【画像】フィリピンのコンセントはAとCタイプ!購入すべき変換プラグは?

投稿日:

海外旅行に出発する前に、必ずやっておきたいことの1つに、電源コンセントの形状チェックが挙げられます。

渡航先でiPhoneをはじめとしたスマートフォンやWiFiルーターが充電できないのは死活問題。

ではフィリピンに行く前に電源コンセントのチェックをやっておきましょう。

この記事を読めばフィリピンのコンセントの形状を押さえつつ、旅行前に準備すべき変換プラグがわかります。

日本とだいたい一緒!フィリピンの電源コンセントの形状はA・C・Bタイプ

フィリピンのコンセント / プラグ。

実は日本で使っているものがそのまま使えます。

公式にはA・C(B3)タイプが一般的です。

だいたいの場合ではAタイプとCタイプが併用できるような形状になっています。

僕もフィリピンでは問題なく日本で購入したプラグが利用できました。

 

Cタイプのコンセントにあたったり、フィリピン以外の国に旅行する場合は?

滞在先のフィリピン=ケソン地区の宿舎から。

気をつけなければいけないのは、建物によってはCタイプの電源コンセントが存在する可能性。

さきほど紹介したコンセントは、すべての形状に対応した汎用的なものになっているのですが、Cフィリピンプ単体のコンセントに万が一にも当たってしまっては一苦労です。

とはいえ、比較的新しいホテルなどであれば問題なく使えることでしょう。

ちょっと心配なので一応変換器を用意しておきたいだとか、近隣の国にも足を伸ばす予定があるということであれば準備が必要です。

以下の変換器は僕も使っているもので、全世界に対応した形状になっています。

これのいいところは手のひらサイズで使える上に、ボタンひとつで世界中のあらゆる国と地域に対応してくれるところです。

特にフィリピンなどの日本と同様のコンセント形状の国であれば、一気にマルチ給電器に早変わり。

さらに、下側のつまみを動かすだけでBF(シンガポール、マレーシアなど)のプラグも顔を出してくれます。

そして別のスイッチを押すと、このようにヨーロッパ圏で一般的なプラグも簡単に利用可能です。

ちなみにこれひとつあれば、iPhoneやWiFi端末を、1回に最大3つも給電できる優れものです。

一方で、一般的には下のようにBFタイプにしか対応していない変換プラグ(画像左側)だったり、多地域に対応するために複数の部品を組み合わせて使うもの(画像右側)などがあります。

これらは結果として旅行のたびにちがうプラグ部品を組み合わせて携行する必要があり、管理が面倒になりがちです。

ですが僕が使っているものであればスイッチ1つでフィリピンからシンガポール対応のプラグに、スイッチ1つでオーストラリアの変換プラグに様変わりするので、管理も楽で機能的です。

僕個人で使っている旅行ガジェットの一部。ちなみにカラフルな2本のコードでは6つのガジェットを一気に充電できます。

 

よかったらチェックしてみてくださいね。

特にコンセントの形状が日本と異なるマレーシアと、オーストラリアに連続旅行した時には本当に助かりました。

フィリピンではiPhoneなどのスマホはそのまま充電可能

さて、変換器について押さえたところで、充電時の電圧は大丈夫なのか見ていきましょう。

結論からいうと、iPhoneやXperia、Galaxyといったスマートフォンの大部分は問題なく充電できますが、国産の家庭用ドライヤーなどを利用する際には注意しなければなりません。

iPhoneやXperia、Galaxyなどのスマートフォンは基本的に全世界で販売するのを前提に製造されています。

なので国ごとに電圧が異なる場合にも対応電圧(例:100V - 240V)の幅を広めに取ることで対処しているのです。

こうすることで国ごとの独自の規格に合わせて製造する必要がなくなるので、余計なコストを押さえて全世界で販売できるのです。

ところが上記のように世界的な販売をもくろむ家電製品でなければ、対応電圧が日本仕様のみになっていたりします。

そうした場合には変圧器を利用して電圧をコントロールしなければ思わぬ故障につながります。

ちなみに10年前に僕が初めて海外旅行に行った時には、とある事情で医療器具をもちこまなければならず、そのため変圧器を持ち込みました。

いまとなっては変圧器はほとんど不要の一品となってしまいましたが、持参する家電によっては準備が必要ですね。

フィリピンの電源コンセント事情まとめ

フィリピンに旅行に行く場合には、日本と同じ形状のコンセントが使える場合が多いです。

しかもiPhoneやXperia、Galaxyといったスマートフォンの多くは、220Vのフィリピンの電圧にも対応しているので、問題なくそのまま充電可能です。

ただし、まれにコンセントの形状がCタイプ専用の規格に出くわしてしまうケースがあるので注意が必要です。

またフィリピン以外の国にも旅行する予定であれば、変換器が必要になるかどうか、あらかじめ調べておくとスムーズですね。

それでは素敵なフィリピン旅行を!

Readaeer® 全世界対応 海外旅行用マルチプラグ マルチコンセント マルチ電源 マルチ変換アダプター USBポート2個付き (ホワイト)

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

よく聞かれるのが「オーストラリアに旅行に行くんだけど、WiFiレンタルって必要なの?」という疑問です。 絶対にWiFiが必要というわけではないのですが、普通の人であればWiFiルーターをレンタルしたほ ...

-アジア, 海外旅行
-,

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.