サービス

超簡単!イケてる航空券価格予想アプリ「Hopper」が本当にオススメな理由

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。

Hopperです。すごくイケてます。

僕は航空券予約をするときは、PCでスカイスキャナーを使って、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。

ちょっと前まではかなり熱狂的なスカイスキャナーユーザーだったのです。

ところがこのHopperに出会ってからというもの、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

Hopperは直感的な操作で使い易いだけでなく、なぜ航空券予約ならHopperなのか?という存在意義が大変明確なのです。

残念ながら日本語には対応していないのですが、アプリでは比較的平易な英語が用いられているのでそこまで苦しくはありません。

まずは30秒ほどの動画で様子をイメージしてみましょう。

ただし、ただし。褒め倒すだけではいけませんね。

このアプリは2016年末に大型な資金調達をしたばかりなのでやはり現状には少々の課題…詳しくは後述。

入力するのは2つだけ?Hopperの驚くほど直感的な操作感

まじか、英語しか操作できないじゃん…と最初は心配になりました。

しかし、使い方は驚くほど簡単です。出発地と目的地を設定するだけです。

あまりにシンプルでびっくりしませんか?

他のアプリなら、出発地と目的地を入力する以外では終わりません。例えば、

  • 片道か?往復か?
  • いつ搭乗して、いつ帰ってくるのか?
  • 一人旅か?
  • エコノミーか?

なんて入力を迫られますよね。そのせいで操作画面がちょっとカオスになりがち。

ちょっとスカイスキャナーと、Kayak、Momondoという大手航空券予約アプリと比較してみましょう。

これら3つのサービスは、航空券以外にもホテルやレンタカーも予約できる点にメリットがありますが、その分画面がHopperのそれと比べるとごちゃごちゃした印象があります。

他の特徴としては、Hopperは数字や色を使うことで、英語がわからなくてもかなり直感的に「チケット価格の買い時 / 待ち時」がわかるようになっています。

下の3枚の画像は、出発地を東京、到着地をタイの首都バンコクに設定して検索をかけてみたものです。

左の画像では出発地と到着地に応じた、チケットの価格予想が色で表示さています。

緑が最安レンジで、赤に向かってチケット価格が高くなっています。

次に中央の画像では、「3月 / March」を選択。自分の渡航期間を色づけされたカレンダーの日にちをタップして選んだものです。

ためしに3/17から3/21を選択し、画面株の「Select These Dates」を選ぶと右の画像へ。

するとなにやらウサギがアドバイスしてくれる模様です。

このあたりの操作であれば英語はほとんど必要ありませんね。選択しなければいけない項目も少なく、色と数字で直感的に操作を進められる素晴らしい使い心地です。

Hopperのミッションは「どれだけ安いチケットをユーザーに提示できるか」

Hopperは存在意義がはっきりしています。それは「いかに安い航空券を提示するか」という点です。

そのためにHopperは

  • いますぐにチケットを予約するべきだ
  • ○月○日までに買うべきだ
  • あと○週間は様子を見るべきだ、価格が下落する可能性が高い

というようなアドバイスを僕らに与えてくれます。

それだけではありません。

Hopperはアプリの通知機能を使って、ユーザーにチケット価格の動きを教えてくれます。値段が上がりそうになる前に通知してくれ、具体的に通常時と比べ、どれくらい節約できるのかも共有してくれます。

ユーザーが買い時を逃さない仕組みを提供しているのです。

それでもHopperの課題は?調達した莫大な資金が解決していくのか

Hopperは2016年の12月に6120万ドル(60億円以上!)もの資金を調達しました。

このアプリが得意としているのは航空券予約ではなく、航空券の価格予想にあります。米国Tech Crunch(英語記事)によれば、その価格予想の精度は95%を誇るそうです。

その価格予想を実現する技術力にこそ、大型の資金が投じられるべき魅力があるのでしょう。

しかし、ひとつだけ僕が気になった事があります。

Hopperは現在、すべての地域を網羅しているわけではなく、全世界の最安値を予想できるわけではないということです。

例えば僕が去年3回も行ったベトナム。

ベトナム国内の最大都市ホーチミンからリゾート地のダラットについてHopperで調べていました。

下の画像の左側。するとビックリです。

どんなに安くても2万円台、しかも1時間あまりの飛行時間なのに。

ところがです。下の画像右側はスカイスキャナーでは、なんと2000円台です。

こんな具合なので、やはり得意な地域と不得意地域があるのでしょう。

Hopperの画面設計がとてもシンプルで判りやすいので、提示された価格にちょっとした問題の存在を直感できるのもまた微笑ましい笑。

だからこその大型資金調達でしょうか。

この使い勝手で全世界の航空券情報をカバーしてしまうとしたらワクワクしませんか?Hopperの成長に大きく期待ですね。

Hopperは航空券予約サービス界隈の台風の目たるか?

操作感やデザインを熱く語ってしまいましたが、ローンチから全世界で最も早く1000万ダウンロードを達成したアプリの一つという肩書きもあるなどの大評判。

ちなみにスカイスキャナーやMomondoをはじめとした大手サービスでは航空券以外の予約もできますが、それらは航空券とホテル等を抱き合せで予約することで通常価格より安い金額を実現しています。

Hopperが注力するのはあくまで航空券予約。

その割り切り方は個人的には好きですが、なにより個人の物件すらある種の「ホテル」としてマーケットにさらされるような時代です。

既存の有名ホテルに安く宿泊するのであれば抱き合せ予約も有効かもしれません。

しかし、自分の手で安いチケットを選び、Airbnbや民泊を利用し、気ままな旅をしたいユーザーにとってはHopperの方が満足度を高められるのではないでしょうか。

自分の好きなものを、自分の好きな組み合わせで、それも最適な値段で予約しているという、主体性は旅行前の醍醐味ですからね。

まとめ

旅行系アプリ / サービスは群雄割拠の様相。AirbnbやGoogle Trip、このHopperしかり。

イケてるサービスやポテンシャルが極めて高いものが本当に多いですね。

このHopperはやはり日本語未対応なのが悔やまれます。

それでも途中までは英語など関係なしに直感的に操作ができると思います。

なので有効な使い方としては、まずはHopperで価格予想をし、適切な価格で購入できるように通知を入れたり日々チェックしたり。

そしていざ予約するというタイミングでスカイスキャナーや旅行代理店、各航空会社の日本語ページを利用すると良いでしょう。

本当に楽しみな旅行系アプリです。ぜひ試しに触ってみてください!

Hopper公式ページ

関連記事

  1. サービス

    やっぱり主力はバイク!ホーチミン市でのUberなど配車アプリの特殊事情

    ベトナム=ホーチミンには独特の「配車アプリ戦略」なるものが存在…

  2. サービス

    定価はイヤ!今日からJR東海の株主優待券で新幹線をお得に利用する方法

    新幹線のチケット価格は固定的。というのも航空券とは異な…

  3. ノウハウ

    登山初心者向け!登山で起こりやすい病気の原因と対処方法

    僕が登山を始めたばかりのとき、高山病で苦しい思いをした経験があります。…

  4. ガジェット

    10ヶ国以上を旅している僕がオススメするトラベルグッズ20選[2017年版]

    僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん…

  5. ノウハウ

    山小屋泊それともテント泊?山の宿泊の常識を知ろう!

    日帰り登山に慣れてきたら、宿泊登山にも挑戦したくなりますよね。しかし、…

  6. ノウハウ

    登山初心者向け!登山計画の立て方と注意点

    山登りを安全に楽しく行うためには、登山計画が重要です。…

NEW POSTS

PAGE TOP