旅するカメラマンにはナショジオのバックパックがオススメ!

更新日:

カメラの紛失や故障を回避するためにも、旅に出る際のバックパック選びは慎重に行いたいですよね。

「National Geographic」が販売しているバックパックは、どこか冒険に出たくなるようなデザインと、優れた耐久性から一部のマニアに非常に人気があります。

実際に僕もヨーロッパを訪れた際に使用しており、その使い勝手の良さに感動したものです。

今回の記事では、National Geographicのバッグで個人的にオススメのものをご紹介したいと思います。


レンズを複数持ち歩くならリュックタイプがオススメ

こちらは、僕がヨーロッパで使用していたバッグ「NATIONAL GEOGRAPHIC カメラリュック Earth Exploreコレクション 7.1L」です。

当時は一眼レフのボディとレンズ2本を持って行こうとしており、長旅にも耐えられるものを探していました。

探しているうちに出会ったのがこのカメラバッグ。

内部がクッション製の仕切りになっているため、レンズを傷つけずに運べますし、正面から取り出すことが可能なので、スムーズなレンズ交換が可能です。

フラップ部分にさりげなくあしらわれた地図が冒険心をくすぐります。

また、旅行時は使用しなかったのですが、横のポケットには小型の三脚をダイレクトに付きさせます。

移動時に邪魔になる三脚を横に取り付けできるのは非常に便利でした。旅行時はもっぱらドリンク入れになっていましたが・・・

また、嬉しいことに背面にはノートPCを収納できるスペースがあります。

外側のポケットも基本的にクッション素材で、ボディも撥水機能付きなので、カメラ周辺機器やHDDを気軽に収納可能なのも便利です。

機動力重視ならメッセンジャーバッグを使おう

レンズをたくさん収納しても、取り出すのが面倒くさくなってしまったら本末転倒。

そういった理由から大型のカメラバッグは好みじゃない。という方も多いと思います。

そんな方にはメッセンジャーバッグがオススメ。

こちらのNATIONAL GEOGRAPHIC メッセンジャーバッグ オーストラリアコレクション 5.5L」は、機動性とカメラ保護を兼ね備えたバッグです。

ボディとレンズ一本なら収納できますので、その辺に少し取りに行こうかな?という時には非常に便利ですね。

大型カメラバッグだと、クッション性が高いがゆえにリュック自体が大きいので邪魔になってしまうので・・・

もちろん、こちらのメッセンジャーバッグもカメラ収納部分のクッション性はバッチリなのでご安心を。

南半球の美しい海とアウトバックの赤い大地をイメージしたデザインは、日常使いでもとてもオシャレですよね。

日常生活でもカメラを持ち運びたい人にはトートバッグがオススメ

バッグにカメラ収納部分があると便利ですが、それ以外の用途にはなかなか使いづらいですよね。

カメラも持ち歩きたいし、日常使いもしたい。そんなワガママを解決してくれるのが「NATIONAL GEOGRAPHIC トートバッグ 地中海コレクション 4.1L ネイビーキャンバスです。

通常のトートバッグと同じように、学校生活や仕事で必要なものが一式入るようになっています。

でも、カメラを持ち歩きたいときはどうしよう?

心配ご無用。カメラ収納専用の巾着が付属しています。

ボディとレンズ一本程度が収納できるので、これをトートバッグ内に忍ばせるということですね。

こちらの巾着ももちろんレンズ保護機能はバッチリです。

取り外しが自由なので、必要なときだけ持って行くことができます。

コットン100%のネイビーキャンパス地 x 生成りレザーでクラシックなマリンスタイルがオシャレ。

カメラバッグと思わせないようなデザイン性も魅力の一つですね。

まとめ

National Geographicが販売しているカメラバッグは、三脚やカメラバッグでおなじみの「Manfrotto」とコラボしている製品なので、品質はバッチリ。

同じ形状でも、容量パターンがいくつか用意されているので、ぜひ自分の撮影スタイルに合ったカメラバッグを探してみて下さいね。

【おまけ】

以前からカッコイイと思っていた「National Geographic ミディサッチェルカメラショルダーバッグ」がとんでもない値段になっていました。(投稿日現在82,586円)

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

オーストラリアに旅行に行く前に、WiFiを用意するかどうか、そしてどんなWiFiを用意すべきか迷いますよね。 出発がもうすぐに迫っているけど、どのWiFiを選んだらいいのか、どれに気をつけるのか分かり ...

-アウトドア, 娯楽
-

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.