シンガポール旅行前に準備するべき変換プラグ | コンセントの形はBS(BF)タイプ

更新日:

シンガポールに旅行や出張で訪れるとき、必ず確認しておくべきものは電源プラグの形状です。

というのも、一般的に日本と同じ電源コンセント(Aタイプ)の形状を基本規格としている国はそう多くはないからです。

シンガポールも同様で、現地に入る前には変換プラグを用意しておく必要があります。

今回の記事では、シンガポールでの電源プラグ事情について解説しつつ、シンガポール渡航の際に用意した変換プラグが、他のどのような地域で利用できるのかも見ていきましょう。


シンガポールの電源コンセントの形状はBS(BF)タイプが基本

シンガポール旅行中まだは出張にスマホやPCの充電が必要になった時、日本のACアダプターはそのまま使えるのでしょうか?

残念ながら使えない場合が多いです。

というのもそもそものコンセントの形状が日本のものとは異なるからです。

上の画像がシンガポールで一般的な電源コンセントの形状BS(BF)タイプです。

繰り返しになりますが、日本で購入した電子機器をシンガポールに持ち込む場合には、事前に変換プラグを用意しておく必要があります。

ちなみにシンガポールで利用できる変換プラグはそのままマレーシアや一部東南アジア地域で利用可能です。(後述)

もし変換プラグの準備を忘れた場合には、宿泊先のホテルやAirbnbの家主に申し出て、レンタルさせてもらえないか聞いてい見るのもいいかもしれません。

しかしホテルや家主がそうしたグッズに対応していない場合は一苦労ですので、やはり事前に購入しておくのが最善策でしょう。

僕も重宝しているのが、以下のようなマルチ変換プラグです。

これのいいところは手のひらサイズで使える上に、世界中のあらゆる国と地域に対応しているところです。

下側のつまみを動かすだけでBF(シンガポール、マレーシア等)のプラグが顔を出してくれます。

さらに別のスイッチを押すと、このようにヨーロッパ圏で一般的なプラグも簡単に利用可能です。

ちなみにこれひとつあれば、iPhoneやWiFi端末を、1回に最大3つも給電できる優れものです。

一方で、一般的には下のようにBFタイプにしか対応していない変換プラグ(画像左側)だったり、多地域に対応するために複数の部品を組み合わせて使うもの(画像右側)などがあります。

これらは結果として旅行のたびにちがうプラグ部品を組み合わせて携行する必要があり、管理が面倒になりがちです。

ですが僕が使っているものであればスイッチ1つでシンガポール対応のプラグに、スイッチ1つでオーストラリアの変換プラグに様変わりするので、管理も楽で機能的です。

よかったらチェックしてみてくださいね。

シンガポールではiPhone等はそのまま充電可能

シンガポールの電圧は230Vが基本となっています。

なので例えばiPhoneであれば100V - 240Vの電圧に対応しているので、シンガポールでも問題なく充電することが可能です。

実際にiPhoneはシンガポールでも充電できましたし、他にもMacbook AirやSONYのXperia Z3といった製品も問題なく充電することができました。

ちなみに10年ほど前までは、海外で日本の電子機器を充電するには、必ずといっていいほど「変圧器」の準備が必要でした。

これがないまま給電して利用すると、海外との電圧の違いに機器が故障を起こすケースが多々あったからです。

しかし、最近ではスマートフォン始め、各PC類についてはあまり電圧を気にしないで済むことが多いです。

というのも各メーカーとも軒並み世界の多くの地域に対応した電圧規格を採用しているからです。

もっとも、AppleやSONYといった「グローバルブランド」であれば基本的には世界の多くの地域の電圧規格をカバーしているケースが多いです。

それは各社の「海外戦略」と密接に関わってくるところであり、販売先各国の電圧規格に製品をひとつひとつ対応させるのは単純に考えて非効率的ですし、ユーザー側も国をまたぐ旅に変圧器を用意しないといけないのは不便極まりないですね。

シンガポールと同様の電源コンセントが使える国や地域

ちなみにシンガポールで利用した電源コンセントの変換器は、他にどのような地域で使えるのでしょう。

まず隣国のマレーシアでも使えます。

1965年まではひとつの国であったシンガポールとマレーシアですが、それ以上にかつてイギリス植民地だった点が大きいようです。

例えば香港やサウジアラビアといった国や地域は、シンガポール・マレーシアと同様にBS(BF)タイプが一般的で、インド、南アフリカ、ヨルダンといった国々もBS(BF)タイプを規格とする地域が存在します。

少し話はそれますが、アメリカのコンセント規格に対応したプラグは、隣国カナダでも利用できたり、中米や南米の一部地域、日本でも利用可能です。

これらを考えるに、地理的な近さや、歴史上の共通点がある国同士、地域同士であれば電源コンセントの規格が同じ場合が多いようですね。

シンガポールの電源コンセント事情まとめ

さて、シンガポールに行く前にはBS(BS)タイプの変換プラグを用意しなければなりません。

やはり日本とはコンセントの形状がまったく異なるからです。

また、iPhoneや一般的なスマートフォンを充電するにあたり、電圧の変換器は必要ありませんが、日本で購入したヘアドライアーなどの家電製品を利用する場合には、対応電圧についてしっかりと調べておく必要があります。

そしてシンガポールとマレーシアは電源コンセントの規格が同一なので、利用した変換器はそのまま利用可能です。

僕がおすすめするのは、手のひらサイズで世界中どこでも利用できる変換プラグです。

Readaeer® 全世界対応 海外旅行用マルチプラグ マルチコンセント マルチ電源 マルチ変換アダプター USBポート2個付き (ホワイト)

それでは楽しいシンガポールの旅を!

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

よく聞かれるのが「オーストラリアに旅行に行くんだけど、WiFiレンタルって必要なの?」という疑問です。 絶対にWiFiが必要というわけではないのですが、普通の人であればWiFiルーターをレンタルしたほ ...

-アジア, 海外旅行
-, ,

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.