【最終版】WiFiレンタルって必要?~ シンガポール旅行をもっと楽しむために ~

更新日:

クリーンなIT先進国のシンガポールに旅行に行くのに、わざわざWiFiをレンタルするべきなの?でもちょっとだけ不安…なんて人が多いことでしょう。

たしかにシンガポールは決して大きな都市ではないですし、政府が提供する無料の公共WiFiもあるので、それだけで充分そうな印象です。

しかし、IT先進国かつ国土が小さいがゆえに、WiFiルーターがあるのと無いのとでは利便性がだいぶ変わります。

今回の記事ではちょっとしたエピソードも交えながらWiFiルーターの必要性を考えていきましょう。

この記事を読めば、WiFiルーターの選定はもちろんのこと、あなたのシンガポール旅行がもっと具体的にイメージできるようになります。

シンガポール旅行でオススメのWiFiレンタルはWi-Ho!

あとで具体的に説明しますが、シンガポールでは無料の公共WiFiだけでも問題はないです。

ですがシンガポールは通信インフラもしっかりしてて、日本よりも便利なサービスが利用可能です。

個人的には自分の好きなタイミングで通信ができるよう、WiFiルーターをレンタルしたり、SIMカードを購入するのがオススメです。

シンガポールの交通事情はかなり良好。ただ、政府の政策によって人々が車を所有するハードルは年々高くなっています。ちなみに一般道であっても「有料レーン」が一部設けられていて、それも交通需要を調整しています。

ただ、SIMカードを利用するにはSIMフリーの端末を用意するなどの手間が発生して意外と面倒だと思います。

その点、WiFiルーターのレンタルは用意も簡単ですし、SIMフリー端末を用意するなどの金銭的・時間的コストもかかりません。

シンガポール旅行でオススメのレンタルWiFiブランドはWi-Ho!です。

というのも数ある主要ブランドの中では、1日で500MBの通信が可能で、料金的に最もコストパフォーマンスが優れているからです。

有名どころだとイモトのWiFiやグローバルWiFiなどのブランドがありますが、それらはサービスレベルや認知度が高い分、総じて料金がちょっと高めなので節約志向には向かないブランドです。

のちほど料金比較表もご覧いただけますが、手っ取り早く、コスパよく、安めのWiFiルーターをレンタルするのであればWi-Ho!が一番ですね。

シンガポール旅行にWiFiレンタルは本当に必要なの?

レンタルWiFiを用意するとなると、やはりお金がかかるので考えてしまいますよね。

それに旅行中ならそんなにスマホなんて使わないでしょ?なんて考えてしまいがち。

けれどWiFiレンタルにお金をかけるというのは、ここシンガポールではかなり大きな意味を持つことになります。

シンガポールでは無料の公共WiFiでも不可ではない

はっきり言ってしまえば無料の公共WiFiだけで旅行するのも不可能ではありません。

シンガポール政府が「Wireless@SG」という無料の公共WiFiを提供していることもあるので、しっかりと手続きを踏めば問題無し。

それに滞在先のホテルにはWiFiが供給されていることがほとんどですからね。

2014年、初めてのシンガポールにしてそのままマリーナベイサンズの宿泊を体験。屋上のプールは期待通りの眺望でした。

実際に僕の経験上、「うわ、このホテル(Airbnb)のWiFiは使い物にならないくらいおそい…」なんて思ったことは一度もありませんでした。

でもやっぱり移動中に自由に通信ができないのは少々不便に思いました。

シンガポールではWiFiがあればあるほど便利

本当にWiFiは必要になるのか。

僕個人の意見としてはシンガポールでは絶対にWiFiの用意があったほうが便利です。

なぜかというと、自分の行きたいスポット間の移動中は、意外とGoogleマップを起動されたり、調べごとをする機会が多いから。

そして何より、シンガポールがIT先進国と言われるゆえん。

日本では規制のためあまり馴染みのない「Uber」のようなタクシー配車アプリが、とっても便利に活用できるからです。

配車アプリ「Uber」って何?

