【感想】1泊3000円!バンコク最強コスパのホテル=レッドプラネットスラウォン

投稿日:

急成長中のホテルチェーン「レッドプラネット」のスラウォンに宿泊してきました。

都市空間に東南アジアらしさを残す立地、ホテルの宿泊環境に対し、3000円程度の価格には驚きでした。

バンコクのホテルは玉石混交の超激戦を繰り広げている中、レッドプラネット=スラウォンはオープンしたばかりの新鮮さを持つ、コストパフォーマンス最強のホテルでした。

出張や旅行でバンコクのホテルを利用するなら、ぜひ覚えておきたいホテルです。

この記事を読めばバンコクのホテル事情をさらっと押さえつつ、コスパの良いホテル選びのちょっとしたポイントも把握できます。


バンコクのホテルは大激戦!コスパの良いホテル選びは意外と難しい

バンコクは世界的な観光地なので、ホテル界隈は大激戦を繰り広げています。

1泊数百円の「超格安ゲストハウス」がある一方で、それに1000円ほど上乗せするだけでかなり綺麗なゲストハウスにも手が出せます。

例えば僕が泊まった"Mama Guesthouse"はバックパッカー御用達のゲストハウスです。

値段が安すぎるため、衛生状態が少し気になるのは確かですが、他の宿泊者との距離も近いのでかなり「コア」な旅行者向けです。

予算が限られた学生やバックパッカー向けのゲストハウスですね。

「こういうゲストハウスではなく、もう少し清潔なところがいい!」という場合には+1000円程度で下のようなゲストハウスも選べます。

このボックスパッカーズ ホステル(Boxpackers Hostel) はかなり清潔で快適でした。

日本のゲストハウスなら3500円以上クオリティですが、ここなら時期によっては1泊1500円程度で宿泊できるのでコスパ良し。

一方でいわゆる「五つ星」と呼ばれるホテルにも、東京や香港と比べるとかなりお手頃な金額で宿泊ができます。

僕が実際に泊まったのは世界的なホテルチェーンであるアコーホテルズの「プルマン」というホテルです。

こちらはラウンジの様子。

客室は白を基調としたシンプルな作りとなっており、1人で泊まった僕にはあまりに広すぎるお部屋でした。

出典: Booking.com

「プルマン」の宿泊代は1泊1万数千円程度。

日本人も訪れることが多いですが、ホテルのロビーには世界中の旅行者で賑わっている素敵なホテルです。

興味があれば「プルマン」もぜひ覗いてみてくださいね。

さて、今回紹介する「レッドプラネット」はゲストハウスでも、こうした五つ星ホテルでもない、もっとコスパの良いホテルです。

バンコクのホテルは非常に多種多様ですので、しっかりと押さえておいてくださいね。

レッドプラネットホテル スラウォンの客室の様子

さて、周辺エリアの様子がわかったところで、そろそろホテルへと向かいチェックインを済ませてしまいましょう。

今回僕はドンムアン空港からタクシーに乗ること45分。

ホテルの前でタクシーを降りてあたりを見回す。

やはりバンコクは東南アジアではシンガポールやクアラルンプールに並ぶ一大都市の1つなんだなと実感させられます。

ホテルに併設された設備とおしゃれなフロントロビー

ちなみにホテルのビル1階部分にはセブンイレブンだけでなく、カフェ・レストランも併設されています。

そしてホテルの1階入り口から、2階のロビーへとエレベーターで移動。

いきなり綺麗なiMacたちが出迎えてくれ、エレベーターを降りて左側のフロントデスクに向かいます。

チェックインを済ませるとスタッフが滞在者専用のWi-Fi(これは宿泊者ごとにパスワードが異なる)を提供してくれます。

客室までのスタイリッシュで斬新な導線

清潔でスタイリッシュなフロントロビーを後にして客室へと向かいましょう。

エレベーターを上がると驚きの光景が。これ、全部壁紙のようです。

ちなみにエレベーターを振り返ってみると、なんとも斬新なデザインが。

見とれてしまいそうなちょっと斬新な絵を尻目に、廊下を進み自分の部屋を目指します。

レッドプラネットスラウォンの清潔でシンプルな客室

レッドプラネットスラウォンの客室に入ると、綺麗に整えられたベッドが横たわっています。

またベッドの前には大型のディスプレイも。

冷房や冷蔵庫、金庫などの必需設備も完備されています。

レッドプラネットホテルのシャワールームや洗面台の水周りはとても清潔な印象です。

