「アジア」 一覧

バンコクのコスパ良くておすすめなゲストハウスはココ!~Box Packers Hostel~

バンコクでは探せば探すほど安い宿が見つかります。しかしそうしたゲストハウスは情報が乏しく、現地で探すには骨が折れます。さらにそうした宿は綺麗とは言えないようなお部屋が多いのが現状です。
今回紹介するのは1泊1300円ほどの宿泊料金にしてかなりコスパの良かった「Boxpackers Hostel」ホステルを紹介します。

【旅行記】ラオスの世界遺産である古都「ルアンパバーン」の美しい街並み

ラオスの古都ルアンパバーンに行ってきました。ルアンパバーンには古き良き宗教都市と植民地時代の近代建築、さらに庶民の住居が混在しています。3つの顔を持つこの世界遺産の魅力に迫ります。

Whopping Burger ~ラオス=バンビエンに住む日本人のハンバーガー屋~

ラオス=バンビエンにある日本人のハンバーガー屋がうまい!在住8年の日本人オーナーがお店を経営するようになった経緯や想いを吐露。他のハンバーガーを圧倒するその味を探ります。

ご紹介。ラオス=バンビエンで食べられるおすすめごはん4選 +1

旅先での大きな楽しみの一つ、それは食事。

現地での料理を楽しむことでその国その地域の文化をまさに肌でも舌で味わうことができます。観光客向けの料理もあれば現地の人が日常的に食べるローカルフードまで、それぞれがいろんな背景を持ってお皿に並べられていることでしょう。今回はラオスで食べられる料理たちを紹介します。

バンコクからノンカイ、そしてビエンチェンへ!寝台列車で行ってきた

寝台列車に乗り込んで朝になれば景色が一変している。その風景の移り変わりこそまさに旅の大きな魅力の1つです。
出発時刻は午後8時。日も暮れて長いバンコクの夜が忍び寄るのを前に、一路鉄道に乗り込む。朝7時前には国境の街であるノンカイ駅へと運んでくれます。ここはタイの中心地にして各地への出発地でもあるのです。

【動画あり】東南アジアの秘境!ラオス=バンビエンの~ブルーラグーン~

2016/03/13   -アジア, 海外旅行
 

青く澄んだ美しい川、ブルーラグーン。ここラオス=バンビエンには溢れんばかりの魅力が凝縮されています。今回はその輝かんばかりの魅力を放つブルーラグーンを追いましょう!ただし、ここブルーラグーンへたどり着けない旅行者もいるのでここで予習しておきましょう。

早めのリタイアで海外移住?タイで何年も暮らしている男性の話が興味深い

3年以上もタイのバンコクでのんびりと暮らしているという男性と出会いました。
彼は40代後半から50代の男性と見受けられます。
日本での仕事を早々にリタイアしてここバンコクのカオサンで悠々自適に暮らしているそう。
今回はそんな彼に話を伺いました。

Copyright© ToLIVE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.