Uberとは、アプリのマップ上を操作するだけで、簡単にタクシーを呼び寄せることができるアプリ。

しかも事前に行き先も指定できて料金の目安もわかる。そして支払いは基本不要(登録しているクレジットカードで自動決済)なのです。

拾ってもらう場所も、降ろしてもらう場所も運転手と共有できているし、料金をその場で支払わなくていい。

つまり運転手とのコミュニケーションなしに移動が完了できるので英語を使う必要が全くないのです。

ちなみにシンガポールのUberでは一般の乗客とご一緒させてもらう「相乗りプラン」も利用できて、それを利用すると料金がひとまわり安くなります。

シンガポールに限らず、海外旅行中にタクシーを利用したいときってあると思いますが、なぜか普通に走っている流しのタクシーが捕まらない時ってありませんか?

だいたいそういう時はタクシーを止めちゃいけない場所でタクシーを止めようとしているケースが多かったり、故意にシカトされていたり。

けれどそうは言ってられませんよね、飛行機の離陸時間が迫っていたりするときとか、どうしてもみたいショーがあれば困りますよね。

そんなときにはアプリから簡単に車を呼び寄せて、ささっと移動…あれ?WiFiなくてもこれってできるの?と聞かれたら、

できるわけがありません。

海外旅行中でもやっぱりガチャを回したい!という人も、特にインスタやりたい!という人はかなり多いでしょう。

やはりある程度は日本と同じような便利な感覚で過ごせるのも、通信環境を整えるモチベーションになりますね。

シンガポール旅行にWiFiは?

  • 無料の公共WiFiでも不可ではないけどちょっぴり不便
  • WiFiルーターがあった方がインスタも普段通り楽しめるてUberなどの便利なアプリが使える

シンガポール旅行でおすすめのレンタルWiFi

さて、無料の公共WiFiだけでも不可ではないけど、シンガポール旅行を快適に過ごすにはiPhoneやスマホを活用した方が得策です。

そうするためにもSIMカードを購入したり、WiFiをレンタルするなりの手段が必要になりますが、どうしてもSIMカードを購入して使いこなすのはハードルが高いのかなと思います。(SIMフリーの端末や設定が必要になりますからね)

なので今回は手軽に用意ができて、かつあまり費用のかからないWiFiルーターを選定してみましょう。

本当はレンタルWiFi各社を充分に比較したい

WiFiルーターは各社によって値段の違いが感じられます。が。

結局は現地の通信回線を、日本のレンタルWiFi各社が有償で利用させてもらう関係で、コスト面においては非常に差別化が難しいと言えます。

つまり実際のところ負担すべき通信回線の費用は各社一律なはずなのです。

なので料金体系はブランド力、対応空港数、補償サービスなどによって「価格以外の見た目」が違うだけにすぎません。

例えばイモトのWiFiやグローバルWiFiはブランド構築や広告費用に積極的に投資している分、少しだけ料金設定は高めです。

その一方で僕らユーザーは「イモトがイメージキャラクターになってるブランドだよね」だとか、「ああ、グローバルWiFiなら聞いたことあるぞ」として親しみやすさや「安心」がある意味で担保されています。

他にはWiFiレンタル費用は小さく見せつつも、紛失や盗難の補償を充実させて、そこで大きめに課金してもらうという戦略をとっているブランドもあります。

なので、各社の料金を丁寧に比較しても、自分に本当にあったプランを選ぶのは難しいですし、WiFiルーターを選ぶのに時間をかけるよりも、1つでも多くの観光スポット情報を収集する方が有意義なんじゃないかなとも思います。

下の表は、主なレンタルWiFiブランドのシンガポールでの利用料金比較をしたものです。オススメは4Gで500MB以上の通信量のものですね。

(下の表は横スクロール可能です)

4G(通常)4G(大容量)4G(超大容量)

Wi-Ho!

