プライオリティパスで快適!台湾桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジ

投稿日:

プライオリティパス対応の台湾桃園国際空港プラザプレミアムラウンジ

台湾=台北の桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジに行ってきました。

台北の桃園国際空港は台北の空の玄関口の1つとしてたくさんのLCCが離着陸しています。

近年のLCC各社の勢いを受けて、この桃園国際空港もそれに応えるように、ラウンジ設備を充実させてきているようです。

今回も旅のお伴は友人に紹介してもらった楽天プレミアムカード付帯のプライオリティパス。

このカードがあれば世界の主要空港のラウンジにお邪魔することができ、もちろん桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジでも利用できます。

今回の記事では桃園国際空港でプライオリティパス利用可能なラウンジと、僕が実際に利用したプラザプレミアムラウンジについて紹介します。


プライオリティパスが使える台湾桃園国際空港ラウンジ

プライオリティパスで使えるラウンジは事前にしっかりと押さえておく必要があります。

2018年1月現在、公式ページによると、以下の6つのラウンジはプライオリティパスで入場可能です。

ターミナル1

  • Plaza Premium Lounge (Zone C)
  • Plaza Premium Lounge (Zone D)

ターミナル2

  • Plaza Premium Lounge (Zone A1)
  • Plaza Premium Lounge (Zone A)
  • More Premium Lounge

VIP ターミナル

  • Huan Yu VIP Terminal (セキュリティチェック前)

以上がプライオリティパスで入場可能なラウンジです。

桃園国際空港を利用するケースであればLCCを使われるケースが多いと思います。

なのでターミナル1のプラザプレミアムラウンジは覚えておくと良いかもしれません。

 

Plaza Premium Lounge (Terminal 1 Zone C) の基本情報

台湾桃園国際空港 | Ambassador Transit Lounge

 

6:00 ~ 22:00
ターミナル1:セキュリティチェック後。出発ホール 4階(Level4)

キャセイパシフィック航空のラウンジの隣にあります。

 

