シンガポール

~ シンガポール旅行前に準備するべき変換プラグ ~ コンセントの形はBS(BF)タイプ

シンガポールに旅行や出張で訪れるとき、必ず確認しておくべきものは電源プラグの形状です。

一般的に日本と同じ電源コンセント(Aタイプ)の形状を基本規格としている国はそう多くありません。

シンガポールも同様で、現地に入る前には変換プラグを用意しておく必要があります。

今回の記事では、

  • シンガポールの電源コンセントやプラグの形状(図解)
  • シンガポールの電圧
  • シンガポールと同じ規格の国や地域

について詳しく押さえておきましょう。

シンガポールの電源コンセントの形状はBS(BF)タイプが基本

シンガポール旅行中まだは出張にスマホやPCの充電が必要になった時、日本のACアダプターはそのまま使えるのでしょうか?

残念ながら使えない場合が多いです。

というのもそもそものコンセントの形状が日本のものとは異なるからです。

上の画像がシンガポールで一般的な電源コンセントの形状BS(BF)タイプです。

基本的に日本で購入した電子機器をシンガポールに持ち込む場合には、事前に変換プラグを用意しておく必要があります。

ちなみに、後述しますがシンガポールで利用できる変換プラグはそのままマレーシアや一部東南アジア地域で利用可能です。

もし変換プラグの準備を忘れた場合には、宿泊先のホテルやAirbnbの家主に申し出て、レンタルさせてもらえないか聞いてい見るのもいいかもしれません。

しかしホテルや家主がそうしたグッズに対応していない場合は一苦労ですので、やはり事前に購入しておくのが最善策です。

僕も重宝しているのが、以下のようなマルチ変換プラグです。こうしたグッズがあれば国や地域を気にすることなく便利に給電できます。
Readaeer® 全世界対応 海外旅行用マルチプラグ マルチコンセント マルチ電源 マルチ変換アダプター USB充電器 USBポート2個付き (オレンジ)

シンガポールではiPhone等はそのまま充電可能

シンガポールの電圧は230Vが基本となっています。

なので例えばiPhoneであれば100V – 240Vの電圧に対応しているので、シンガポールでも問題なく充電することが可能です。

実際にiPhoneはシンガポールでも充電できましたし、他にもMacbook AirやSONYのXperia Z3といった製品も問題なく充電することができました。

ちなみに10年ほど前までは、海外で日本の電子機器を充電するには、必ずといっていいほど「変圧器」の準備が必要でした。

これがないまま給電して利用すると、海外との電圧の違いに機器が故障を起こすケースが多々あったからです。

しかし、最近ではスマートフォン始め、各PC類についてはあまり電圧を気にしないで済むことが多いです。

というのも各メーカーとも軒並み世界の多くの地域に対応した電圧規格を採用しているからです。

もっとも、AppleやSONYといった「グローバルブランド」であれば基本的には世界の多くの地域の電圧規格をカバーしているケースが多いです。

それは各社の「海外戦略」と密接に関わってくるところであり、販売先各国の電圧規格に製品をひとつひとつ対応させるのは単純に考えて非効率的ですし、ユーザー側も国をまたぐ旅に変圧器を用意しないといけないのは不便極まりないですね。

シンガポールと同様の電源コンセントが使える国や地域

ちなみにシンガポールで利用した電源コンセントの変換器は、他にどのような地域で使えるのでしょう。

まず隣国のマレーシアでも使えます。

1965年まではひとつの国であったシンガポールとマレーシアですが、それ以上にかつてイギリス植民地だった点が大きいようです。

例えば香港やサウジアラビアといった国や地域は、シンガポール・マレーシアと同様にBS(BF)タイプが一般的で、インド、南アフリカ、ヨルダンといった国々もBS(BF)タイプを規格とする地域が存在します。

少し話はそれますが、アメリカのコンセント規格に対応したプラグは、隣国カナダでも利用できたり、中米や南米の一部地域、日本でも利用可能です。

これらを考えるに、地理的な近さや、歴史上の共通点がある国同士、地域同士であれば電源コンセントの規格が同じ場合が多いようですね。

シンガポールの電源コンセント事情まとめ

さて、シンガポールに行く前にはBS(BS)タイプの変換プラグを用意しなければなりません。

というのも日本とはコンセントの形状がまったく異なるからです。

また、iPhoneや一般的なスマートフォンを充電するにあたり、電圧の変換器は必要ありません。

ただし、日本で購入したヘアドライアーなどの家電製品を利用する場合には、対応電圧についてしっかりと調べておく必要があります。

そしてシンガポールとマレーシアは電源コンセントの規格が同一なので、利用した変換器はそのまま利用可能です。

それでは楽しいシンガポールの旅を!

 

関連記事

  1. シンガポール

    プライオリティパス使用可のチャンギ空港ラウンジ「Ambassador Transit Lounge」…

    チャンギ国際空港は世界的に最も評価の高い空港として広く認められています…

  2. シンガポール

    ERP?アラブ?人に話したくなるシンガポール旅行での小ネタ雑学

    シンガポールに関しては「ポイ捨て罰金」だけでなく「性病患者の強…

  3. シンガポール

    プライオリティパス利用可のチャンギ空港ラウンジ 「SATS Premier Lounge」

    前回の記事ではシンガポール=チャンギ国際空港のプライオリティパス利用可…

  4. アジア

    シンガポールは忙しくて、つまらない国なのか?

    シンガポールと言えば、純正競争国家、弱小資源国家、教育大国、多…

  5. シンガポール

    マリーナベイサンズのカジノの服装は短パン・サンダルでも入場できた!

    シンガポールと言えば、そう、マリナーベイサンズですよね…

NEW POSTS

PAGE TOP