ギア

本当にそれで平気?初心者向け登山ファッションの基本 [トップス編]

最近の登山ブームで、ウェアには機能性よりファッション性が先行しがちですが、機能を充実させるということは、自分の命を守ることにもつながります。

しかし初心者の方には「登山の服装をどうすればいいか分からない」という人が多いと思います。

そこで今回は、登山装備の基本をご紹介していきます。

登山の服装に対しての考え方

「良い素材のアウターがあれば良いんでしょ?」という訳ではなく、登山では「どういった組み合わせをするか」が重要になってきます。

夏は暑いから、ランニングシャツ。冬は寒いから、ダウンジャケット。という安直な考え方は、実はとても危険です。

基本の3レイヤー構造を意識しよう!

レイヤー(layer)とは「層」のこと。「3レイヤー = 3層」ということになります。

これは昔からずっと変わらない登山の基本として、現在まで受け継がれています。

要は重ね着をしましょう。ということですね。

名称未設定-1

登山の基本「レイヤリング」

  1. 肌着 (ベースレイヤー)
  2. 中間着 (ミッドレイヤー)
  3. 外着 (アウターシェル)

というパターンです。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

メッシュ(ドライレイヤー)

これは必須ではありませんが、最近は体に密着するようなメッシュ系アンダーウェアが多いです。メッシュ系は汗を吸いだすのがとても早いという特徴があります。アンダーの下に着る服という位置付けで(ドライレイヤー)なんて呼ばれていたりします。

また、メッシュの細かさでもそれぞれの特等があります。メッシュが粗いものは、汗の乾きやすさを重視していて夏場に強く、メッシュが細かいものは保温性に優れていて、冬場に活躍します。

肌着 (ベースレイヤー)

人に見られない部分だからといって手を抜きがちなアンダーウェア。この層のことを(ベースレイヤー)と呼びます。

コットン素材の製品は、汗などで濡れた場合に乾きにくく、体温を奪うので山ではとても危険です。

アンダーウェアの機能として必須なのが、吸湿速乾性(汗を吸い出して、速く乾く力)です。

その中でも、素材によって特徴が違うので、それぞれ見ていきましょう。

化繊系

化繊素材のアンダーは、吸湿性、速乾性に優れています。

消臭・防臭効果があるものや、紫外線に強いものなどが有り、各メーカーで特徴があります。

ウール系

ウールは非常に保温性に優れますが、吸水性がないという欠点がありました。

現在ではウールの欠点を補うために、化学繊維と混ぜたものが主流です。といっても完全に欠点を補えるわけではなく、汗を大量にかくと吸湿と速乾が間に合いません。

保温効果は優秀ですので、寒い時期には適しています。

中間着 (ミッドレイヤー)

ミッドレイヤーは中間着。気候や季節などに合わせ、ベースレイヤーとアウターシェルとの組み合わせを意識しましょう。

3層といっても、3枚という意味ではないので、ミッドレイヤーを複数枚着るのも全然アリです。

シャツ系

よく街中で見かけるようなシャツですが、素材はポリエステル。速乾性に優れています。

フリース系

元々フリースは風に弱いのが欠点でしたが、最近では防風特化フリースなども発売されています。

フリース素材は保温性に優れていて、とても暖かいです。

フリースを購入する際は、裏地に注目しましょう。

裏地がメッシュになっているものは、アンダーからの汗を外に逃がしてくれます。

ダウン系

インナーダウンと呼ばれる、軽くて薄いダウンジャケットです。UNIQLOのウルトラライトダウンを想像していただくとわかりやすいと思います。

僕の場合、ミッドレイヤーとして着るというよりは、緊急時に着ることが多いです。ダウンは保温性が非常に高いのですが、汗を逃がしにくいので、体温調整がうまくできなくなる可能性があります。

なので僕は普段はダウンを着ないで、強風でとても寒い時に予備として使うという風にしています。

外着 (アウターシェル)

風や雨から身を守ってくれる重要な装備。最も外側に着る物なので、デザインも気になりますよね。

日本の雨が多い環境では、雨対策も非常に大事な要素です。

ハードシェル

ハードシェルというのは、完全防水ウェアのこと(レインウェアと区別する場合もあり)

主に冬季登山用に着る、防水・防寒・防風機能付きウェア。非常に優秀な機能を持ちますが、重量があるのが難点です。

ソフトシェル

ハードシェルに比べ、軽量、通気性に優れているのがこのソフトシェル。

防風・防水といった性能はハードシェルに劣るものの、アウターとしての防風・撥水機能は備えているので、バランスが良いです。

まとめ

素材の特徴や、組み合わせを知った上で安全に登山ファッションを楽しみましょう。

アウトドアウェアを着ていく中で、必要なもの、必要じゃないものが分かってくると思います。

そうやって装備を整えていくのも、登山の楽しみ方の1つではないでしょうか。

関連記事

  1. ノウハウ

    今年の夏は日本百名山へ!日本百名山マップ作ってみた

    だんだんと暖かくなり、登山シーズンが近づいてきます!今…

  2. サービス

    【必見】JR東日本の株主優待券はグリーン券購入に使うべき理由

    「いやあ、指定席料金でグリーン車に乗って青森まで来たんだよね」…

  3. ギア

    登山初心者向け!体感の重さが軽くなるバックパックのパッキング術

    登山では全天候に対応できる装備が必要なため、大荷物になりがちですよね。…

  4. ノウハウ

    旅行記録に絵日記をオススメする5つの理由

    旅はしているけど、いまいち自分の糧になっていないような気がする。旅のこ…

  5. ノウハウ

    初めての登山でも使える登山計画書を作ってみた

    いつ、だれと、どのルートを登るかなど、登山の行程を事前に提出す…

  6. ノウハウ

    香港国際空港で2~5時間トランジットならプラザプレミアムラウンジが絶対にオススメ

    香港国際空港でトランジットをするなら2つのオススメの方法があり…

NEW POSTS

PAGE TOP