  • 軽食・飲み物
  • アルコール
  • Wi-Fi
  • 新聞・雑誌

台湾桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジが使える方

プライオリティパス保有者

プライオリティパス対応の台湾桃園国際空港プラザプレミアムラウンジ

プライオリティパス保有者は利用可能です。

通常、プライオリティパスの年会費は4万円ほどかかりますが、『楽天プレミアムカード』を持っていればプライオリティパスを無料で発行可能です。

※ 楽天プレミアムカードに関しては『海外旅行に持っていくなら『楽天プレミアムカード』がオススメ!その理由とは?』で解説しています。

ダイナースクラブカード保有者

『ダイナースクラブカード』の保有者も利用可能です。

台湾桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジの感想

このプラザプレミアムラウンジはターミナル1とターミナル2にあります。僕が利用したのはターミナル1にある方です。

ターミナル1のZone CとDのそれぞれにプラザプレミアムラウンジは運営されており、どちらもLevel 4にあります。

正直なところ、プラザプレミアムラウンジは世界のどの国に行ってもラウンジのクオリティは安定していると感じています。

安定のプラザプレミアムラウンジ。飲食はお菓子も充実

ここの食事は比較的シンプルな印象です。サラダや果物などの生鮮食品、パンなどの炭水化物、麺類などの温かい食べ物があります。

プライオリティパス対応の台湾桃園国際空港プラザプレミアムラウンジの食事

カウンターには調理スタッフが常に待機しています。

写真付きのメニューがしっかりと備えられているので、それを読み上げればささっと調理してくれます。

プライオリティパス対応の台湾桃園国際空港プラザプレミアムラウンジの飲食

こちらではビールなどのアルコール類やソフトドリンクが供給されています。

多くのプラザプレミアムラウンジでは、クッキーなどのお菓子も置かれているので、甘いものが好きな自分にはとんでもなくありがたい。

プライオリティパス対応の台湾桃園国際空港プラザプレミアムラウンジの飲食

ざっとこんな感じの料理を選びました。

一般的なラウンジの飲食メニューは担保されています。

このプラザプレミアムラウンジで特に美味しかったのはデザートでしたね。

LCCを利用して安く移動をすませるには、少なくとも機内食を我慢しなければなりません。

なので搭乗前に腹ごしらえができるラウンジはLCCユーザーにとってすごく貴重な空間です。

プラザプレミアムラウンジの設備もろもろ

プライオリティパスでやってきたプラザプレミアムラウンジ。

他にはどのような設備があるのでしょうか。

まずは水周り。

プライオリティパス対応の台湾桃園国際空港プラザプレミアムラウンジの水周り

なかなか綺麗なトイレです。

ちなみに電源コンセントも下記のように備えられています。

これはテーブルのふちについていました。

プライオリティパス対応の台湾桃園国際空港プラザプレミアムラウンジのコンセント

この形状なので、基本的に世界中のプラグに対応していそうですね。

何よりUSB給電はスマホユーザーにとってはありがたいですね。

他にもこのようにフライトスケジュールが把握できるサイネージまで設置されています。

プライオリティパスで入場できるこのラウンジ。

基本的な設備はしっかりと押さえていますね。

台湾桃園空港のプラザプレミアムラウンジはかなり新しい

このプラザプレミアムラウンジは開業して間もないようで、設備全般がかなり新しくて綺麗です。

デッドスペースが比較的広めに取られているので、ラウンジ全体に開放感が漂っています。

プライオリティパス対応の台湾桃園国際空港プラザプレミアムラウンジ

香港に昔からあるプラザプレミアムラウンジはちょこっと設備が古くなってきていて、かつ利用客が多くてちょっと窮屈でした。

その点、今回利用した桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジは、快適なラウンジの中でももう一段快適な気分(?)になれました。

ちなみに僕個人としてはプラザプレミアムラウンジの立ち上げストーリーが好きで、ちょっとしたファンでもあります。

世界初の都度払いラウンジ?

実は一見同じように思えるラウンジも、カード会社系と航空会社系の区別があったり、ビジネスクラスやファーストクラス利用客向けのラウンジなどの違いがあります。

その中でもPlaza Premium Loungeというラウンジチェーンは世界で初めて、利用料さえ支払えば誰もが利用できるラウンジを開発。

これは非常に革命的で、1998年に至るまでは「ラウンジを利用するのにお金を払う」という考えそのものが存在しませんでした。

なぜならファーストクラスやビジネスクラスの利用客の航空券代にラウンジサービスの費用も含まれていたからです。

つまりラウンジとは、ハイエンドの顧客向けのサービスであり、エコノミークラスの利用客にとってはまったく縁のない代物であったのです。

プライオリティパス対応の台湾桃園国際空港プラザプレミアムラウンジの様子

プライオリティパスでも入れるビジネスクラス向けのラウンジ

そんな状況を打破すべく立ち上がったのがプラザプレミアムラウンジ創設者のSong Hoi-seeでした。

彼は香港を皮切りに極東・東南アジアを中心にラウンジサービスを次々に展開。

現在の「都度払い可能ラウンジ」の概念を全世界に広めた功労者です。

現在Plaza Premium Loungeの本社は香港にあり、マレーシアを中心に巨大なラウンジチェーンを形成しています。(参考:Plaza Premium Lounge英文公式ページ About Us

まとめ

今回も安心のプラザプレミアムラウンジでした。

空港によってはシャワーがついていたり、マッサージサービスが受けられたりするのですが、食事や基本的なサービスはどこの国や地域でも安定感がありますね。

台湾桃園国際空港には今回紹介した以外にも、3つのプラザプレミアムラウンジがありますし、その他のラウンジも含めると17ものラウンジがあります。

今回ご紹介したラウンジは『楽天プレミアムカード』付帯のプライオリティパスで無料で利用できるのでチェックしておいてくださいね。

台湾桃園国際空港に訪れた際は是非とも利用してみてください!

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

よく聞かれるのが「オーストラリアに旅行に行くんだけど、WiFiレンタルって必要なの?」という疑問です。 絶対にWiFiが必要というわけではないのですが、普通の人であればWiFiルーターをレンタルしたほ ...

-アジア, 海外旅行
-,

Copyright© ToLIVE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.