【日本語解説】旅行アプリの破壊者「Google Trips」が待望のアップデート!

更新日:

2016年の9月に世界中の旅行者に期待をもたらし、日本中の人々にほんの少しの落胆を与えたのがGoogle Trips。

このアプリはユーザーに自動的に旅程を提案し、なおかつオフラインでの使用にも耐えるタフなやつ。

さらに世界中の都市をカバーしており、その都市特有の交通、飲食事情も網羅している優れものです。

超ワクワクのアップデートに、思わず来月の韓国への旅行を決定してしまいました笑

【日本語解説】Google Tripsが今までの旅行を劇的に変える?使い方まとめ』という記事でGoogle Tripsの使い方を具体的に見ていきましたが、今回はこの破壊的なアプリケーションがどのようなアップデートを遂げたのかを見ていきます。

僕がもっともすごいと思うのは、Googleが保有するあらゆるサービスとユーザーもろとも壮大な融合を成し遂げてしまうのではないのかという点です。

では見ていきましょう。

※2017年9月6日にGoogle Tripsは日本語対応となりました!

Google Trips公式ページ(英語)


Google Tripsの新機能① 予約情報の項目と編集機能の増強

ただGmailに届いた情報がシンクロしているだけではありません。

左スクリーンショットの右下の紫のボタンを押すと、右スクリーンショットのように各予約情報を追加 / 編集できる。

Gmailに届いた航空券のチケット情報やホテルの予約情報がGoogle Tripsにも同期されています。

はじめてGoogle Tripsに触れた時にいかにもGoogleらしいなと思ったこの機能。

しかし、今度のアップデートでユーザーは自由に予約情報を編集 / 追加できるようになりました。

たとえば以下のような項目。

追加できる項目

  • レストラン
  • レンタカー
  • ホテル
  • 航空券

これに加えて、自由に書き足し可能なノート機能が追加されました。

左スクリーンショットは航空券予約の編集画面、右はノート機能。

予約情報を誰かに送信してしまっても、ノートはプライベートなものとして尊重され、共有されないみたいです。

ちなみに、僕個人がもっとも海外旅行で役立ったなと思った機能は、この予約情報の参照機能でした。それについては以下で解説しています。

Google Tripsの新機能② 予約情報の共有

せっかく綺麗にまとまった旅行情報。これが友人や家族にも共有できたらどんなに便利でしょう。

左のスクリーンショットの右上の赤丸を押すと、右のスクーリンショットのようにメール送信画面が起動する。なお、お使いのGmailアカウントで、過去にやりとりしたことのあるアドレスがレコメンドされるようになっている。

アップデート前はユーザーの予約情報はGmailアプリ側からシンクロナイズされるだけでした。

しかし、今回のGoogle Tripsのアップデートは違いがはっきりしています。

予約情報はひとつに集約され、簡単にメールで送信することができるようになったのです。

この共有までの操作感は一般消費者向けファイルストレージサービスの「Google Drive」や法人向けグループウェア「G Suite」にも通じるものがあります。

でもGmailアカウントが必要になるんでしょ?なんて思った方もいるかもしれません。大丈夫です。Googleアカウントをもたないあらゆる友人にメールで情報を共有することができます。

公式発表によるGoogle Tripsのアップデート情報

どうやらGoogle Tripsのアップデートは「自動的な機能」と「手動的な機能」の二つだそうです。

Google Playでの公式発表によれば以下の二つ。

Google Playの公式発表

  1. 航空券やホテル予約を手動で追加
  2. Gmailの電車とバスの予約情報も自動的に解析

つまり目玉はメールに届いたあらゆる予約情報が解析され、一つにまとめられるということです。

もともとGoogle Tripsは機械学習の手法が用いられ、ユーザーに自動的に最適な旅行プランを提供するというものでしたが、ユーザーが自由にいじれる箇所が限られていて少々柔軟性に欠けるな、という印象もありました。

しかし今回のアップデートで「自動的にカバーされる範囲」も「ユーザー自身の手で旅行をアレンジできる範囲」の双方が広がったのです。

Google TripsとGmailとGoogle MapとGoogleローカルガイド

Google TripsはあらゆるGoogleサービスの集合体になり、やがてGoogleはすべてのGoogleサービスを水平統合させていくのではないでしょうか。

前回書いたGoogle Tripsの記事でも私見を述べましたが、Google TripsはGmailやGoogleマップといった10億人以上のユーザーを抱える「Billionサービス」によって成り立っているだけでなく、ユーザー主導の口コミサービス「Google ローカルガイド」のもはや神秘的なまでの融合体となっています。

それはGmailのテキスト解析はもちろん、Google Mapの物理的な情報、さらに各ユーザーの感想や評判がGoogle Tripsを誕生させたということです。

人工知能の分野にも注力するGoogleは、Googleフォトのように自身のサービスを半ば自動的に成長させていくといっても過言ではないでしょう。

そこに「血の気の通った口コミ」がたくさんのローカルガイドの手によって紡がれ、新たな世界観を築き上げているかのようです。

まとめ

「世界中のあらゆる情報を整理して、誰もが使えるようにする」

この理念がGoogleのたくさんのサービスたちに貫かれています。Youtubeは「動画情報」、Google Mapは「物理空間の情報」を、そしてGoogle Tripsは「旅行の情報」を誰もが使えるようにしています。

たとえユーザーが「オフライン」であろうとも、Google Tripsにはあらゆる旅行情報を提供させようとする強い意志すら感じさせられます。

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

オーストラリアに旅行に行く前に、WiFiを用意するかどうか、そしてどんなWiFiを用意すべきか迷いますよね。 出発がもうすぐに迫っているけど、どのWiFiを選んだらいいのか、どれに気をつけるのか分かり ...

-サービス, テクノロジー
-, ,

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.