トランジットを楽しもう!空港での過ごし方と外出する際の4つの判断基準

更新日:

長距離飛行だったり格安航空券の利用時には、なかなか避けられないのがトランジット。

わずかな時間の乗り継ぎから、半日 ~ 24時間にもおよぶ長時間乗り継ぎまでさまざまでしょう。

そんなトランジットは多くの人にとって歓迎されるべきものではないかもしれません。

でも大丈夫です。

今日ご紹介する4つのパターンを把握しておけばトランジットの時間でも十分に有意義な時間を過ごせます。

むしろトランジットだからこそできる楽しみ方を探してみましょう。

トランジット(乗り継ぎ)が付いている航空券の意義は?

さて、本題に入る前にトランジットが付いている航空券の意義を考えてみましょう。

自分が選んだ(選ぼうとしている)航空券に「乗り継ぎ1回」と書いてあるとうんざりしませんか?

時間がかかる…直行できない…。なんて具合です。

でもうんざりする必要はありません。僕は旅程が長めにとれそうであれば、積極的にトランジットのある航空券を選ぶようにしています。

その理由は大きく2つ。航空券が安く、しかももう1都市への小旅行が味わえるからです。

トランジット(乗り継ぎ)がある航空券は比較的安価

やはり一番は費用面。直行便であれば最短時間で目的地へ向かえますが、乗り継ぎ込みのチケットに比べて割高になります。

また、直行便よりも、トランジット込みの航空券 + 空港内(外)宿泊という選択肢のほうが費用を抑えられるケースがあります。

 直行便のチケット > 乗り継ぎありチケット + 宿泊代

これはアジアの新興国でのトランジットでよくあるパターンです。

僕が2014年にシンガポールに行く際、航空券の価格差は「直行便 VS 乗り継ぎ有り」のもので15,000円ほどの差がありました。ベトナム = ハノイ経由だったからです。

