サービス

定価はイヤ!今日からJR東海の株主優待券で新幹線をお得に利用する方法

新幹線のチケット価格は固定的。

というのも航空券とは異なり、繁忙期と閑散期でもほとんど価格が変動しません。(実は200円だけ上下しています)

だから3ヶ月近く前にチケットを購入したり、セールを見計らって航空券を購入、なんてテクニックが通用しません。

しかし定価よりもだいぶお得に新幹線を使う方法がいくつかあります。

新幹線回数券か、株主優待券を利用するという方法です。知る人ぞ知る節約術です。

さて、今回はJR東海の東海道新幹線で株主優待券を利用した場合に

  • どの程度お得になるのか?
  • どんな好みを持つ人に、どんなメリットがあるのか?

を、株主優待券の概要を押さえて3つのタイプ別に見ていきましょう。

お得になるって噂?JR東海の株主優待券の基礎知識

「株主優待券」と聞くと、少しだけハードルが高いのでは?と感じられもしますね。

実際にJR東海(東海旅客鉄道(株))の株主優待券を1枚手に入れるだけでも最低100株は保有していないといけません。

執筆時(2017年2月27日)の終値が18360円ですから、100万円以上は元手が必要になる計算です。

しかし、そんな株主優待券も実は簡単に手に入れることができます。

JR東海の株主優待券は金券ショップで購入できる

JR東海の株主優待券は街の金券ショップ等で簡単に手に入ります。販売価格はだいたい1000円前後です。

その他にも「ヤフオク」などのオークションサイトや、フリマアプリの「メルカリ」などでもよく出品されています。

それもそのはず。

JR東海の発行株式総数は約2億ですので、1枚の優待券に必要な株式は100ですから、単純に考えて日本全国に200万枚は株主優待券が流通している計算です。

ちなみに完全な主観ではありますが、他の交通各社よりも関東や関西などの地域を問わず比較的容易に入手できる印象です。

JR東海の株主優待券と新幹線回数券の違いは?

筆者の実際の話です。

株主優待券を買い求めて金券ショップに行ったところ、店頭には「新幹線回数券」という文字が目につきました。

金券ショップではJR各社が出している新幹線の回数券を、通常は「つづり」で購入しなければならないものを、バラ売りしているのです。

そんな新幹線回数券と株主優待券。利用するにあたって絶対に押さえておくべき違いは以下。

  • 新幹線回数券は近場に有効
  • 株主優待券は遠方に有効

今日のメインは株主優待券の方。のちほど具体的な金額も見てみましょう。

ちなみに株主優待券とも同様で、金券ショップごとに販売価格が異なるので注意が必要です。

JR東海の株主優待券は実際にどれくらい「お得」なのか

では実際にはどのくらいの金額感になるのでしょうか。

JR東海の株主優待券は1枚で乗車券と特急券(グリーン券)の合計金額から1割引されます。

一度に2枚まで使えるので、最大2割引になります。

ですので今回の運賃全体の計算式は1000円で購入した株主優待券を2枚使うとして、

料金 =(乗車券 + 特急券 or グリーン券)× 0.8 + 2000

さて、東京駅を起点にJR東海の「のぞみ」の自由席、指定席、グリーン車の3つで比較してみましょう。

「のぞみ」の自由席で株主優待券を利用すると

株主優待券が効いてくるのは名古屋から。それより近場で、金券ショップで購入した株主優待券を利用するとむしろ赤字になります…。

  自由席
  通常 優待 差額
東京  –
品川 ¥1,030 ¥2,824 ¥1,794
新横浜 ¥1,360 ¥3,088 ¥1,728
名古屋 ¥10,360 ¥10,288 -¥72
京都 ¥13,080 ¥12,464 -¥616
新大阪 ¥13,620 ¥12,896 -¥724

