日本

東京・浅草の生活感を感じられるゲストハウス「レトロメトロバックパッカーズ」

浅草にはさまざまなゲストハウスがありますが、その中でも特に異彩を放つのが「レトロメトロバックパッカーズ」です。

一軒家を改装して作られたとても小さな建物が特徴的で、まさに日常に旅を取り入れたような生活感が味わえるゲストハウスでした。

今回は、そんな「レトロメトロバックパッカーズ」に宿泊した感想を書いていきたいと思います。

東京・浅草のゲストハウス「レトロメトロバックパッカーズ」

レトロメトロバックパッカーズは、地下鉄銀座線「田原町駅」から徒歩6分の場所にあります。

img_3614

外観は一面ガラス張りになっていてオシャレなのですが、油断していると通り過ぎてしまうので気をつけましょう。

img_3610

「Retrometro Backpackers」と書かれたロゴが目印です。

レトロメトロバックパッカーズに入ると、正面にスタッフの方がいらっしゃるので、チェックインをしましょう。

その後、ゲストハウス内を案内してくれます。対応も非常に丁寧で好感が持てました!

レトロメトロバックパッカーズのドミトリーの様子

レトロメトロバックパッカーズには、2種類のドミトリータイプがあります。

  • 男女混合ドミトリー / ¥3,000
  • 女性専用ドミトリー / ¥3,500

img_3588

今回予約していたのは、「男女混合ドミトリー」です。2段ベッド形式になっていて、きちんとカーテンで仕切られています。

床が深緑色で、全体的に落ち着いた雰囲気。

僕が宿泊したのは上段、写真手前の「A-7」と書かれた部屋でした。

予約時に上段下段の指定はできないので、まさに運次第ですね!

img_3612

A-7の下にはソファーがあり、休憩できるようなスペースになっています。

img_3595

個室の中にはセーフティロッカーが設置されているので、貴重品も安全に管理できます。

写真ではわかりにくいですが、枕元にメガネなどを収納できる小物入れがあってとても便利です!

img_3594

コンセントも利用可能。読書灯が付いているのは地味に嬉しいですね。

読書灯を抜いてしまえば、実質使えるコンセントは2つ。2段ベッドの上の場合はスマホなどを下に落とさないように注意しましょう!

img_3611

親切にシーツの敷き方を解説してくれています。英語で書かれているので、観光客の方には非常に役立ちますね。

こういった細かな配慮が数多くのバックパッカーに愛される秘訣でしょうか。

「シーツをちゃんとしないと、クリーニング代を請求します!」と言われたことには少し驚きました。笑

レトロメトロバックパッカーズは水回りも清潔

img_3586

こちらは、ドミトリー付近にある洗面所です。ハンドソープやハンドタオルが常備してあるので、非常に便利です。

img_3587

こちらは浴室。ゲストハウスなのにバスタブがあるのは非常に珍しいです。

床のタイルが昔ながらの味を出しています。24時間利用可能でシャンプー・ボディーソープも完備。

ドライヤーも無料で利用可能・タオルも100円でレンタルできます。お風呂セットは何も必要ないですね!

img_3585

こちらはトイレです。男性用小便器があるのも嬉しい所。ハウスルールなどが英語で書かれ所々に貼ってあります。

共有スペースは非常にリラックスできる空間

img_3615

フロントがある1Fは、共有スペースがあり、食事や談笑はこちらで楽しむことが可能です。

Wi-fiと備え付けのPCも無料で利用できるので、こちらで何かの作業をするのも良いですね。

テーブルの上には、浅草近辺のカフェやレストラン情報をまとめた手作りスクラップブックが置いてあり、とても親しみを感じました。

木で作られたデスクと椅子が暖かい雰囲気を演出しています。

写真ではわかりにくいですが、壁側はソファではなく、長石のようなものにクッションが敷いてあるんですね。

ところどころに落ち着いた色を取り入れ、細部にデザインのこだわりを感じることができます。

img_3583

キッチンも非常に生活感が溢れています。まるで実家に帰省したかのよう。(もしくはおばあちゃんの家)

冷蔵庫・トースター・電子レンジ・食器なども無料で使用可能です。旅行で長期滞在する方にはとても嬉しいサービスですよね。

まとめ

一軒家をリノベーションして作ったゲストハウスということで、多少古さは感じられるものの、かえってそれが良い味を出しています。

前述しましたが、「実家や田舎に帰ってきたような安心感」を感じられることが、レトロメトロバックパッカーズの大きな魅力だと思います。

小さなゲストハウスで、宿泊人数が少ないからこそ、濃い繋がりや交流が生まれるのかもしれません。

普段とはちょっと違ったゲストハウスに泊まりたい方に是非訪れていただきたいです。

レトロメトロバックパッカーズの基本情報

  • 住所 : 〒111-0035 東京都台東区西浅草2-19-1
  • TEL : 03-6322-7447
  • 営業時間 : 9:00-14:00,16:30-22:00 / チェックイン..16:30-22:00 / チェックアウト…12:00
  • 公式サイト : レトロメトロバックパッカーズ

※ 2016年11月の情報です。営業時間等は変更になる場合があります。

関連記事

  1. 恩納村

    沖縄の那覇空港から恩納村までの移動手段まとめ

    那覇空港から恩納村までの移動手段は非常に多いです。僕がムーンビーチを訪…

  2. 日本

    江ノ島デートにオススメなフレンチトースト専門店「LONCAFE」

    スイーツ好きの間で徐々に人気を獲得してきたフレンチトースト。今…

  3. 日本

    ご紹介。浅草で一番安いラーメン屋さん「らぁめん めん○(メンマル)」

    ラーメン好きの皆さん。東京都内のラーメンは高いと思っていませんか?今回…

  4. 日本

    「日本」を感じられる浅草のゲストハウス「カオサン東京サムライ」

    東京・京都・大阪をはじめ、日本各地にホステルやゲストハウスを展開してい…

  5. 日本

    浅草,蔵前で魚介系ラーメンならココ!「らーめん改」

    皆さんは、ラーメンをよく食べますか?僕は無類のラーメン好きなの…

  6. 日本

    江ノ島の生しらすならココ!「しらす問屋 とびっちょ」

    港などに旅行へ行くと、必ず目にするのが「生しらす」ですよね。実…

NEW POSTS

PAGE TOP