シャワーを探そう!チャンギ空港のアンバサダートランジットラウンジ

更新日:

シンガポール=チャンギ国際空港のアンバサダートランジットラウンジに行ってきました。

チャンギ国際空港は世界的に最も評価の高い空港として広く認められています。

その理由は利便性やデザイン、航空機の発着数はもちろんのこと、商業施設や空港ラウンジの充実ぶりです。

僕は空港ラウンジを利用するにあたって、友人に紹介してもらった楽天プレミアムカード付帯のプライオリティパスを重宝しています。

このカードがあれば世界の主要空港のラウンジにお邪魔することができるのです。

今回の記事ではチャンギ国際空港でプライオリティパス利用可能なラウンジと、僕が実際に行ったAmbassador Transit Loungeについて紹介します。


プライオリティパスが使えるチャンギ国際空港ラウンジ

プライオリティパスで使えるラウンジは事前にしっかりと押さえておく必要があります。

2016年8月現在、公式ページによると、以下の11のラウンジがプライオリティパスで入場可能です。

ターミナル1

  • Airport Wellness Oasis
  • Dnata Lounge
  • Plaza Premium Lounge
  • SATS Premier Lounge

ターミナル2

  • Ambassador Transit Lounge
  • SATS Premier Lounge
  • The Green Market

ターミナル3

  • Ambassador Transit Lounge
  • Dnata Lounge
  • SATS Premier Lounge
  • The Haven by JetQuay

シンガポールのよく知られたラウンジといえば、アンバサダートランジットラウンジか、SATS Premierラウンジでしょうか。

しかしこのプライオリティパス利用可能ラウンジの数は驚異的です。

シンガポールは世界のハブ空港たる地位を視野に入れています。他の国際的なハブ空港のプライオリティパス利用可能空港を含めて見てみましょう。

シンガポール | チャンギ国際空港11
韓国 | 仁川国際空港7
タイ | スワンナプーム国際空港7
フランス | シャルル・ドゴール国際空港7

このような数字となっています。

チャンギ国際空港のプライオリティパス利用可能ラウンジ数の多さが際立っていますね。

Ambassador Transit Loungeの基本情報

チャンギ国際空港 | Ambassador Transit Lounge

 

24時間
ターミナル2:セキュリティチェック後。北出発乗継ホール、Mezzanine Level (Level3)

「Ambassador Transit Hotel」と「Movie Theatre」の隣にあります。

 

  • 軽食・飲み物
  • アルコール
  • シャワー
  • Wi-Fi
  • 新聞・雑誌

チャンギ国際空港SATS Premier Loungeが使える方

プライオリティパス保有者

プライオリティパス保有者は利用可能です。

通常、プライオリティパスの年会費は4万円ほどかかりますが、『楽天プレミアムカード』を持っていればプライオリティパスを無料で発行可能です。

※ 楽天プレミアムカードに関しては『海外旅行に持っていくなら『楽天プレミアムカード』がオススメ!その理由とは?』で解説しています。

ダイナースクラブカード保有者

『ダイナースクラブカード』の保有者も利用可能です。

シンガポール航空・シルクエアー搭乗者

シンガポール航空、シルクエアーに搭乗すると、「チャンギ・トランジット・プログラム」が利用できます。

2018年3月31日までの期間にシンガポールで乗り継ぎをする方は、チャンギ空港内各施設で使えるS$20相当のクーポン「チャンギ・ダラー・バウチャー(CDV)」を受け取ることができます。

アンバサダートランジットラウンジでは、こちらのクーポンを利用することで2時間無料で利用することが可能です。

クーポンは、第2または第3ターミナルの乗り継ぎエリア内のGST払い戻しカウンター付近にある「iShopChangiコレクションセンター」で受取が可能。

受け取る場合は、パスポート、搭乗券、旅程の全行程が記載された航空券の提示が必要です。

アンバサダートランジットラウンジ(T2)の感想

このラウンジはターミナル2とターミナル3にあります。僕が利用したのはターミナル2にある方です。

アンバサダー トランジットラウンジの場所はターミナル2・ターミナル3ともに、トランジットエリアのLevel3です。

通常ラウンジ利用であれば、原則搭乗前に限られるかと思われますが、僕は到着後に利用しました。

格安航空機いわゆるLCCであるタイガーエア降機後です。

ここチャンギ空港ではトランジットや、到着利用であっても、こういったラウンジへと向かうことは可能です。

ラウンジは利用前にプライオリティパスと搭乗チケットの提示を要求してきます。

搭乗チケットは持ち合わせていなかったので、半ばダメもとでカウンターに向かいました。

「疲れていて、お腹も減っている。利用させてもらえないか?」とスタッフに正直に打ち明けたところ、快く承諾してもらえました。

アンバサダートランジットラウンジの食事はお菓子も充実

ここの食事は比較的シンプルな印象です。サラダや果物などの生鮮食品からチャーハン、パンなどの炭水化物、スープなどの温かい飲み物があります。

飲料も飲み放題です。個人的にうれしかったのは、ビスケットやクッキーといったお菓子類も用意されていたことです。

アンバサダートランジットラウンジの座席はふかふか!

ここのラウンジは比較的ゆったりとした座席が多い印象です。

備え付けのイスに座ると、どれもふかふかです。

ペナン国際空港のPlaza Premium Loungeのイスは一部、シンプルな木製の、ファミリーレストランにありがちなイスもあったので。

ちなみにこのラウンジでは、屋外に喫煙スペースが設けられています。

僕が利用したときはスコールのタイミングとかぶったのですが、屋根がしっかりとついていたので特に問題なく一服できました。

ラウンジにはシャワー室とジムも完備!

このアンバサダートランジットラウンジの規模になると、シャワー室が設けられていることが多いです。

こちらは洗面台の様子。シンガポールのクリーンなイメージを踏襲しているようですが、ちょっとキレイすぎですかね。

シャワー室の様子です。脱衣所とシャワールームが分けられています。

何よりも驚いたのはこのようなジム設備です。僕は運動する気はさらさらなかったので、特にマシーンを利用することはありませんでした。

写真に撮影に夢中になっていたところ、スタッフに「Excuse me, sir」と制止されたのはちょっと恥ずかしかったです。

まとめ

実際に僕も何度かシンガポールに訪れていますが、このシンガポール=チャンギ国際空港の第一印象はおしゃれなショッピングモールというものです。

ありとあらゆるショップが軒を連ね、それでいて規則正しく展開されています。

空港ラウンジで時間を潰すもよし、おしゃれなお店で買い物をするもよし。素晴らしい空港です。

今回はシンガポール=チャンギ国際空港で利用可能な楽天プレミアムカード付帯プライオリティパス対応ラウンジと、そのうちの1つであるアンバサダートランジットラウンジをご紹介しました。

シンガポールに訪れた際は是非とも利用してみてください!

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

よく聞かれるのが「オーストラリアに旅行に行くんだけど、WiFiレンタルって必要なの?」という疑問です。 絶対にWiFiが必要というわけではないのですが、普通の人であればWiFiルーターをレンタルしたほ ...

-アジア, 海外旅行
-, , ,

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.