東京から京都や新大阪に行く際にはかなり効いてきますね。自由席利用では名古屋あたりが損益分岐点のようです。

「のぞみ」の指定席で株主優待券を利用すると

次は指定席の場合を見てみましょう。

  指定席
  通常 優待 差額
東京  –
品川 ¥2,630 ¥4,104 ¥1,474
新横浜 ¥2,960 ¥4,368 ¥1,408
名古屋 ¥11,090 ¥10,872 -¥218
京都 ¥13,910 ¥13,128 -¥782
新大阪 ¥14,450 ¥13,560 -¥890

自由席よりも価格が大きくなる分、割引額がいくらか大きくなっています。やはり京都や新大阪に行く際にはお得になります。

「のぞみ」のグリーン車で株主優待券を利用すると

最後にグリーン車で株主優待券を使った場合を見てみましょう。

※東京 – 品川間は乗車時間が極度に短い上にグリーン料金が不合理なほど高額なので今回は省略しました。

グリーン車
  通常 優待 差額
東京 – 
品川
新横浜 ¥3,720 ¥4,976 -¥1,256
名古屋 ¥14,680 ¥13,744 ¥936
京都 ¥18,690 ¥16,952 ¥1,738
新大阪 ¥19,230 ¥17,384 ¥1,846

グリーン車利用時が割引額がもっとも大きいですね。そのため名古屋までの利用でも1000円近い割引となっているのでかなりお得感があります。

好みによる!JR東海の株主優待券はこんなタイプにおすすめ

自由席、指定席、グリーン車のそれぞれの場合でJR東海の株主優待券を使った場合を見てみました。

しかし、人によっては「安さ優先」「とにかく座席は確保したい」「高級志向」などの好みががわかれるかもしれません。

さて、それぞれの場合を比較して、どんなメリットがあるのかを見てみましょう。

とにかくお得に!株主優待券でもっとも安く移動したい

そんなあなたには自由席利用時に株主優待券を行使すると良いでしょう。

自由席
通常購入 株主優待 差額
京都 ¥13,080 ¥12,464 -¥616
新大阪 ¥13,620 ¥12,896 -¥724

金額的にはこれがベストです。ちなみに、もっともお得になるのは、このような節約志向の人よりも「普段は指定席を利用している / したい」という志向の人です。

通常購入 株主優待
指定席 自由席 差額
京都 ¥13,910 ¥12,464 -¥1,446
新大阪 ¥14,450 ¥12,896 -¥1,554


普段指定席を利用している人が、混雑していない時期 / 時間帯で自由席を株主優待券で利用する分にはかなりパフォーマンスが良い
と言えます。考えようによっては普段よりも最大で片道約1500円ほどの金額が浮くのですから、往復時のインパクトはなかなかのものです。

とにかく座りたい!株主優待券をリーズナブルに使いたい

価格よりも、確実に好きな席に座れる方がいいという方にはこちらのお知らせ。

株主優待券を行使すれば、通常購入時の自由席の料金で指定席を利用できます。

  通常購入 株主優待  
  自由席 指定席 差額
東京
品川 ¥1,030 ¥4,104 ¥3,074
新横浜 ¥1,360 ¥4,368 ¥3,008
名古屋 ¥10,360 ¥10,872 ¥512
京都 ¥13,080 ¥13,128 -48
新大阪 ¥13,620 13,560 60

金額よりも「座れないリスク」を重視する人向けですね。このときも京都、新大阪が目的地の場合であれば、お得感に浸れます。

ちょっぴり贅沢に!株主優待券をグリーン車に使いたい

もっとも割引額が大きくなるのが、株主優待券でグリーン車を利用するときでした。

筆者も「せっかく」なのでちょっとぜいたくにグリーン車を利用してみました。

やはり株主優待券でわずかでも「割安感」が演出できなければ一生縁のないぜいたくだなあと思いました。

  グリーン車
  通常 優待 差額
東京  –
品川  –
新横浜 ¥3,720 ¥4,976 -¥1,256
名古屋 ¥14,680 ¥13,744 ¥936
京都 ¥18,690 ¥16,952 ¥1,738
新大阪 ¥19,230 ¥17,384 ¥1,846

