サービス

海外の空港で出発当日に航空チケットをチケットカウンターで購入@韓国=ソウル

楽しすぎて帰りたくない。

できるなら事前に購入したLCCチケットを捨てて、また別のチケットを購入したい…けれどそんなことできるの?

というのも、

  • そもそも帰国直前に航空チケットが取れるのか?
  • 金額は高くないのか?

といった問題に直面するからです。なんと、事前に帰国や移動時のチケットを用意していたけれど、そのチケットを捨ててでも滞在を延長したい…なんて事態が我が身にも起こってしまいました。

今回は僕が韓国での旅行中に、1日だけ滞在延長を決め、手元にあった復路のチケットを放棄して新たなチケットを出発1時間半前に用意した時のお話をご紹介します。

先に結論!ソウル(金浦空港)のJALカウンターでチケットを直接購入

先に結論から言うと、以下の具合です。

  • 空港のJALカウンター(大韓航空と共同のもの)で1時間半前に到着
  • JAL のソウル(金浦)- 東京(羽田)の片道チケットを35,000円で購入
  • チケット購入まで以外に時間がかかった

LCC発着便が多い東京(成田)ではちょっと都合が悪かったので羽田発着便を最初から探していました。そうすると必然的にナショナルフラッグであるJALかANAに落ち着くので、結構なコストが生じてしまいました。

しかし旅行中の気分に応じてチケットを別購入できる自由には何にも変えられず、最近用意したばかりのJALカードでしっかりとマイルをためました(笑)

事前に用意したLCC航空券を破棄

ちなみに今回のお話では次のような背景がありました。

韓国でのこと。2017年の5月にサッカーU-20W杯(20歳以下の若手選手の世界大会)を観戦しようと準備していました。

航空券は搭乗する2ヶ月以上前に、我が国LCCブランドたるPeachで入手。東京(羽田) – ソウル(仁川)18,000円ほどのチケットです。

【日本語解説】航空券比較サイトmomondoの価値は分析力!格安航空券を探すより有益な使い方を紹介

2ヶ月前にチケットを用意したのは我ながらいい判断でした。というのも特別セールではないこと、直前になれば前述のイベント期間を見越して航空券価格が高騰したり、最悪の場合は入手できないなんて事態も容易に考えられるからです。

悪くない金額で入手したpeachのチケット。無事に韓国に入り、滞在を楽しんでいたのですが…。

現地で観戦していたサッカーの試合があまりに面白く、また現地で知り合った仲間があまりに愉快でしたので、どうしても滞在を延長したくなってしまったのです。

さていかがなものでしょう。Peachのチケットはそこまで高くなかったので手放してもたいして痛くはありません。しかし、帰国直前に航空券を入手することができるのでしょうか?いささかの不安を胸にSkyscannerのアプリを起動しました。

帰国予定日当日に翌日の航空券チケットをSkyscannerで買い直す

さて、Skyscannerで東京 – ソウルの片道航空券を検索してみました。出発するのは5/22でしたので、やはり5月の連休明け2週間後ということもあって、軒並み閑散としているご様子。成田着のLCCであれば1万円弱からチケットが入手可能でした。

しかし、成田着のLCCチケットだと早朝便が多く、ちょっとでも寝坊してしまった場合には試合終了でした。それに到着後に都内で予定があったのでどうしても羽田着の航空券でなければいけなくなりました。

そうしてSkyscannerで「羽田着」「11:00以降」「片道」で検索し直すと、ANAのチケットが3万円。

ちょっと高い…と思いましたが、早朝に飛行機に乗り込んで、成田からさらに都内へ移動し直す手間を考えたら、むしろ帰国前日の段階で他の選択肢があるのはとても有難い。

ほっと一息ついてANAのチケットを買おうと思うも、あろうことか睡魔に耐えられずベッドの脇の床で寝落ちをやらかしてしまいました。(そのとき25:00@韓国=水原のホテル)

新たなチケットを当日に購入…が意外と難しい

目が覚めたのは8:00でした。帰国する日だと思い飛び起きました。そういえば航空券…とEチケットを確認しようにも、寝落ちしてしまったのですから自分のチケットなど存在するべくもありません。