680円(250MB)980円(500MB)-

イモトのWiFi

-1580円(500MB)-

エクスモバイル

850円(300MB)--

JAL ABC

--1250円(無制限)

海外インターネット グローバルWiFi

921円(250MB)1111円(500MB)1301円(1GB)

「いや、500MBも1日で使わないよ」

と思われる人もいるでしょう。

普段、1ヶ月で自分がどれくらいの通信量を使っているのか?を目安に考えれば妥当な疑問です。

ですが、海外旅行中は別と考えた方が良いでしょう。

というのも普段よりもGoogleマップや検索エンジン、それからInstagramなどのSNSを利用する頻度が間違いなく増えるからです。

ここはぜったいに気に留めておきたいポイントです。

当サイトがおすすめするレンタルWiFi

さて、これから紹介するのは主に3つのパターンです。

価格重視、通信量重視、ブランド・利便性重視の3点で見ていきましょう。

WiFiレンタル費用を安くするならWi-Ho!がオススメ

シンガポール旅行で、WiFiレンタルのコストをできるだけ抑えたいのならWi-Ho!一択になります。

1週間未満の渡航であれば1日あたり250MBでも680円、500MBでも980円。

500MBのプランであれば、1MBあたり最安のブランドになります。

Wi-Ho!1MBあたり1.96円(1日)

海外インターネット グローバルWiFi

1MBあたり2.22円(1日)

イモトのWiFi

1MBあたり3.16円(1日)

実はグローバルWiFiの1日1GBプランは1MBあたり1.3円なのですが、そもそも1日で1GBを使うかわからない人が多いのかなと思います。

なので、価格重視であれば間違いなくWi-Ho!がオススメです。

WiFiレンタルで通信量を重視するならJAL ABCがオススメ

「いやいや、私は海外でも通信しまくるぜ!」という場合にはJAL ABCがオススメです。

今回紹介する中では、たった1社だけ通信量を無制限で提供しています。

1日あたり1250円と、値段は少々張りますが、ある意味で日本よりも快適な通信環境を味わえるのではないでしょうか。

ただ、個人的には1日で1GB以上も通信を行うシーンは少ないのでは?とも思いますが、予算に余裕がある場合にはグローバルWiFiと合わせて検討するのもよいですね。

WiFiレンタルでブランド・利便性を重視するならグローバルWiFiがおすすめ

昔から貿易の街として最高の地理環境を持つシンガポール。 マリーナベイサンズの屋上から撮影。

「やっぱり認知度の高いブランドを利用したい!」「使いやすく、サポートがしっかりしてるブランドがいい!」

という具合にブランド・サービス重視であればオススメなのはイモトのWiFiかグローバルWiFiですね。

この2ブランドはいろいろなセクションでPRに力を入れているので、一度は聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

また、グローバルWiFiは、国内の多くの空港でWiFiの受け取り・返却対応が可能になっています。

特にグローバルWiFiは申し込みサイトの中にチャット機能が組み込まれているので、何かわからないことや気になったことがある場合には、素早く解決できるという利便性があります。

このようにイモトのWiFi、特にグローバルWiFiは料金設定が高めな分、一般的な知名度が高かったり、対応空港数が多い、そしてユーザーとしての利便性を高めるための努力がなされています。

