中華アクションカメラEKEN H8Rはコスパ最強?| スマホより大迫力の写真を

投稿日:

せっかく海外旅行に出かけるなら、旅の思い出には迫力のある写真をとりたいですね。

そんなときにはスマホではなく「GoPro」のようなアクションカメラが大活躍します。

例えばこんな写真がかんたんに撮れます。

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿 -

しかしながら「GoPro」はブランド力・写真のクオリティが高いだけでなく、価格もかなり高いんですね。(数万円から6万円程度)

だからその価格を前にするとちょっとだけ腰が引けてしまう人もいるかもしれません。

そこで登場するのが意外と優秀な中国製のアクションカメラたち。

え、中華アクションカメラ?ってなんだか怪しい…と思われるかもしれません。

信じられないかもしれませんが、中華アクションカメラは素晴らしい品質の写真を、おどろくような価格で入手可能です。(なんと1万円ちょっと!)

今回の記事は、はじめてアクションカメラを触るよ、という人向け。

金額的にはスモールスタートながら、ものすごく高いパフォーマンスを発揮してくれるEKEN社のH8R(Gearbest社提供)をご紹介します。

GEARBESTでEKEN H8Rをチェック

海外旅行でどんな写真を撮りたい?

写真をとるならiPhoneやスマホでしょ?と思われる方が多いと思います。

特にiPhoneはものすごくカメラのクオリティがいいので、変に一眼レフを使うよりも素晴らしい写真が撮れることもあります。

そして、いざ海外旅行に出てみたとき、いつものように写真を構えてシャッターを押してみる。

うん、いい写真が撮れています。(ちょっと加工してます)

ですが、ずっとスマホで撮っていると、なんだか物足りなく感じてしまいませんか?

例えばこんな写真。

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿 -

スマホよりも映せる範囲が段違いなので、すごく広い範囲が撮れています。

さらにレンズは丸まっているので、スマホとは全然ちがった雰囲気の写真になります。

こんな風に、「The 海外旅行!」って感じの写真が撮りたいのに、スマホ単体だと難しそう。

そこで登場するのが「GoPro」のようはアクションカメラなんです。

中華アクションカメラEKENのH8Rの実力は?

GoProがあれば素晴らしい写真が撮れそう!

けれどこのGoProはお値段がけっこう張ります。

なぜなら、このGoProはアクションカメラ界隈のiPhoneに位置付けられていて、ブランド力と価格が段違いだから。

そこで登場するのが中国製のアクションカメラたち。

このカメラたちはコスパが最強で、なかなかのクオリティの写真を、驚くほどの金額で実現してくれます。

そんな中華アクションカメラは本当にたくさんのブランドが存在しますが、特に注目すべきはEKEN社のH8Rです。

これが実際に撮ってみた写真。

東京駅の丸の内口を撮影してみました。

撮った写真はカメラからスマホにかんたんに落とせます。

落とした写真は「VSCO」などの画像加工アプリでささっと編集。

このままインスタグラムにアップロードしてもOKです。

特徴を簡単にピックアップすると、

  • 170度の視野角
  • 撮影した写真をディスプレイですぐに確認
  • 4K動画がとれる
  • 駆動時間は最大1.5時間
  • WiFiでアプリと連動

GoProの中で比較すると、4万円台の「Hero 4 Silver Edition」と2万円弱の「Hero」の中間くらいです。

カメラの性能的には下のような感じです。

Hero 4 ( Silver ) > EKEN H8R > Hero

金額的には、

Hero 4 ( Silver ) > Hero > EKEN H8R

なので、GoProのなかでミドルハイエンドのカメラには若干力不足ではあるけども、一番安価に手に入るGoPro Heroよりは断然にいいチョイスなのです。

ちょこっとコラム

実はちょっと前まで、中華アクションカメラには次の課題がありました。

  • 画質
  • WiFi接続

これら2点は技術とコストが課題になっており、GoProのようなメーカーが実現できていた強み。

なので、中華アクションカメラの画質はやっぱりGoProに劣りました。

しかもWiFi接続ができなかったので、撮った写真は、毎回SDカードのようなメディアに保存して、それをPCなどで読み込まないといけませんでした。

中華アクションカメラは「モバイルファースト」の時代とは思えないほど、GoProより完成度が低かったのです。

ところが近年、中華アクションカメラの各ブランドはめきめきと実力をつけていきました。

今回紹介しているEKENのH8Rはかなりの画質を誇っていますし、WiFi接続も実現。

写真はすぐにスマホで楽しめますし、なんならスマホからカメラを操作することもできます。

これが1万円程度なのは驚きです。

EKENのH8Rの使い方は?