やってしまった…と思いましたが、まだ時間があると信じてもう一度Skyscannerを開いてチケットを購入しようと試みるも、

「出発時間が近いので航空会社に直接お問い合わせください」

と表示され、チケット予約不可。完全に面倒な事態に陥っていました。もうダメかもしれない。

なんて慌てふためいても仕方ないので、一度冷静になって状況を整理しました。

  • 乗りたかった飛行機の出発までまだ時間がある
  • 航空券の価格がここしばらく大きく変動していない
  • 金浦空港にANAやJALのカウンターがある

とのことだったので、とりあえずソウルの金浦空港に向かい、空港のカウンターでチケットを買うのを検討しました。

そして滞在していた韓国=水原からバスで移動すること1時間あまり。無事に金浦空港にたどり着き、ANAやJALのチケットカウンターを探しました。

ソウル(金浦空港)のJALのチケットカウンターで1時間半後の便を予約

金浦空港の出発ロビーにはANAとJALのカウンターがありました。当初はANAのチケットが3万円だったので、それを購入しようと思っていたのですが、空港についてからもう一度値段を確認するとANAとJALにほとんど金額差がないことに気づきました。

せっかくなので最近用意したJALカードで決済をしてマイルでも貯めてみるか(普段はLCCユーザーなのでJALなどに乗る機会がそもそも圧倒的に稀少)と考えました。

こちらがJALのチケットカウンターです。大韓航空のカウンターの脇で細々と営業していました。

先にインド系と思しき人がチケットの申請をしていました。待っているのは僕一人。ところが5分経っても購入手続きが終わらず、10分以上経過して僕の番が回ってきます。もしチケットの販売が締め切られたら?なんて不安になりましたが、問題なくチケットを購入できました。

金額はほぼSkyscannerと同等の約32000円でした。しかし、チケット発行手数料というものを別途請求され約35000円に跳ね上がりました背に腹は変えられない状況下でしたので、何のことなく決済をします。ちなみに対応してくれたスタッフは英語が堪能でだったのでとても助かりました。

そしてチケットを購入し、搭乗カウンターで手続きをすませました。いよいよ僕の旅路も終盤です。

帰国直前に空港でチケットを買い直す ~まとめ~

JALのソウル(金浦) – 東京(羽田)便の機内食

やはりLCCよりもJALのエコノミーの方が快適…さて無事に羽田に到着しました。

今回の旅でわかったのは、

  • 空港のJALカウンター(大韓航空と共同のもの)で1時間半前に到着
  • JAL のソウル(金浦)- 東京(羽田)の片道チケットを35,000円で購入
  • チケット購入まで以外に時間がかかった

と冒頭で書きました。やはり①片道チケットを②ナショナルフラッグで③当日に購入するとなると、かなりの費用感になってしまいます。また、自分でWebでチケットを購入するよりも、やはりカウンターでの購入は時間がかかりました。そして場合によっては自分以外の旅客が先にカウンターに並んでいることもあります。こうした難点(というかリスク)を考慮した上で、航空券を空港のチケットカウンターで購入するべきでしょう。

自由きままな旅には憧れます。ちょっと滞在を延長したいな、ってときでも条件さえ揃えば可能であるとわかりました。

とはいえ、こうしたイレギュラーにそなえ事前に準備をしたり、日程や予算に余裕をもたせるのも一つの方法です。今回支払った追加航空券代はちょっと高価な「授業料」になりましたが、現地で知り合った仲間との出会いや思い出には、「授業料」を上回る価値があったのは真実です。

 

関連記事

  1. ギア

    登山初心者向け!体感の重さが軽くなるバックパックのパッキング術

    登山では全天候に対応できる装備が必要なため、大荷物になりがちですよね。…

  2. サービス

    【海外旅行】空港でのトラブルや感動は旅の良き思い出たりうるか ~ 全4話 ~

    「いまでは笑い話」旅にトラブルはつきものであり、そんな…

  3. サービス

    上手く活用して快適な登山を!登山・アウトドアに役立つアプリまとめ

    山でガジェットを過信しすぎるのは良くありませんが、最新の技術は効率的な…

  4. ノウハウ

    初めての登山でも使える登山計画書を作ってみた

    いつ、だれと、どのルートを登るかなど、登山の行程を事前に提出す…

  5. サービス

    訪日外国人向けSIM「Japan Welcome SIM」は、なんと無料でも利用できる!

    海外へ行った際に悩むのが通信環境の確保ですよね、僕たちも通信環…

  6. ノウハウ

    登山初心者向け!登山計画の立て方と注意点

    山登りを安全に楽しく行うためには、登山計画が重要です。…

NEW POSTS

PAGE TOP