【日本語解説】航空券比較サイトmomondoの価値は分析力!格安航空券を探すより有益な使い方を紹介

更新日:

格安航空券を求めてmomondoという英語のサイトにやってきたはいいけれど、momondoだからすごく安いってわけでもなさそう…。

しかも日本語対応しているわけではないし、デフォルトだと通貨はユーロ表記になっていたり、ちょっと使い勝手が悪そうです。

実は僕もかつて「英語での操作になるけど、momondoってサイトは網羅量がすごいから安いチケットが見つかるかも」ということでmomondoのサイトを見ていました。

ところが数週間や1ヶ月少々先のチケットならそこまで激安!って感じでもないですし、言ってしまえばskyscannerと変わらないと思いました。

拍子抜け寸前のところでもう一踏ん張り。

momondのサイトをくまなく見てみると、「momondo = 安いチケットが手に入る」という認識を改める必要があるなと感じました。

そして「momondo = 安いチケットを手に入れるのに有益な情報をくれるサイト」というイメージが固まりました。

さて、今回はmomondoのもっとも価値のある「分析力」について見ていきましょう。


日本語非対応だけど格安チケットならmomondo?概要と特徴

momondoはデーンマーク発の航空券比較サービスの一種で、1000以上もの航空会社および旅行サイトの航空券情報を提供しています。

同様のサービスだとskyscannerあたりがかなり有名で、誤解を恐れず表現するとskyscannerの英語版といったところ。(skyscannerは日本語から英語に切り替え可能)

確かにmomondoは、「老舗」のskyscannerに比べるとサービスローンチは後発で、売上も提携航空会社数も少ないです。

個人的にはデザインや操作性の観点だとやはりskyscannerの方が優れていると思います。

しかし、skyscannerとは大きく異なる点が「Flight Insight」を提供している点にあります。

momondoの「インサイト」はすごい!膨大な航空券価格のビッグデータからの洞察

momondoの「Flight Insight」はその航空券の価格が変動する6つの条件を航路別に分析し、ユーザーがより安く、より有利にチケットを購入できるための洞察を与えてくれるものです。

以下に6つのポイントをご紹介します。

  • 航空会社
  • シーズン
  • 出発までの日数
  • 出発曜日
  • 空港
  • 時間帯

これらの切り口でもっともチケットが安くなるための条件がmomondoで紹介されています。

例えば東京 - クアラルンプール間での航空券の購入を検討しているとすると、momondoでは最安チケット入手のために次のような分析結果を与えてくれます。

  • 最安航空会社:Peach
  • 最安シーズン:第7週(2月中旬頃)
  • 出発までの日数:57日前までにチケットを購入
  • 出発曜日:金曜日
  • 空港:成田 - クアラルンプール
  • 時間帯:午後

これらは2017年7月1日現在、612,000回ものフライト情報からはじき出された数字です。

こうした分析結果を元に、いつ・どの路線のチケットを買うか検討できるのです。

ですので、自分の予定と行き先に合わせてmomondoの「Flight Insight」を使いこなせられれば、以前よりも安価に格安航空券を入手できることでしょう。(「Flight Insight」の使い方や見方は後述)

ちなみに上記の分析結果で、最安航空会社がエアアジアxではないのが気になった人もいるかもしれません。

エアアジアはマレーシア=クラルンプールを本拠地とするLCCですし、セール等で目にする価格ではPeachよりも圧倒的に安価だと思います。

しかし、エアアジアはセールや2ヶ月前の段階ではかなり安めにチケットを販売するのですが、出発までの日数が少なくなってきた途端に倍以上の価格になっていたりします

ですので、その航空会社のその便の価格の推移を平均した結果、最安航空会社:Peachということになったのだと推測されます。

- 関連記事 -

超簡単!イケてる航空券価格予想アプリ「Hopper」が本当にオススメな理由

海外旅行での相棒!Googleフォトが写真自動管理アプリとして最強な理由

momondoの「インサイト」の使い方を日本語解説

さて、momondoの「Flight Insight」の使い方について見ていきましょう。

まずはトップページで「出発」「到着」「日取り」を入力しましょう。

今回は東京(Tokyo)とクアラルンプール(Kuala Lumpur)間のフライト、8/9往路出発、8/14復路出発として進めます。

黄色線で囲った部分に都市名(空港名)を入れて、オレンジの部分をクリックして日取りを入力しましょう。これが完了したらSearchボタンをクリック。

すると先ほど入力した条件で最安順に航空券の検索結果が出力されます。

そのままオレンジ色に囲った「Flight Insight for Tokyo to Kuala Lumpur」をクリックしてみましょう。

さて、今回の記事のメインに到着です。

このように東京 - クアラルンプール間の航空券情報に関する分析がわかりやすく整理されています。

このページをくまなくチェックしておけば買い時の目安もわかりますし、出発予定日から逆算して「今は購入すべきではない」といった意思決定の材料になりますね。

実はすごく面白いmomondoの「インサイト」

ちなみに先ほどの画面の上部の各タブ(オレンジ色に囲った部分)の「Airline」「Seasonality」「Days to departure」をクリックすると、なかなか興味深いデータとグラフを見ることができます。

