WiFiに注意!深セン宝安国際空港のプライオリティパス対応ラウンジは?

投稿日:

中国の深セン宝安国際空港のJoyeeラウンジに行ってきました。

深セン宝安国際空港は中国のなかでも発着数の多い主要空港です。

なにより、とにかくでかくて新しい!

そんな深セン宝安国際空港でも出発までの時間をいつものようにラウンジで過ごすことにしました。

僕は空港ラウンジを利用するにあたって、友人に紹介してもらった楽天プレミアムカード付帯のプライオリティパスを重宝しています。

このカードがあれば世界の主要空港のラウンジにお邪魔できます。

さて今回の記事では僕が実際に行った深セン宝安国際空港のJoyeeラウンジについて紹介します。

※ 記事後半でWiFi利用時の注意点をおしらせします。ここは中国なのでGoogleなどは使えませんので、しっかりと通信手段を準備してくださいね。


プライオリティパスが使える宝安国際空港ラウンジ

プライオリティパスで利用できるラウンジは事前にしっかりと押さえておく必要があります。

2018年5月現在、公式ページによると、以下のラウンジがプライオリティパスで入場可能です。

ターミナル3

  • INTERNATIONAL GUEST LOUNGE 深圳宝安国際空港(Shenzhen Baoan International) (第3ターミナル)

なんと、Priority Passによると現在は国際線では1つだけのようです。

そしてもっと重要なことは、現在こちらのラウンジは改修工事中のようで、別のラウンジを利用するようにアナウンスされています。

それが今回ご紹介するJoyee Loungeなのです。

このラウンジは改修工事のため、当面の間閉館されていますのでご注意ください。代替ラウンジ:Yi Xiang Ting No.3 国際空港First Class / Business Class Lounge.。ラウンジは、International Guest Loungeの隣、ゲート9の向かい側にあります。

深セン国際空港はラウンジが少なめですね。これからに期待です。

ちなみに国際空港の名前があるものの、国内空港としての役割が強いみたいです。

なので空港内はけっこうたくさんのお客さんが目につくのですが、国際線の方に進んでみると一気に人が少なく感じられることでしょう。

Ambassador Transit Loungeの基本情報

深セン宝安国際空港 | Joyee Lounge

 

7:00 ~ 22:00
ターミナル3:セキュリティチェック後の3階

「Pacific coffee」の向かいにあります。

 

  • 軽食・飲み物
  • アルコール
  • Wi-Fi
  • 新聞・雑誌

宝安国際空港SATS Premier Loungeが使える方

プライオリティパス保有者

プライオリティパス保有者は利用可能です。

通常、プライオリティパスの年会費は4万円ほどかかりますが、『楽天プレミアムカード』を持っていればプライオリティパスを無料で発行可能です。

※ 楽天プレミアムカードに関しては『海外旅行に持っていくなら『楽天プレミアムカード』がオススメ!その理由とは?』で解説しています。

ダイナースクラブカード保有者

『ダイナースクラブカード』の保有者も利用可能です。

Joyeeラウンジの様子

ターミナル3のInternational Guest Loungeの代わりに訪れた、Joyee Lounge。

ラウンジとして最低限の設備はととのっているので、いつものようにリラックスできました。

ターミナルは比較的きれいだったのですが、なぜかこのラウンジの内装はちょっと年季が感じられるのも味かもしれません。

深セン国際空港のJoyeeラウンジの食事はお菓子も充実

ラウンジにやってきたのならまず楽しみたいのが食事でしょう。

Joyeeラウンジでは麺類やご飯、それから炒め物などがセルフサービスで提供されています。

飲料も飲み放題です。ビスケットやクッキーといったお菓子類に、パンも用意されていました。

この時はうっかりご飯の写真を撮り忘れてしまいました。。

というのも僕は深センの空港まで自転車で25キロ走り倒してきたんですね。

しかも途中ほとんど飲食をしないできたため、ラウンジについたらコーラだのお米だの野菜炒めだの、もう無我夢中で口に運びました。

気がついたらもうお腹いっぱいです。ここまでがっついたのは今年初です。

はっきり申し上げればこのラウンジの飲食は良くも悪くも「ありきたり」かもしれません。

しかしながら、僕にとっては最高のごちそう。無料で好きなだけ食べられるのは、旅行においてはこの上ない幸せだったのです。

WiFiには気をつけて!GoogleもLINEも利用できません

一つだけ気をつけておきたいのがWiFiです。

このラウンジではWiFiが提供されていますが、そのまま接続してもGoogleやLINE、Instagramなどのサービスが利用できません。

僕の実体験。

食事をめいっぱいとり、ビールを一杯だけすすったところで落ち着いていました。

時間が余ったので仕事をしようかとGmailを開こう…と思いPCを広げてみました。

しかしながら、いつまでたってもGmailの画面が開きません。

なんてことだ、このラウンジのWiFiは遅すぎるなあ…と思っていたら、ここは香港ではなく中国であることを思い出したのです。

遅いもなにも、Googleのサーバーに接続できなくて当たり前。

中国ではグレートファイアーウォール(金盾)がたちはだかるので、中国政府がみとめたサービス以外は基本的にアクセスができないのです。

とはいえ日本から持ち込んだWiFiルーターでもGoogleやLINEが使えることもあります。

また、香港のSIMカードを利用すれば、問題なく中国でもGoogleやLINEがいじれます。

僕は旅に出る前に、今回は日本のアマゾンで香港のSIMカードを取り寄せておいたので、そちらでテザリングをして無事にGmailをいじることができました。

SIMフリー端末をお持ちで、ひとりで旅行されるのであればあらかじめ香港のSIMカードを入手しておくととっても便利です。

このラウンジだけでなく、中国でWiFiを利用するときには気をつけておいてくださいね。

 

まとめ

深セン=宝安国際空港のPriority Passで利用できるラウンジをご紹介しました。

今回ご紹介したのはJoyee Loungeで、改装中のラウンジの代わりとして開放されていました。

ラウンジの設備や食事はごくごく一般的です。

しかしながらWiFiを利用するときには注意が必要です。LINEやInstagram、Facebookは利用できません。

それにしても巨大で真新しい素敵な空港でした。中国の勢いが感じられました。

今回ご紹介した深セン=宝安国際空港のJoyeeラウンジは『楽天プレミアムカード』付帯のプライオリティパスで無料で利用できるので、お見逃しなく。

深センに訪れた際は是非とも利用してみてください!

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

  海外旅行で使えるアプリをお探しですか? 旅行に出かけようと思っても、どんなアプリをインストールしておけば安心なのか悩みますよね。 いろいろな種類がありますし、そのアプリを使えば何が便利に ...

沢木耕太郎の『深夜特急』が導いた旅 4

ラオスで出会った旅人たちは沢木耕太郎氏の『深夜特急』に魅了されていた。 旅先で出会った日本人バックパッカーは言った。 「俺も読んだよ、『深夜特急』」 ラオス=バンビエンは東南アジアのバックパッカーが多 ...

5

トランジット時の過ごし方で悩んでいませんか?
長距離飛行だったり格安航空券の利用時には、なかなか避けられないのがトランジット。
今回の記事では、トランジットを少しでも有意義な時間にする方法をご紹介いたします。

-アジア, 海外旅行
-,

Copyright© ToLIVE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.