってしまい、内部からの水蒸気を外に逃がせずに透湿性が下がってしまいます。

GORE-TEX Fabricsの裏地

裏地(Lining)は、肌に触れる面なので、皮脂の汚れや汗などが付着してしまいます。

もちろん汚れなどが付着しても、3層になっているため「GORE-TEX Membrane」に影響はありません。

快適に登山を行うには、表地と裏地をどれだけキレイな状態に出来るかが鍵になります。

そのためには、定期的な洗濯が重要です。公式サイトに記述があるように、GORE-TEXの機能は、Membrane自体に損傷がない限り低下することはありません。

GORE-TEXの機能を最大限発揮するためには、メンテナンスも非常に重要な要素ですね。

GORE-TEX商品の見分け方。ニセ物に騙されないために。

GORE-TEX製品の購入する前に、まずは本物の見分け方を知っておきましょう。

ブランド品の偽物が多く出回るように、オークションなどではGORE-TEXの偽物も販売されているので注意が必要です。

GORE-TEX製品には、厳しい品質基準が設けられており、これをクリアした製品のみが下記の黒いGORE-TEXタグを付け、販売されます。

GORE-TEXのタグが付いている商品は、高い品質を保証されているという事がわかりますね。

このタグがついていない製品はGORE-TEXと謳っていても、偽物の可能性があるので注意して下さいね。

GORE-TEXを使用した商品

GORE-TEXは、登山ウェアにとどまらず、様々なシーンで利用されています。

  • 自転車競技ウェア
  • グローブ
  • トレッキングシューズ
  • トレイルランニングシューズ
  • ビジネスシューズ

サラリーマンの方で、足が蒸れて臭くなる…とお悩みの方は「GORE-TEX」を利用したビジネスシューズを検討してみるのも良いですね。

 まとめ

GORE-TEXは他の登山装備に比べると値が張りますが、性能が命に直結すると考えると、お金を出す価値は十分にあります。

軽登山程度なら必要のない装備かもしれませんが、1ランク上の装備を目指す方はぜひ試してみてくださいね。

関連記事

  1. ギア

    夏の行楽に!カリマーのオススメバックパックをサイズ別にご紹介

    夏休みがはじまり、いよいよ本格的なレジャーシーズンですね。…

  2. サービス

    訪日外国人向けSIM「Japan Welcome SIM」は、なんと無料でも利用できる!

    海外へ行った際に悩むのが通信環境の確保ですよね、僕たちも通信環…

  3. ノウハウ

    旅行記録に絵日記をオススメする5つの理由

    旅はしているけど、いまいち自分の糧になっていないような気がする。旅のこ…

  4. サービス

    超簡単!イケてる航空券価格予想アプリ「Hopper」が本当にオススメな理由

    久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけまし…

  5. ガジェット

    登山初心者向け!ベースキャンプで役立つアイテムまとめ

    山での宿泊となると山小屋が一般的ですが、集団宿泊なので他人のイビキなど…

  6. アジア

    飛行機に完全に乗り遅れそう…離陸25分前にベトナム航空に奇跡の搭乗!

    航空券のチェックインは済んでいる。けれど離陸まで25分…

NEW POSTS

PAGE TOP