【日本語解説】Google Tripsが今までの旅行を劇的に変える?使い方まとめ

更新日:

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-20-51-35

Googleは2016年9月20日(日本時間)、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"Google Trips"をリリースしました。

当該サービスは現在iOS・Androidアプリで提供されています。

ただ2016年9月21日現在、アプリは英語のみ対応となっていますので具体的な使い方を日本語でまとめてみました。

※2017年9月6日付けでGoogle Tripsは日本語対応となりました!本当に嬉しい!

使ってみた感想はというと、操作性に課題はあるものの、非常に興味深くて今後楽しみなアプリに間違いなしかなといったところ。

ただ、平易な英語で書かれているので難しくはないのですが、Google Mapなどのアプリに慣れている方が使いこなしやすいのかな、という感じです。

なので今回の記事で、何ができて、実際にどのように使うのかを押さえてしまいましょう。

かなりのボリュームですがこの記事を読めばGoogle Tripsが一体どのようなものかの全体像が明らかになることでしょう。

※2017年4月27日追記Google Tripsが大きくアップデートされました。さらに多くの旅の情報を一箇所に集約し、友人にも共有できるようになりました。アプリの完成度が徐々に高まっています。

【日本語解説】旅行アプリの破壊者「Google Trips」が大きなアップデート!

※リリース当初の記事のままお送りします。Google Tripsがローンチされた当初はどのような機能を備えていたのかに注目です。


Google Tripsが旅行計画の手間を解決

img_20160809_131947

旅行を計画したはいいけど以下のような面倒なことがありませんか?

旅行計画で面倒なこと

  • 購入した航空券のEチケットの管理が面倒
  • 旅行期間に応じた旅程を立てる手間
  • オススメスポットを調べる手間
  • 調べたスポットを効率的に回れるのかどうか
  • 交通手段の確認
  • 旅先での注意点

これらの手間は旅行計画を立てる上では「楽しみだけど面倒」な作業であるかもしれません。

しかしGoogle Tripsなら人工知能を用いることで、これらの手間を自動で大幅に削減してくれることでしょう。

あなたがすべきはGoogleアカウントのログインとGmailの同期だけです。

Google Tripsの使い方

img_20160804_082636

マレーシア=ペナンのコンドミアム37階より

慣れて使いこなすまでに少々の時間をとられるかもしれません。

しかし、一度慣れてしまえばGoogleのプロダクトの面影がいたるところで感じることができます。以下が使い方の概要です。

Google Tripsを使いこなす5STEP

  1. アプリのインストール / 設定
  2. 旅行先と滞在期間の選択
  3. 詳細な旅程の決定
  4. 関心のあるスポットのチェック
  5. 把握すべき交通期間 / 注意点

このように5つのSTEPに分けて追っていきます。さあ見てみましょう。

STEP1 アプリの初期設定

まずは公式サイトにアクセスしてアプリをインストール / 起動します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-21-10-32

すると最初の段階で3つのポイントが提示されます。

  • あなたの好みと、時間・場所・天気も考慮して旅程を計画
  • Gmailにある航空券情報とマップに保存してあるデータも自動で反映
  • オフラインでも利用可能

これら3つのポイントがこのアプリを利用する大きなメリットです。ではそのままGET STARTEDを押して次に進みましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-21-31-37

すると左側の写真にあるようにG-mailと連携するかどうかを選択できます。

これは是非とも連携すべきですのでGOT ITをタップしましょう。

G-mailで受信した航空券等の予約情報が一括して管理できるようになります。

そうすると、過去に訪れた都市が、以前購入した航空券チケットの情報をもとにアプリに表示されるのです。

右端にあるように、日付や期間、利用した航空会社やフライトナンバーまで正しく反映されています。

STEP2 旅先と期間を決定

次に旅行先と滞在期間を決めましょう。今回は試しに東京での旅行を計画してみることにします。

画像(左)の写真で"Where do you want to go?"とあるので「東京都」と入力してみましょう。すると画像(中央)のようになります。ここで"CREATE TRIP"をタップして画像(右)に移行しましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-21-41-23

ここで旅行期間を画像(右)の中央部分で9/21 - 9/23としておきましょう。今回は東京1都市のみの旅行と仮定して、下側の"ADD DESTINATION"は空欄のままにします。そのまま"DONE"を選択します。