 直行便のチケット -  ( 乗り継ぎありチケット + 宿泊代 ) = 15,000円

中継地のベトナム = ハノイの宿泊費が1500円程度(後述)でしたので迷わず乗り継ぎ有りのチケットを手配しました。

トランジット(乗り継ぎ)で興味が広がったりリラックスできる

自分の好きな目的地に直接訪れるのは理にかなってはいます。旅行では何かと時間が限られていますからね。

ですが興味や関心のない国を強制的に経由させれるのが、よくもわるくも乗り継ぎ有りの航空券です。

そうした機会があると今までなんとも思わなかった地域や文化への関心が広がったり、反対に退屈な思いをしたり。

その結果として、自分の好きなものがどんなものかくっきりしますね。

トランジットで外出してみると、自分の視野を広げるだけでなく旅行における価値観をはっきりとさせてくれるのです。

シンガポール=チャンギ空港の様子

もちろん空港外へ出ないでも、設備の整った経由地を調整すれば、ストレスなくゆっくりと乗り継ぎ時間を過ごせますね。

これについても記事後半の空港内でのトランジットの過ごし方のセクションで見てみましょう。

トランジット(乗り継ぎ)での過ごし方は大きく4つ

トランジット(乗り継ぎ)には大きく4つの過ごし方があります。

空港の「中」または「外」で過ごすか、「行動する」か「宿泊する」かのそれぞれ4つの組み合わせです。

下に判断基準とそのときの選択肢をまとめたのでご覧ください。

ちなみにトランジットの際にイミグレーションを通るかどうかの判断は、6時間の滞在が可能かどうかが分かれ目です。

乗り継ぎ2 ~ 6時間未満 | 空港の「中」で「行動」する

乗り継ぎ時間が2時間 ~ 6時間未満の場合はこちらがおすすめです。

基本的にはカード会社や航空会社のラウンジで過ごしたり、空港内でのモールやベンチで過ごすなどが一般的。

僕の場合は基本的にラウンジで過ごすことが多いですね。電源も確保できて飲食にもコストがかかりません。

中にはマッサージチェアやシャワー室といった施設を備えるラウンジもあります。

ですのでちょっと汗を流そうと思った時や小腹が空いた時にもラウンジですぐに対処可能です。

こうしたラウンジを利用する際にはプライオリティパスを携帯していれば簡単に利用できます。

プライオリティパスさえ携帯していれば無料で利用可能ですが、そうでない場合は現金で利用料(3000円が一般的)を支払う必要があります。

ラウンジ利用のための方法はまた別記事でご紹介します。

他にも「ハブ空港」を標榜する空港であればショッピング施設は充実している場合が多いので、体力の許す限り歩き回ってみるのも悪くないです。

特に日本からほど近いシンガポールのチャンギ国際空港や、マレーシアのクアラルンプール国際空港は大いに楽しめることでしょう。

乗り継ぎ時間 6 ~ 12時間未満(昼間) | 空港の「外」で「行動」する

行ったことのない土地を楽しむという動機が根本にありますが、時間の制約がこの選択肢を取らせます。

トランジット6時間以上12時間未満、経由地への到着が昼間の時間帯であった場合はこのパターンがおすすめです。

香港国際空港での9時間の乗り継ぎで実際に試してみました。

経由地である香港での到着が昼過ぎ、出発が夜遅くであったので宿も取らずに乗り込みました。

沢木耕太郎氏の『深夜特急』という小説の最初の舞台となった香港。

まずは空港から九龍駅に向かって下車。辺りを散策し、小説にも登場したネイザンストリートを歩き、きらびやかで派手なネオンの風景に酔いしれます。

夕食の時間も近づいてきたので気ままにレストランに入ったはいいのですが、家族向けのレストランに単独で入る格好となり、店内の注目を浴びたのは恥ずかしかったです。

注文した料理はとてもおいしく、金額はそれに対応してか予算ぎりぎりとなりました。

そして香港の中心街から眺める、いわゆる「百万ドルの夜景」を見てみたかったのでそちらに移動し写真を撮りまくりました。

それでも飽き足らなくなって反対側からも撮りまくる。そしてちょうどいい時間になったので空港へと向かいます。

このように9時間もあれば空港の外に出て観光することが可能です。

僕の友人でもトランジットのわずかな時間に香港のディズニーランドに立ち寄ったという話を聞いたとこがあります。

もしまだまだ見たりない!なんてことがあれば、ぜひとももう一度訪れてみると良いでしょう。

乗り継ぎ6 ~ 12時間未満(夜間)| 空港の「中」で「宿泊する」

深夜に経由地へ到着した場合に適した選択肢です。

具体的には空港の設備に依る部分が大きく、また治安の関係、移動距離の大きさによってはわざわざ空港外へと移動すべきではないときに有効です。

また、宿泊費用を抑える最善の手段のひとつです。

僕は韓国とマレーシアで空港内の宿泊を試みました。

韓国の仁川空港で過ごしたときは厳冬だったのでめちゃめちゃ寒かったです。

仁川空港の到着ロビーのベンチで寝たのが悪かったのですが。

一転してマレーシアのクアラルンプールで空港泊をした時はなかなか快適でした。

イスがたくさん整備されている以外に、雑魚寝スペースがちゃんと用意されていたからです。

ちなみに僕のせいで友人が空港泊を余儀なくされた出来事がありました。

メルボルン空港という特定の場所での体験ではありますが、空港内にどういった設備があるのか?という視点を提供しているわかりやすい記事になっています。

オーストラリアのメルボルン国際空港で空港泊をしてみました

乗り継ぎ12 ~ 24時間(昼 / 夜)| 空港の「外」で「寝泊り」する

乗り継ぎ時間が12時間以上で、次の便の出発までに夜間の時間帯を過ごさなければいけないときにおすすめです。

ちなみに僕があえてこうしたトランジットを含む航空券を購入するのは、行ったことのない国への小旅行がプラスできるためでもあります。

初めて空港外のホテルで乗り継ぎ時間を過ごしたのベトナム=ハノイのノイバイ国際空港でした。

一泊1500円程度で空港から数キロ圏内の立地で、乗り継ぎ16時間の滞在。

人々の生活の様子をかなり間近で見られたのは興味深かったですし、とにかく散歩して歩き回るのが面白かったです。

他にも韓国のソウルでのトランジットの際に市街へと出て泊まりました。

ソウル=明洞エリアのホテル。まるで日本のラブホテルのような作りに一人驚く

この時は乗り継ぎ18時間程度。

一泊7000円程度と決して安くないホテルでしたが、どうやら歓楽街の一画だったらしくたくさんの男女とすれ違うはめになりました。

もちろん僕は1人でした。

小腹が減ったので屋台で食料を調達

どちらも海外旅行にあまり慣れていない時の経験です。

兎にも角にも行ったことのない地域への渇望が抑えられませんでした。

なのでこうした1日足らずの乗り継ぎ時間であっても積極的に他の国や地域へと足を誇んで異国情緒を楽しんでいました。

トランジットの過ごし方まとめ

今回のテーマは乗り継ぎ時間を有効活用するにはどんな方法があるのかということでした。

空港内で過ごすもよし、空港外を散策したり、近隣で宿泊を試みるもよし。

そんな楽しみ方が、一見すると「面倒くさそう」なトランジットを劇的におもしろいものへと変えてくれることでしょう。

トランジットの存在のおかげで一回の渡航で複数の地域を楽しむことができます。

その一方で航空券代を節約した分だけ空港内でリラックスしたり、メインの訪問地で我慢なく遊ぶのも可能です。

僕の場合も航空券を選ぶ際はあえてトランジット先もチェックして旅の幅を広げられないかと腐心します。

やはり気をつけるべきは経由地の選択です。

ハブ空港であれば設備も充実しているかもしれませんが、深夜の到着の際に無名の空港で過ごすにはあまりに退屈かもしれません。

なので金額を抑えたい場合でも「どこ」を「どのよう」に「どれくらいの時間」で経由するのかは注意です。

とはいえ良くも悪くもあまり計画通りにいかないのが旅のおもしろさ。

自分の趣味趣向、費用とスケジュールを考えて、一番納得がいくプランを立てられれば最高ですね。

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

  海外旅行で使えるアプリをお探しですか? 旅行に出かけようと思っても、どんなアプリをインストールしておけば安心なのか悩みますよね。 いろいろな種類がありますし、そのアプリを使えば何が便利に ...

沢木耕太郎の『深夜特急』が導いた旅 4

ラオスで出会った旅人たちは沢木耕太郎氏の『深夜特急』に魅了されていた。 旅先で出会った日本人バックパッカーは言った。 「俺も読んだよ、『深夜特急』」 ラオス=バンビエンは東南アジアのバックパッカーが多 ...

5

トランジット時の過ごし方で悩んでいませんか?
長距離飛行だったり格安航空券の利用時には、なかなか避けられないのがトランジット。
今回の記事では、トランジットを少しでも有意義な時間にする方法をご紹介いたします。

-海外旅行
-,

Copyright© ToLIVE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.