初めての登山でも使える登山計画書を作ってみた

更新日:

いつ、だれと、どのルートを登るかなど、登山の行程を事前に提出するのが登山計画書です。

登山計画書を提出しておけば遭難時にも捜索がしやすくなるので、登山をする前に必ず記入して最寄りの登山ポストや警察署に提出しておきましょう。

そこで今回は、初めて登山をする人でも記入しやすいような登山計画書のフォーマットを作成してみました。

いざというときに役立つ登山計画書を書こう!

まずはこちらから登山計画書をダウンロードして下さいね。

ここからは詳しい書き方についてみていきたいと思います。

①まずは基本情報から

団体名(会社名・学校名)などがあれば記入をしましょう。

また、登山保険に加入していれば、詳細を記入しておくと怪我などの時に役立ちます。

「自分が遭難した時に、この登山計画書を頼りに発見できるか?」ということを考えながら記入していくことが大切です。

②登山メンバーの情報を必ず書こう

面倒でも必ずメンバー全員の情報を記入しましょう。

特に大切なのは緊急連絡先。

すぐに連絡がつかないことも考えられるので、可能ならば複数書いておくのがベスト。

③行動予定は出来る限り詳細に

どのルートで入山するか、休憩ポイントや宿泊場所など、行動予定は詳細に記入しましょう。

できればタイムスケジュールも記入したい所ですね。

④緊急時の対応なども事前に決めておこう

装備の特徴を記すのは、捜索時に発見しやすくするため。

大きく目立つものは色やメーカーなども記しておくといいでしょう。

また、食料や水の持参量を記載しておくことで、救急隊の方が対応しやすくなります。

緊急事対策と荒天時の避難ルートを考慮するのも大切です。

例えば、中腹より手前で天候が荒れたら下山しよう。といった取り決めを仲間内でしておくと、遭難の危険性が低下します。

⑤持病などがあれば必ず記入

最後の欄には、持病やアレルギーなどについて記載しておくと良いでしょう。

また、道中に寄る場所がある場合も追記しておくと役立ちます。

登山をする際は必ず登山計画書を提出しよう。

登山計画書を提出する最大の理由は、自然災害や事故の際に救出活動を迅速にするためです。

登山ポストや警察署に提出するだけではなく、家族などにも登山計画書を渡しておくようにしましょう。

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

オーストラリアに旅行に行く前に、WiFiを用意するかどうか、そしてどんなWiFiを用意すべきか迷いますよね。 出発がもうすぐに迫っているけど、どのWiFiを選んだらいいのか、どれに気をつけるのか分かり ...

-アウトドア, 娯楽
-

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.