STEP3 旅先で行くところ・やることを決定

STEPも中盤にさしかかります。次は具体的な旅程を決めてしまいましょう。というより、Google Tripsに決めてもらいましょう。STEP2を済ませると下の画像の左側のようになります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-22-04-02

この画面では下部までスクロールすると計7つの項目が選択可能で航空券等の予約の確認、押さえておくべき情報が選べます。ここでは画面(右)の上部の水色の"Day Plan"を選びます。ここからがGoogle Tripsの真髄。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-22-27-01

なんと最初に決定した滞在期間である2泊3日に最適なプラン(左)を、さらに子供連れの場合のプラン(中央)もサジェストしてくれるのです。今回は上野と浅草周辺をめぐる"Top Sights around Asakusa & Ueno"を選択します。

また右側の画像にあるように、滞在時間や移動手段と所要時間まで教えてくれます。さて、以下の3枚も左から順にみてみましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-23-13-10

画像(左)では画面中央にGoogle Mapの地図上にスポットが展開され、下部にユーザーの口コミと評価が表示されています。ここで紫色で囲った鉛筆アイコンを選択すると画像(中央)に遷移します。

ここではオススメされたプランを自分の都合に合わせてカスタマイズできます。

次に画像(中央)の紫色の丸を選択すると右側のようにプランを午前 / 午後 / 終日の3つで調整できます。さらに"Day of the week"を選ぶと、プルダウンが展開され、訪れる曜日まで選択できます。

もちろん、提案されたプランが気に入らなければ、下の画像(左)の紫色の丸にあるボタンをタップすると違ったプランを提案してくれます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-23-01-17

画像(左)のピンク色のボタンをタップすると画像(中央)のようになり、別のプランが瞬時にレコメンドされます。

何度か違うプランを見て気に入ったプランが見つかったところで、画面(中央)上部のアイコンを選択するとプランが決定し、保存されます。すると自分の"Day Plan"に画面(右)のように旅行計画として追加されます。

これであなたの旅行計画はできたも同然。

STEP4 旅先で興味のあるスポットや飲食店をメモ

さあ、使い方のSTEPも60%が終了しました。ここまでで大まかな旅程が立ちましたので、次は自分の興味のあるスポットや飲食店を探してみましょう。

行きたいスポットを押さえる

まずは最初の7つの項目からなるページに移り画像(左)にある"Things to do"を選択します。

すると画像(中央)にあるように様々なカテゴリーからなるスポットの数々が表示されます。ここで「行ってみたい」「興味がある」場所を見つけたら画像(右)にある☆をタップして黄色に変化させておきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-23-19-57

☆印が変化すると何が起こるかは、次の見出しでご紹介します。

ちなみに東京の場合は有名なスポット、口コミ投稿者のオススメ、温泉、子供向けなど11ものカテゴリーが用意されています。

行きたい飲食店 / ご当地料理を押える

再び最初の画面に戻りましょう。

次に画像(左)の赤丸で囲われた"Food & Drink"で自分の行きたい飲食店やローカルフードを探してみましょう。

画像(中央)の"OVERVIEW" では東京で楽しめる料理やローカルフードについての概要が記載されています。その隣の"TOP SPOTS"を選ぶと画像(右)に遷移します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-23-31-36

行きたいスポットを決めたのと同じ要領で、☆印をタップして飲食店をチェックしておきましょう。そして最初の画面に戻り、下の画像(左)の"Saved places"を選択します。そうすると先ほど☆印でチェックしたスポットや飲食店が画像(中央)で一覧表示されます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-23-42-59

画像(中央)でリスト表示されたスポット / 飲食店をタップすると画像(右)にあるように詳細が表示されます。ここでルート案内や営業時間を改めてチェックできます。便利な機能です。

ちなみに、この☆印を黄色から元の色に戻すと、自分のリストからその項目が消去される仕組みとなっています。Google Mapのアプリとほぼ同様の機能となっていますね。

STEP5 交通手段や押さえておくべき情報をチェック

いよいよ作業も大詰め、最後のSTEPです。最後に交通手段や押さえておくべき情報をチェックしておきましょう。

交通機関をチェック

最初の画面に戻り、画像(左)にある"Getting around"を選択します。すると画像(中央)に遷移するので、ここで交通機関に関する情報が得られます。このアプリは海外旅行をメインにしているためかまずは空港到着時のアドバイスが表示されます。

他にもタクシーやUberなどのライドシェアに関するもの、電車や車での移動に際してのアドバイスと便利なサービスを提供している会社(日本交通さん、さすがです)等の情報が得られます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-23-56-36