こちらが「Airline」のグラフで、東京 - クアラルンプール間の航空券価格に、どの航空会社が航空券価格の平均にどれだけの影響を与えているのかを表しています。

このグラフをみると、ANAの航空券価格は東京 - クアラルンプール間のチケット価格の平均を相当押し上げているのが一瞬でわかります。

つまりANAはこの路線ではまるで価格競争力に乏しい中、各社と競争しているのだと推察できます。

ただし、momondoユーザーの多くはAirAsiaやJAL同様に、ANAも頻繁に利用するという分析も併記されています。

また、JALやシンガポール含めたナショナルフラッグではなく、軒並みLCCの主戦場であることも読み取れますね。

次に「Seasonality」というタブの中のグラフです。

この路線では1年の第7週(2月中旬頃)が平均して最も航空券が安いはずですが、時期としては秋頃が最安期間となっています。

一般的に「航空券が安い時期」として認識されている時期でも、渡航先の祝日のスケジュールには注意が必要です。

その国ごとの連休もさることながら、マレーシアでは特にスクールホリデーの存在が挙げられます。教育期間の休暇に合わせて遠出をする家族が比較的多く、航空券の価格にも少なからぬ影響が出ると考えられるからです

またこうした全国的な休暇シーズンでは現地交通事情の変化にも注意が必要になります。

なので、こうしたグラフをもとに別のソースに当たるなどして情報収集に役立てることもできますね。

そして次のグラフは出発何日前にチケットを購入すると安いかが分かる「Days of departure」です。

一般的には出発予定日から2ヶ月以上前にチケットを購入すべきと言われており、東京 - クアラルンプール間も概ね法則通り。

出発1ヶ月前からのグラフの様子を見ると、やはり航空券の価格自体が恐ろしい生き物のように感じられます。

他にも「Day of week」「Airport」「Time of day」でそれぞれグラフが用意されています。

見ているだけでも様々な示唆・洞察が得られるこれら6つのポイント。これを武器に様々な航空券、様々な路線の情報を集めて活用していければ最高ですね。

momondoまとめ

momondoの価値は、安い航空券を網羅していることではなく、momondoが提供する航空券価格の分析情報にあります。

それは出発日やチケット購入時期等の6つのポイントにまとめられています。日本語未対応とはいえ、かなり直感的に扱えるので大いに役立てたいところ。

ただ、やはり今回紹介した6つのポイント全てをクリアするのは少々困難です。

なので航空券を購入する際にこれだけは押さえておくべきポイントをご紹介します。

  1. 航空券の購入は絶対に約2ヶ月前(必須)
  2. 出発日か帰国日は週の真ん中(任意)

1は必須ですが2は時期によっては重要ではありません。

しかし、この2つのポイントを両立するだけでも、8月中旬のお盆シーズンであっても、成田 - バンコク間の往復航空券が3万円台前半で購入できます。

ちなみに知り合いはセールを勝ち抜き往復27000円程度のチケットを入手するなどしています。

実は僕がもっと旅慣れない時には、羽田 - マレーシア=ペナン間の片道チケットに4.4万円も出費した経験があります。

その時からmomondoを使いこなせていれば…と今更ながら思います。

現代はインターネットのおかげで簡単に格安で海外旅行にいける時代。

少しでも安い航空券で、少しでも楽しいひと時を。ぜひmomondoの「Flight Insight」を触ってみてください。

- 関連記事 -

超簡単!イケてる航空券価格予想アプリ「Hopper」が本当にオススメな理由

乗継トランジットをガチで有意義に!空港での過ごし方と外出時の4つのポイント

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

オーストラリアに旅行に行く前に、WiFiを用意するかどうか、そしてどんなWiFiを用意すべきか迷いますよね。 出発がもうすぐに迫っているけど、どのWiFiを選んだらいいのか、どれに気をつけるのか分かり ...

-サービス, テクノロジー
-, , ,

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.