グリーン車利用で京都や新大阪に行くにはぜひとも株主優待券を使いたいところです。

新大阪までの旅路であれば1846円がセーブできますので、お弁当やビールだけでなく、組み合わせによってはおつまみまで楽しめます。

押さえておきたい!他社や回数券とJR東海の株主優待券を比較したときの注意点

さて、基本的には金券ショップで手に入れる必要があるとはいえ、JR東海の株主優待券も使い勝手は悪くないと思います。

特に複数人や家族や団体でのお出かけでは間違いなく力を発揮してくれることでしょう。

しかし、JR東海の株主優待券を利用するに当たって、JR東日本や西日本、新幹線回数券と比較して知っておくべき注意点もあります。

  1. JR東海の株主優待券には有効期限(発効日の1年後、基本的に5/31)がある
  2. 新幹線での中距離移動では株主優待券よりも新幹線回数券の方がお得になる場合が多い
  3. JR東海とJR西日本をまたいで使うことはできない
  4. JR各社の中では割引率が最も小さい部類に入る

1については鉄道各社によって異なりますが、ことJRに関しては共通しているものです。

2についてはびっくりするほどの金額差があるわけではありませんが、今回の記事では詳細は省きます。

ちなみに回数券はお盆や年末年始では利用できない反面、それら繁忙期でも株主優待券は利用できる点も見逃せません。

3は特に気になる点です。例えば東京 – 博多間を利用するときは2つのJR管轄を通過するため株主優待券が使えません。

なので往復割引や学割等の割引制度を利用するほかありません。

4についてはちょっと驚きです。JR東日本は最大4割引、JR西日本は最大5割引となっています

実際は割引率があがればあがるほど、金券ショップでの販売価格も上がるイメージです。

しかし、例えば東京 – 新青森間など、特にJR東日本内では株主優待券の使い勝手がもっとも良く(別の会社をまたがらない)、営業キロが最長なのでその分割引額が大きくなります。

まとめ

JR東海の株主優待券を使って東海道新幹線をお得に乗りこなそうというテーマできました。

行使するにあたってのポイントは以下の3つ。

  • 少しでも安価に新幹線を利用したい
  • 自由席と同じ金額で指定席を予約可能
  • 割安でのグリーン席利用

しかし、注意点もあります。

  • 有効期限の存在
  • 近場での新幹線利用に株主優待券は不向き
  • JR東海とJR西日本などをまたいでの利用不可

こうした側面もありますが、全体として金券ショップで株主優待券を購入するのは悪くない選択だと思います。

現に筆者自身も優待券がなければグリーン券を買い求めることはなかったことでしょう。

とはいえ、「ちょっとでも割安を求める」のも、「ちょっとでも気軽にぜいたくをする」というのも外出時のおもしろさであると思います。

ぜひぜひ素敵な新幹線の旅を!

 

関連記事

  1. オセアニア

    【VR画像あり】Airbnbでメルボルンの一室を貸し切りで泊まってきた

    シンプルな操作画面にして破壊的なインパクトをもたらしている「民…

  2. ノウハウ

    登山初心者向け!登山で起こりがちなトラブルと対処方法まとめ

    登山をしていると、日常生活では遭遇しないようなトラブルが起きがちです。…

  3. サービス

    【必見】JR東日本の株主優待券はグリーン券購入に使うべき理由

    「いやあ、指定席料金でグリーン車に乗って青森まで来たんだよね」…

  4. ガジェット

    登山初心者向け!ベースキャンプで役立つアイテムまとめ

    山での宿泊となると山小屋が一般的ですが、集団宿泊なので他人のイビキなど…

  5. ギア

    登山初心者向け!ヘッドランプの基本とオススメ商品

    テントや山小屋泊で必要になるのがヘッドランプ。手元の荷物を探したり、暗…

  6. ノウハウ

    香港国際空港で2~5時間トランジットならプラザプレミアムラウンジが絶対にオススメ

    香港国際空港でトランジットをするなら2つのオススメの方法があり…

NEW POSTS

PAGE TOP