部屋自体はとてもシンプル。

余計なものが一切置かれていないすっきりとした内装になっています。

ゲストハウスだとちょっとプライバシーが覗かれてしまうし、かといって「五つ星」に泊まるのも違うな、という場合にはかなりオススメのホテルです。

レッドプラネット スラウォン

バンコクのレッドプラネットスラウォンの素晴らしい立地

出張や旅行でまず大事にしたいのが立地のよさ。

レッドプラネットスラウォンの最初のポイントは、まさにここなのです。

場所はドンムアン国際空港とスワンナプーム国際空港のちょうど中間

バンコクに着いたらまずはホテルに荷物を置きに行きたいところ。

レッドプラネットスラウォンはドンムアン国際空港とスワンナプーム国際空港からそれぞれ22.8km、24.5kmの位置にあります。

なのでどちらの空港から向かう場合にもタクシー1本で40 ~ 50分程度で到着です。

ホテル周辺にはオフィス街とショッピングモール

このエリアはバンコク有数のオフィス街シーロムエリア。

平日には多くのホワイトワーカー達が行き来する活気のある地区です。

その一方でショッピングセンターなどの商業施設も賑わいをみせており、Silom Complex Buildingやタニヤプラザなどが楽しめます。

レッドプラネットスラウォン周辺の路地裏やナイトライフも

The東南アジアの様相も楽しめるのがこのエリア。

近隣にはタニヤという日本人が多く集うエリアもありますのでナイトライフも楽しめます。

また、連日に渡ってマーケットが開催されているなど、まさに年中お祭り状態が繰り広げています。

他にもレートが良いとして有名な両替屋があります。

特に、オフィス街の裏手に行けば様々な屋台が立ち並び、この一画をフードコートのように彩っており見応えがあります。

アジアで拡大を続けるレッドプラネットホテルとは

このレッドプラネットはタイのバンコクだけでなく、日本、フィリピン、インドネシアに30以上のホテルを保有しています。

日本やフィリピン、インドネシアで続々オープン中のレッドプラネット系列ホテル

2010年に設立されたレッドプラネットホテルはアジアのバリューホテル市場にて急成長を見せており、競争力のある価格で展開しながらも、立地にこだわり、清潔で行き届いたサービスを提供してくれます。

今回紹介したバンコク=シーロムエリアの他にも、スクンビットなどのエリアにもオープン予定であり、日本においては名古屋や札幌といった都市にも拡張予定です。

レッドプラネットのそうそうたる経営陣

驚くべきはレッドプラネットの経営陣はとても華々しい経歴の持ち主ばかり。

共同創設者らはそれぞれ不動産、投資、ホテル事業のプロ中のプロたちということ。

ちなみに日本部門の経営陣も世界的ホテルチェーンAccorホテルグループでの経験と、英語・中国語、日本語を使いこなすインターナショナルなキャリアをお持ちです。

中には不動産デヴェロッパーとして米国・オーストラリア・タイ・韓国などでグローバルに活躍した方など、そうそうたるメンバーが在籍しています。

このような超すごい人たちが展開するホテルチェーン=レッドプラネットです。

彼らが築き上げてきたキャリアという付加価値の上に、このホテルが成り立っているとも思えます。

まとめ

レッドプラネットは非常に立地が良く、バンコクの都心部へのアクセスも良好なだけでなく、路地裏へ回れば東南アジアらしさにも接近可能です。

ホテルのロビーや客室も清潔で、なかなかスタイリッシュな空間を過ごすことができます。

そんなレッドプラネットはアジアを中心とした急成長中のホテルチェーンで、経営陣はそうそうたるメンバーを揃えています。

このようなホテルが一泊3000円程度で宿泊できるのですから、驚愕のコスパと言えるでしょう。

バンコクを訪れる際にはぜひとも候補に入れたい宿泊先です。

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

よく聞かれるのが「オーストラリアに旅行に行くんだけど、WiFiレンタルって必要なの?」という疑問です。 絶対にWiFiが必要というわけではないのですが、普通の人であればWiFiルーターをレンタルしたほ ...

-アジア, 海外旅行
-

Copyright© ToLIVE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.