ノウハウ

登山初心者向け!登山で起こりやすい病気の原因と対処方法

僕が登山を始めたばかりのとき、高山病でかなり苦しい思いをした経験があります。

山頂にかなり近かったのですが、登頂を断念して下山。下山するのも辛くて、山で体調を崩す恐ろしさを実感しました。

医療設備が整っていない不便な山で体調を崩すことは、死に直結することも。登山初心者といえども、最低限の知識を身に着けておきましょう。

そこで今回は、登山時に起こりやすい病気とその対処方法について見ていきたいと思います。

登山とは切っても切り離せない「高山病」

4559262e71fb238810f7fb52b92361e1_s

山に興味がある方なら知っているであろう高山病。

どんなに経験豊富な登山家でもなり得るので、初心者・経験者問わず対策を行うことが重要です。

高山病とは?高山病の原因

高山病は、血中の酸素濃度が低下することで起こる病気です。

標高が高くなるほど気圧の影響で酸素が薄くなるため、普通に呼吸をしているだけでも体内に取り入れる酸素量が少なくなってしまうんですね。

富士山の頂上では体内の酸素量は平地の1/2になると言われています。

主な症状としては

  • 吐き気
  • めまい
  • 食欲不振
  • 疲労感・脱力感
  • 頭痛
  • 寝付けない

というものがあげられます。僕が高山病になった時は、頭痛と吐き気が最も辛かったですね。

脳は人間の臓器で最も酸素を消費するといわれており、高山病の場合は必ずと言って良いほど頭痛が起こります。

登山をしていて、頭痛の症状が出始めたら、まずは高山病を疑いましょう。

高山病の予防方法

高山病の予防でまず大切なのは、「高度順応」です。

8,000m峰などの高山に登る場合は、一気に登頂を目指すのではなく、500m~1,000m登っては下り、次は前回より高い地点まで登り、そしてまた下りといった事を繰り返します。

なぜ、こんな面倒な事を繰り返すかというと、「身体を慣れさせて高山病を予防するため」です。

国内で登ることのできる3,000m級の山でここまでする必要はありませんが、富士山でも一気にハイペースで登れば高山病になるリスクは高まります。

そのため、高山病の予防のためには、ゆっくりとペース配分をすることが大切でしょう。酸素濃度が平地とは違うことを頭に入れておくだけで、全然違いますからね。

高山病になってしまった場合の対処方法

症状が軽度ならば、少し安静にして休みましょう。

しかし、横になると呼吸が浅くなるため、少しその場を歩いてみたりと身体を動かしていたほうが酸素を取り込みやすいです。

症状が重い場合は迷わず下山しましょう。僕も登頂目前で下山して悔しい想いをしましたが、命の方が大切です。

酸素吸引も効果的ですが、山小屋などで買うと3倍位の値段がしますので、事前に買っておくのが良いでしょう。

僕は山小屋で酸素缶を購入し、酸素吸引しましたが既に遅かったみたいで効果無しでした・・・

夏は特にご注意を!「熱中症」

夏場、暑い日差しの中で山を登っていると起こりやすいのが「熱中症」です。

真夏は毎年のように病院搬送者が出ていますよね。小さいお子さんや、高齢の方は特に注意が必要です。

熱中症は重症度によって、3種類に分類されます。
熱中症の重症度分類(日本神経救急学会による)

分類 症状
Ⅰ度(軽症) 熱けいれん・熱失神 足がつる・顔色が悪くなる・気分が悪い
Ⅱ度(中等症) 熱疲労 頭痛・吐き気・倦怠感・めまい等
Ⅲ度(重症) 熱射病 意識混濁・意識喪失・血液凝固障害

熱中症の原因とは?

