ノウハウ

初めての登山でも使える登山計画書を作ってみた

いつ、だれと、どのルートを登るかなど、登山の行程を事前に提出するのが登山計画書です。

登山計画書を提出しておけば遭難時にも捜索がしやすくなるので、登山をする前に必ず記入して最寄りの登山ポストや警察署に提出しておきましょう。

そこで今回は、初めて登山をする人でも記入しやすいような登山計画書のフォーマットを作成してみました。

いざというときに役立つ登山計画書を書こう!

まずはこちらから登山計画書をダウンロードして下さいね。

ここからは詳しい書き方についてみていきたいと思います。

①まずは基本情報から

団体名(会社名・学校名)などがあれば記入をしましょう。

また、登山保険に加入していれば、詳細を記入しておくと怪我などの時に役立ちます。

「自分が遭難した時に、この登山計画書を頼りに発見できるか?」ということを考えながら記入していくことが大切です。

②登山メンバーの情報を必ず書こう

面倒でも必ずメンバー全員の情報を記入しましょう。

特に大切なのは緊急連絡先。

すぐに連絡がつかないことも考えられるので、可能ならば複数書いておくのがベスト。

③行動予定は出来る限り詳細に

どのルートで入山するか、休憩ポイントや宿泊場所など、行動予定は詳細に記入しましょう。

できればタイムスケジュールも記入したい所ですね。

④緊急時の対応なども事前に決めておこう

装備の特徴を記すのは、捜索時に発見しやすくするため。

大きく目立つものは色やメーカーなども記しておくといいでしょう。

また、食料や水の持参量を記載しておくことで、救急隊の方が対応しやすくなります。

緊急事対策と荒天時の避難ルートを考慮するのも大切です。

例えば、中腹より手前で天候が荒れたら下山しよう。といった取り決めを仲間内でしておくと、遭難の危険性が低下します。

⑤持病などがあれば必ず記入

最後の欄には、持病やアレルギーなどについて記載しておくと良いでしょう。

また、道中に寄る場所がある場合も追記しておくと役立ちます。

登山をする際は必ず登山計画書を提出しよう。

登山計画書を提出する最大の理由は、自然災害や事故の際に救出活動を迅速にするためです。

登山ポストや警察署に提出するだけではなく、家族などにも登山計画書を渡しておくようにしましょう。

関連記事

  1. サービス

    海外の空港で出発当日に航空チケットをチケットカウンターで購入@韓国=ソウル

    滞在が楽しすぎたので、事前に購入したLCCチケットを捨てて、ま…

  2. サービス

    「民泊」Airbnbとは?海外物件に何度も宿泊した感想とその4つの魅力

    近年話題の「民泊」Airbnb。このサービスを利用することで、今までは…

  3. ギア

    登山初心者向け!山での雨対策グッズまとめ

    山では天気が変わりやすく、雨が降る確率も非常に高いです。そんなときに雨…

  4. サービス

    観光地・航空券・ホテル・治安情報のすべてをTavittが提供

    「旅行の計画を立てるのは面倒だし、旅先の情報が無いと不安」そんな悩みを…

  5. ノウハウ

    今すぐ旅に出よう!私的オススメロードムービー[映画編②]

    前回の記事では、オススメのロードムービーを紹介しましたが、引き…

NEW POSTS

PAGE TOP