ちなみにタクシーの項目では「日本のタクシードライバーは英語を話さないので、行き先を日本語で記して運転手に伝えると良い」なんてちょっと複雑な気持ちになるアドバイスもありました。

これに加えてタクシーで新宿等に移動した場合の目安運賃が記載されており、至れりつくせり「おもてなし」が体現されているような気さえします。

押さえておくべき情報をチェック

これが本当の最後です。画像(左)の"Need to know"を選択します。すると救急や両替、インターネット環境に関する情報が表示されます。

どれも旅行前に一度はチェックしておかなければならないものですね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-0-09-22

ちなみに東京のネット環境について「多くのホテルでは無料でWi-Fiが提供される場合が多い」とあり、確かにうなづけます。

しかし「レストラン・カフェ・バーと同様に地下鉄の駅では無料Wi-Fiが提供される」とあり、そこまで飲食店のWi-Fi環境って良かったか?なんて考えたくもなりました。

以上5つのステップをご紹介しました。ではでは本稿も終盤です。

※そのまえに2017年4月27日アップデート情報をまとめました。

【日本語解説】旅行アプリの破壊者「Google Trips」が待望のアップデート!

Google Tripsでできること

さて、このGoogle Tripsが僕らの旅行にどんな大きなインパクトを与えるでしょうか。

image

オーストラリア=メルボルンの海岸

まずは旅程を決めてくれる点です。

初めて訪れる場所でどのような旅程を組むべきか、わからないことも多いですよね。

しっかりと計画を立てないと限られた滞在時間を無駄に過ごしてしまう恐れもあります。

Google Tripsではそうした不安に大きな道標を用意してくれます。

このアプリでは移動時間から訪れる場所の順番まで提案してくれるのですから。

さらに提案されたスポットを離陸点にして、その周辺、または関心のあるスポットや飲食店も旅行計画の延長上に捉えることができます。

提案されたルート / プランでは多くの場合写真が表示され、記載されたテキスト情報を頼りに旅先をよりリアルに想像することができるからです。

いよいよ旅の支度ができても慣れない異国の地の交通や両替、ネット事情には不安が残ります。

それについてもGoogle Tripsはある程度の網羅性ある情報を提供してくれています。

東京のネット事情に関しては今後情報の更新がなされるのを期待するとしましょう。

これだけではありません。自分が立てた計画を、なんとインターネット環境がなくてもデバイスへの保存が可能なのです。

ここが最も衝撃的な点ですね。以前なら旅先で集めた記事や情報はオフラインでも閲覧できるような準備が必要でした。

ところがGoogle Tripsではそうした情報はもちろん、訪れる都市に関する情報と自分の旅行計画を丸ごとオフラインでも参照できるのです。

まとめ / 思ったこと

img_20160915_082722

このアプリが一刻も早く日本語化されるといいなと思います。

世界的な旅行系サービスであるトリップアドバイザーも今頃震えていることでしょう。

ちなみにこのアプリが成り立つまでに想像できないほどの険しい道のりがあったと思います。

口コミを提供した世界中(もちろん日本も)の「ローカルガイド」と呼ばれる人々、Google MapやGoogle+でおなじみの、「マイプレイス」に登録してきた様々な飲食・商業施設、G-mailのテキスト解析や機械学習や深層学習と呼ばれる先端技術。

他にも様々なサービスと蓄積された技術が合わさって登場したのがこのGoogle Tripsです。

今まではスカイスキャナーで航空券を選んで、エクスペディアで宿泊先を探す。

さて、どの観光スポットをどの順に回ろう?あれ?そういえばこのルートって無駄が多くない?しかもこの辺て飲食店あるの?Wi-Fiは?

これらの作業はバラバラにおこなわれていてたことでしょう。

僕はある程度旅慣れた今となっては、こうした煩雑な作業も旅の醍醐味として楽しめるようになりましたが、初めての海外旅行や滞在先ではそうも行きませんでした。

当時の苦労も今ではいい思い出。そして今となってはこんな画期的なアプリさえ生まれてしまったのですから。

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

よく聞かれるのが「オーストラリアに旅行に行くんだけど、WiFiレンタルって必要なの?」という疑問です。 絶対にWiFiが必要というわけではないのですが、普通の人であればWiFiルーターをレンタルしたほ ...

-サービス, テクノロジー
-

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.