登山で起こりうる熱中症の原因として考えられるのは、以下のような環境要因です。

  • 気温が高い
  • 日差しが強い
  • 通気が悪い
  • 湿度が高い

このような厳しい環境の中、長時間歩き続けると、脱水症状や吐き気、めまいなどが起こってしまいます。

特に標高が高い場所では、日差しの影響を受けやすいので注意が必要です。

熱中症の予防方法

熱中症にならないためには、水分補給をしっかり行うことと、衣類の着脱でこまめに体温調整を行うことが大切です。

天候が変わりやすい山では、重ね着によって体温調整をするのがベスト。

また、帽子を被ることで直接日差しが当たることを避けましょう。冷却グッズなどで首元を冷やしておくのも効果的です。

水分補給も、単純に水だけではなく発汗で失われる塩分も同時に摂取しましょう。

熱中症になってしまった場合の対処方法

熱中症になってしまった場合は、衣服をゆるめてすぐに日陰に横になりましょう。

軽度であれば、生理食塩水の服用で回復しますが、重度の場合は首すじや脇の下などを冷やしましょう。

特に吐き気や嘔吐などで水分補給が出来ない状態は非常に危険なため、直ちに近況病院へ向かう必要があります。

夏山でも起こる可能性がある「低体温症」

低体温症とは、深部体温が正常な生体活動の維持に必要な水準を下回ったときに起こる症状の総称です。

ちなみに雪山遭難映画などでよくある「凍死」は低体温症による死のことなんですね。

低体温症は雪山だけでなく、夏山でも起こる可能性がありますので、しっかり対策を行う必要があります。原因と対処方法を見ていきましょう。

低体温症の原因とは?

登山中に低体温症になってしまう主な要因は、「汗の乾き」「雨による濡れ」によって体温が奪われることです。

だからこそ汗を大量にかいてしまう夏山で起こりやすいんですね。

実際に僕も一度「危ないな」と思ったのは夏の富士山でのことでした。

7月下旬のその日は本曇りの天気で、今にも雨が降り出しそうな雰囲気。

img_4614

雲の上まで来れば綺麗なんですけどね・・・

湿度がかなり高い環境で、日差しは強くないのに汗はびっしょり。案の定登っている途中に雨が降ってきて、1時間ほどは雨に打たれたまま進む状態に。

なんとか8合目の山小屋に辿り着いた頃には、手足の感覚はなく、くちびるは真っ青、まるで真冬のような寒さでした。

標高が高くなって気温が低いということもあるのですが、やはり雨や汗で濡れると格段に冷えますね。

仲間たちも終始お通夜状態でしたが、今ではいい経験になったと思っています。(山小屋のカレーが本当にうまかった!)

低体温症の予防方法

低体温症の予防方法としては、GORE-TEXなどの透湿防水性の高いウェアを着用すること。

また、汗をかいてインナーが濡れてしまったらこまめに着替えることが必要です。

個人的には汗をかいても肌をドライに保つメッシュがオススメです!

冬山の場合はとにかく防寒が大事。

アウター、帽子、手袋、耳あてなどの装備を駆使しましょう。

特に注意したいのが足先の冷え。靴下に気を使ったり、シューズの通気性にも気をつけましょう。

低体温症になってしまった場合の対処方法

寒くて体が震えてしまう・・・という場合は低体温症のサイン。

直ちにテントや山小屋などの暖かい場所に行く必要があります。服が濡れている場合は着替え、防寒着を着るようにしましょう。

僕は日の出を見るために山頂待機することが多いのですが、その際の防寒には「エマージェンシーシート」を利用しています。

防災グッズですが、手早く暖をとるにはスグレモノです。

低体温症に温かい飲み物は効果的ですが、カフェインはNG(血管を収縮させてしまいます!)

食べられるのであれば、温かい食べ物も食べましょう。

まとめ

今回は、登山中に起こりやすい病気について見てきました。

事前に知識を仕入れておくことで対策できるものがほとんどなので、正しい知識を身に着けて登山を楽しみましょう!

関連記事

  1. アジア

    【VR画像あり】Airbnbでマレーシア=ペナンの高級物件に泊まってきた

    観光地・リゾート地で名高いマレーシアのペナンでAirbnbを利…

  2. ガジェット

    登山初心者向け!ベースキャンプで役立つアイテムまとめ

    山での宿泊となると山小屋が一般的ですが、集団宿泊なので他人のイビキなど…

  3. ギア

    登山中の水分補給はどうすればいい?水筒・ボトルの基本

    登山のみならず、スポーツ全般で大切な「水分補給」登山装備では頑丈さ・軽…

  4. ガジェット

    【注目】RICOH THETA Sの360度画像が私たちの日常や旅行を激変させる

    VR元年とコペルニクス的転回。スマホで写真を撮って加工…

  5. ギア

    本当にそれで平気?初心者向け登山ファッションの基本 [ボトムス編]

    登山では、快適な歩行のためにもボトムスの選び方は非常に重要です。上半身…

NEW POSTS

PAGE TOP