オーストラリア旅行で準備する電源プラグはO(I)タイプ ~オセアニア諸国でも利用可能~

更新日:

オーストラリアに旅行や出張で訪れるとき、必ず確認しておくべきものは電源プラグの形状です。

一般的に日本と同じ電源コンセント(Aタイプ)の形状を基本規格としている国はそう多くありません。

オーストラリアも同様で、現地に入る前には変換プラグを用意しておく必要があります。

ただ、オーストラリアで使える電源の変換プラグを用意しておけば、近隣のオセアニア諸国でも使えるというメリットがあります。

今回の記事では、

  • オーストラリアの電源コンセントやプラグの形状(図解)
  • オーストラリアの電圧にiPhoneやAndroid端末は対応しているか
  • オーストラリアと同じ規格の国や地域

について詳しく押さえておきましょう。


オーストラリアの電源コンセントの形状はO(I)タイプが基本

冒頭で紹介したように、オーストラリアでは、日本の電化製品のA型プラグはそのまま使えません。

下の画像はオーストラリアで一般的な電源コンセントの形状です。

これは日本では一般的にOタイプと呼ばれる電源コンセントの規格で、世界標準ではIタイプと呼ばれています。

このように日本の電源プラグとはかなり様相が異なるので、これを現地で見ると「海外に来たんだな」と思えます。

しかし、このままでは日本の電源プラグはそのまま使えず大問題。

なのでオーストラリアに訪れる前に、変換プラグを購入するなり入手する必要があります。

購入を忘れてしまったという場合には、ホテルのスタッフやAirbnb(民泊)の家主に、対応しているプラグを貸出しをお願いするのも方法ですが、確実に充電手段を確保できる保証はありません。

仕方なく現地で買うとなると、英語で説明書を読まないといけない?だとか、そもそもどこで手に入るのか?など、何かと不安が多いものです。

現地で過ごす貴重な時間を、こういったグッズの購入に充てるのは非常にもったいないので、日本を発つ前に変換プラグの準備は済ませておく方が賢明でしょう。

以下のような全世界対応のマルチ変換プラグは非常にオススメです。僕も利用していますが、こうしたグッズがあれば国や地域を気にすることなく便利に給電できます。

Readaeer® 全世界対応 海外旅行用マルチプラグ マルチコンセント マルチ電源 マルチ変換アダプター USBポート2個付き (ホワイト)

オーストラリアではiPhoneやスマホはそのまま充電可能

現在オーストラリアの標準電圧は220 - 240Vとなっています。

海外旅行に行く前によく不安になるのが、訪れた先でそのままiPhoneやAndroid端末を充電できるのか?という点だと思います。

幸いなことにiPhoneやAndroidスマホのほとんどは世界中の多くの国々でも電圧を気にすることなく充電することができます。

それは対応電圧が100Vから240Vとなっているためで、メーカー各社がそれぞれの国や地域に対応するよう製造しているからです。

なので我々エンドユーザーは、iPhoneやXperia、Galaxyといったグローバルモデルのスマホは問題なく充電可能です。

またMacbookやWindowsマシンなどのPC類も、比較的新しい機器であれば電圧を気にすることなく充電可能です。

オーストラリア=メルボルンの物件の寝室。

ただし、日本国内からドライヤーや医療器具を持ち込む際には注意が必要です。

ドライヤーや髭剃りといった、いわゆる生活家電の類や、医療器具は基本的に国内での利用を想定している場合が多いからです。

なのでiPhoneやAndroid端末、PC以外の電化製品を携行する場合には、旅行前に対応電圧を確認しておくと良さそうです。

特に製品独自のACアダプターがついている場合には必ず確認しておきましょう。

オーストラリアと同様の電源コンセントが使える国や地域

せっかく購入した変換プラグ。

ではオーストラリアで利用した変換器は、他にどのような国と地域で利用できるのでしょうか?

それはニュージーランドをはじめとした近隣のオセアニア諸国です。例えば、

  • ニュージーランド
  • キリバス
  • フィジー
  • ソロモン諸島
  • クック諸島
  • 米領サモア
  • 中国(一部)
  • アルゼンチン
  • ウルグアイ

といった面々。

基本的に電源コンセント(プラグ)の形状は、20世紀にどの国と関係が深かったのか?という点がポイントになります。

そのため、かつてイギリスの植民地であったマレーシアやシンガポールといった国々の電源コンセントはイギリスと同じBS(BF)タイプ。

ところがオーストラリアは本国イギリスとは異なり、O(I)タイプが採用されました。

政治的、経済的に従属を余儀なくされていたアジアの英領植民地に比べ、オーストラリアはそれなりの自治と自立が見られていたためとも考えられそうです。

結局、オーストラリアではO(I)型が標準として定められ、それが周辺のオセアニア諸国の電源プラグの規格となりました。

またこの時代のニュージーランドは、すでにオーストラリア製の電化製品がかなり普及していたこともあり、ニュージーランドもオーストラリアと同じ規格を採用したのでした。

ちなみに、このオーストラリアの規格が定められたのは20世紀の前半のことで、この規格は遠く離れた南米のアルゼンチンやウルグアイ、アジアだと中国の一部の地域でも採用されるに至りました。

オーストラリアの電源コンセント事情まとめ

オーストラリアに訪れる際には、O(I)タイプの変換プラグが必要になります。

コンセントの形状が日本のものとは全く異なるので、旅行前には以下のような変換プラグを準備しておくと安心です。

Readaeer® 全世界対応 海外旅行用マルチプラグ マルチコンセント マルチ電源 マルチ変換アダプター USBポート2個付き (ホワイト)

また、iPhoneやAndroid端末の充電に関しては、電圧の大きさによる故障を気にすることなく充電可能です。

ちなみにオーストラリアで利用した変換プラグはお隣のニュージーランドや周辺オセアニア諸国でも使えますし、アルゼンチンやウルグアイといった南米諸国や中国の一部地域でも利用可能です。

それでは楽しいオーストラリア旅行を!

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

オーストラリアに旅行に行く前に、WiFiを用意するかどうか、そしてどんなWiFiを用意すべきか迷いますよね。 出発がもうすぐに迫っているけど、どのWiFiを選んだらいいのか、どれに気をつけるのか分かり ...

-オセアニア, 海外旅行

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.