補償プランは必要?WiFiルーターを紛失・盗難にあった場合に備えて

シンガポールの市街中心部は非常に整備されていて快適。

WiFiレンタルにはあまりお金をかけずにコスパよく使えるのが理想でしょう。

そうなるとどうしても利用料金を膨らませてしまう要因になるのが補償プラン。

補償プランについては1日数百円を追加するだけで、万が一の紛失や盗難の際に、弁償する代金が大幅に小さくなったり、最高の場合だと無料になるものです。

たしかに慣れない海外旅行では何があるかわかりませんし、実際に僕もフィリピンで盗難に遭いそうになったことがありました。

ですが、ことシンガポールに関しては日本と同水準の治安状況なので、盗難のリスクは他の国々よりも小さいと思います。

ちなみに僕はシンガポールに行く際には一度もWiFiの補償をつけたことがありません。

どうしても心配だという場合には補償プランを追加するのもありだとは思いますので、料金と自分の予算と相談してみてくださいね。

レンタルWiFiについて

  • 安くてコスパが良いのはWi-Ho!
  • 通信量がたっぷりあるのはJAL ABC
  • 高価格だけどブランド・サービス力ならグローバルWiFi
  • シンガポール旅行であれば補償の追加は心配な時だけで大丈夫

シンガポール旅行に向けてのレンタルWiFIの準備

いざ出発の日が近づいてきたとして、次の決め事は「どこでWiFiルーターを受け取るか」という点です。

そして気になるのは、レンタルしたWiFiルーターはどうやって返却するのかというところ。

レンタルWiFiルーターの受け取り方法

レンタルWiFiを受け取るには大きく2つの方法があります。

1つ目は空港でそのまま受けとるというものです。

ただし、こちらは成田空港・羽田空港・中部国際空港・関西国際空港に限られる場合が非常に多いので、その近郊エリアにお住いの人でなければあまり現実できはありません。

その点、グローバルWiFiは全国津々浦々で受け取りに対応しているので個人的には好印象です。

僕のおすすめの方法は2つ目。自宅に配送してもらうという方法です。

これであれば、仮に空港で受け取るように手配したのに、誤って遅刻してしまいWiFiルーターを受け取れないという悲劇もないですし、なにより自宅を出発する前にすべての準備が完了できるのが安心ですね。

多くのWiFiブランドは500円~の料金で自宅への配送を行ってくれます。

レンタルWiFIルーターの返却方法

返却方法に関しても大きく2つの方法があります。

1つ目は到着空港でそのまま返却する方法。

国内の主要国際線空港であれば、到着ロビーに返却ボックスが設置されており、そこにWiFiルーターのセットを一式放り込んであげれば完了です。

2つ目の方法は、自宅から宅配で返却という方法です。

だいたいのブランドは、WiFiルーターの返却予定日の翌日までに発送すれば問題ないです。

ただし、返却予定日の翌々日以降に発送すると延長料金が発生する場合があるので気をつけてください。

上記のどちらの方法であっても特に難しい点はありませんね。

まとめ

アラブストリートと呼ばれるエリア。このあたりは日本人に人気のおみやげ屋さんがあります。

シンガポール旅行にレンタルWiFiは必要なのでしょうか?

答えは、「なくても問題ないが、利便性に大きく差がつく」といったものになります。

IT先進国のシンガポールですから、日本と同じように4G LTEが使えますし、さらに日本にはない便利なサービスが多々存在します。

実際に宿泊したマリーナベイサンズのホテルに限らず、シンガポールのホテルのWiFiに関しては、通信速度を不満に思ったことはありません。

なのでできるだけ費用をかけず、コスパよくレンタルWiFiを利用したいところです。

いろいろなレンタルWiFiブランドがあり、比較が難しいところですが、もっともコスパが良くオススメなのはWi-Ho!ですね。

シンガポールは本当に治安がよく、そして都市全体がかなり合理的に設計されており、観光を楽しむのであれば最高の選択肢の1つです。

日本よりも優れた施設や設備が多く存在する一方で、東南アジアらしさをちゃんと残している、「モダンとローカル」が混在した魅力ある国。

それでは楽しいシンガポール旅行を!

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

オーストラリアに旅行に行く前に、WiFiを用意するかどうか、そしてどんなWiFiを用意すべきか迷いますよね。 出発がもうすぐに迫っているけど、どのWiFiを選んだらいいのか、どれに気をつけるのか分かり ...

-アジア, 海外旅行
-,

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.