ギア

初心者必見!自分に合った登山ザックの選び方

さあ登山を始めよう!と思った時にまず悩むのが「ザック」ですよね。

今回は「一般的なリュックじゃダメなの?」といった疑問から、用途別オススメまで解説いたします。

一般的なリュックと登山用ザックの違いって?

「登山用ザック」は一般的なリュックと比べ、以下の機能が優れています。

  • 調整できるベルトが多く、体にフィットし負担をかけにくい。
  • ナイロンが使われているものが多く、耐久性に優れる。
  • ショルダーハーネス・ウェストハーネスにより、ザックの揺れを抑え、衝撃を緩和する。

やはり登山用には登山に適した強みがありますね。

登山用ザックの選び方

具体的に登山用ザックを選んでいきましょう。

ザックの容量

様々な容量があり悩んでしまうと思いますが、用途に合わせた容量のザックを選ぶようにしましょう。

25L以下の登山用ザック

25L以下のザックは、主にハイキングやウォーキング用。

日帰り旅行や日常生活でも使いやすいタイプです。登山用は耐久性にも優れていて、教科書をたくさん入れる学生さんにもオススメです。

30L~40L程度の登山用ザック

日帰り登山や1~2泊程度の山小屋泊用。

この容量は色々な場面で万能なザックです。1つ持っていれば何かと便利。

このチャチャパックは僕も愛用していて、とても使い勝手がいいです。

背面とショルダーハーネスの通気性が非常によく、夏場でもとても快適に登山ができます。富士登山時にも使用しました。

海外旅行時などにも使用できるので、個人的にも非常にオススメの容量です。

45L~55Lの登山用ザック

長期の登山や、テント泊の時に便利なサイズ。

一週間以内の旅行でも使えますので、バックパッカーにもオススメ。

この45Lサイズ以上のザックだと“ザック自体の重量”もそれなりに出てきてしまうので注意しましょう。

60L以上の登山用ザック

縦走などの長期登山や、長期旅行時(2週間以上)のバックパックとして使用可能。

登山初心者には必要のない容量かもしれません。

個人的には、初めは30〜45Lのザックがオススメです。

大きいザックを選びすぎると、パッキング(荷物づめ)の技術が向上しないと思うので…

上手く荷造りが出来ることも登山ではとても重要です。

フィット感

サイズが決まったら、次はフィット感です。身体に合ったザックでないと、登山時に負担になります。

試す際は必ず中身をパンパンに詰めて背負ってみましょう。

重要なのは、背中にあった形状を選ぶこと。

体とザックの背面長(バックレングス)が同じになるのが好ましい。

img57720355

つまり、身長が高い人は背中が長いので、背面長の長いザック。身長が低い人は背中が短いので、背面長の短いザックが好ましいです。

“背中にあっている”とは、肩とショルダーベルトの間に隙間ができない状態のことを指します。

隙間があると疲労の原因になりますので気を付けましょう。

余裕があるならザックカバーも用意しよう

ザックカバーとは、ザック全体を覆うカバーのこと。

急な雨などに備えるために、携帯しておきましょう。

雨などで中身が濡れると大変ですからね。それぞれの容量に合わせたサイズがありますので、できれば同じブランドのものを使用しましょう。

まとめ

登山用ザック選びは、自分との“相性”が大事です。

  • 背負い心地
  • 容量
  • ポケットの数など機能面

この3点を重視して自分に合ったザックを探しましょう。

当サイトでは、登山初心者向けコンテンツを複数用意しておりますので、是非ご覧ください。

関連記事

  1. ギア

    登山初心者向け!オススメのウェア系小物アイテム②【まとめ】

    より快適な登山をするためには、細かな装備までこだわることが大切です。前…

  2. ギア

    大型カメラバッグなら「Manfrotto PL 3N1-36」が間違いなくオススメ!

    写真好きな人なら一度は聞いたことがあるメーカー「Manfrotto(マ…

  3. ギア

    登山初心者必見!おすすめのアウトドアブランド7選

    登山装備を揃えようと思っても、非常に多くのアウトドアブランドがあり、迷…

  4. サービス

    観光地・航空券・ホテル・治安情報のすべてをTavittが提供

    「旅行の計画を立てるのは面倒だし、旅先の情報が無いと不安」そんな悩みを…

  5. ノウハウ

    インドアだけどアウトドア?旅してる感が味わえるゲームたち

    僕はゲームをプレイするのが好きなのですが、時には今すぐ冒険に出たくなる…

NEW POSTS

PAGE TOP