さて、EKENのH8Rを実際に使ってみましょう。

H8Rは、本体をそのまま使って写真を撮れますし、WiFi接続でスマホから操作するのも可能です。

EKENのH8Rの本体で撮影してみる

まずは本体だけで撮影してみましょう。

本体には3つだけボタンがあります。

電源を入れるには前面の「mode」ボタンを押します。

起動が完了すると、背面のディスプレイが映ります。

後はカメラ上面のシャッターボタンを押すだけです。

すごく手軽に起動するので、ささっと撮影を楽しめます。

EKENのH8Rをスマホで操作してみる

今度はスマートフォンで操作をしてみましょう。

画質を意識しないのであれば、スマートフォンでの操作がとても便利で良い感じ。

スマートフォンでぜひ押さえておきたい操作は2つです。

  • スマホで撮影をコントロール
  • WiFi接続でスマホに画像をかんたんに移行

簡単!スマホとH8RをWiFi接続

それではいきましょう。

まずは専用のアプリケーションを「ez icam」と検索してインストールしましょう。

アプリのインストールが終わったら、電源ボタンのすぐ側面の「Wi-Fi接続」ボタンを押してみましょう。

ちなみに割とネガティブなアプリレビューが多かった印象ですが、僕が実際に試してみたところ、いちどもWi-Fiの接続に支障はありませんでした。

さて、これでカメラのWi-Fiが起動したら、今度はスマホ端末のWi-Fiを起動しましょう。

今回はiPhoneで「iCam-H8R_VR360_000741」というWi-Fiをキャッチしましょう。

これを選択し接続を試みます。

接続が完了したら、先程のアプリに戻りましょう。

そうすると画面の右下に接続と言うボタンが出ますので、こちらを選択。

これでカメラとスマートフォンのWi-Fi接続が完了しました。

カメラをスマホで操作してシャッターを切る

さて、カメラのレンズがとらえた風景をスマホから見てみましょう。

ここだ!と思った風景があれば、赤いシャッターボタンを押すだけ。

すごく簡単です。

え、これだけ?

はい、これだけです。

他にも写真を撮る以外に、4Kの動画を撮るのもOK。

もともとアクションカメラは、迫力ある動画を撮るために開発されたのが起源ですから、本来は動画に特徴があるんですね。

ただし、スマホでの操作では画質の制限があるので要注意です。

撮影したデータをスマホに簡単にインポート

さて、いままで撮りためた写真を見たいと思ったら。

画像(左)の赤丸で囲ったボタンを押してみましょう。

すると画像(右)のように撮りためた写真が一覧で表示されます。

※ 写真の並び順はランダム!

さて、次に下の画像(左)の①のボタンを押すと、スマホに取り込む写真を選択できるようになります。

スマホに取り込む写真が決まったら、②に雲のマークを押しましょう。

これでスマホに画像が取り込まれ、画像(右)のようになります。

うん、なかなか簡単です。

中華アクションカメラEKENのH8Rの全体的な感想

今回は中華アクションカメラEKENのH8Rをレビューしました。

  • スマホで撮るよりも迫力のある写真
  • GoProに近いクオリティ
  • 価格は安め

の条件をみたすカメラが欲しいのであれば、EKENのH8Rはおすすめです。

僕は前にGoProを友人から借りたことがあって、そのときもパシャパシャと綺麗な写真をとっていたんですね。

まさにあの頃に味わった感覚が戻ってくるというか…。

ただし、GoProのまったくの代替えとなるわけではないので要注意です。デザイン、ブランド、コミュニティの大きさなど。

それでも、まずは迫力ある写真を!まずは綺麗で見応えのある動画を!と思った時には中華アクションカメラで充分でしょう。

このなかでもEKENのH8Rを選んだのは、英語で検索しても比較的ポジティブなレビューが多かったからです。

あとは「Best Chinese action camera」などと検索しても、レビュー記事が結構見つかったというのもありますね。

実はこのEKEN社も、やっぱり「中国のシリコンバレー」と形容される、深センに拠点を構えている会社です。

EKENは群雄割拠の深センで10年以上も生き残っているハードウエアメーカーです。

2006年創業で、MP3プレーヤーを世に送り出してからはアクションカメラの領域に注力し、メキメキと力を伸ばしているようです。

EKEN社のH8Rはアマゾンで売っていない場合がありますが、香港のガジェット専門ECサイトのGEARBESTであれば日本円でも簡単に手に入ります。

ぜひチェックしてみてくださいね。

https://www.gearbest.com/action-cameras/pp_1617040.html

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

よく聞かれるのが「オーストラリアに旅行に行くんだけど、WiFiレンタルって必要なの?」という疑問です。 絶対にWiFiが必要というわけではないのですが、普通の人であればWiFiルーターをレンタルしたほ ...

-ガジェット, テクノロジー

Copyright© ToLIVE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.