山小屋泊それともテント泊?山の宿泊の常識を知ろう!

更新日:

日帰り登山に慣れてきたら、宿泊登山にも挑戦したくなりますよね。

しかし、登山初心者だと山での宿泊というのはなかなかイメージが湧きづらいです。

山小屋?テント?寝袋?など迷ってしまいますよね。

そこで今回は、登山初心者向けに山での宿泊の基本をまとめてみました。


登山初心者にオススメは山小屋

山小屋は厳しい自然の中でも充分な休息を得られるありがたい存在です。

山小屋は避難小屋としても利用するため、当日宿泊も可能ですが、マナーとして事前予約をするのが基本。

富士山などの登山者が多い山小屋は完全予約制となっているので事前に予約しましょう。

山小屋泊のメリット

  • 山小屋ならではの食事
  • 他の登山家との出会いの場
  • 環境によっては入浴可能
  • 設営や撤収が不要

山小屋泊のデメリット

  • 他の宿泊者に合わせて行動しなければならない
  • 相部屋のため、いびきや騒音が気になる場合も
  • 宿泊費が高い

以前、富士山の山小屋に宿泊した際は、ずっと吐いている人がいてなかなか寝付けなかった記憶があります。笑

1人で寝ないとリラックスできないという人は山小屋泊は難しいかもしれません。

山小屋泊の注意点

山小屋泊の大きな注意点としては、「周囲に気を遣うこと」です。

ホテルや旅館の個室とは異なり、大勢で雑魚寝をするスタイルなので、周りに迷惑をかけないことが大切ですね。

山小屋の消灯時間は早いので、15時前後に到着するのが望ましいです。

到着したらまずチェックインを済ませ、山小屋のルールや食事の時間などを把握しておきましょう。

標高が高い場所にある山小屋では水は貴重な資源です。そのため、歯磨きや洗顔ができない場合が多々あります。

山小屋には基本的にお風呂は無いと考えておいたほうが良いですね、そのため、ボディシートや歯みがきシートは僕の必須アイテムとなっています。

また、消灯前に明日の身支度をしておくことが大切です。

特に早朝や深夜出発の場合、電気を付けるわけにはいかないので、暗闇の中ヘッドランプなどで身支度をしなければなりません。

消灯前の明るい状態で準備することで忘れ物を防ぐことも可能です。

大勢が宿泊している山小屋の場合、自分のシューズや荷物を間違われないように目印を付けておくといいですね。

自由度が高いテント泊は少し難易度が高い

テント泊は男のロマンですが、初心者には少し難易度が高いんですよね。

山小屋を何度か経験した後に挑戦してみましょう。ここからはテント泊の基本を見ていきます。

テント泊のメリット

  • 山小屋と違い、プライバシーが確保できる
  • 自分のペースで過ごせる
  • 繰り返し使えば費用が抑えられる

安い場所だと500円程度で泊まれるので、山小屋に比べると非常にコストを抑えられるのが魅力ですね。

テント泊のデメリット

  • テント分荷物重量が増える
  • テント場が無い場合がある
  • 混雑時は大きいテントが使用できない
  • 設営・撤収に時間がかかる

荒天時にテントを設営・撤収しなければならないこともあります。

無駄な体力と時間を消耗しないためにも、事前に公園などで一度テントを建てて予行練習をしておきましょう。

テント場について学ぼう

テント場は、テントを張るために用意されたスペースです。大きく分けると3タイプ。

登山口にある「登山口型」、山の中腹に位置する「ベースキャンプ型」、稜線に沿ってある「稜線型」の3種類があり、初心者にオススメなのが「登山口型」です。

登山口型だと付近にトイレや水場がある事が多いため、準備を万端にして早朝から動き出すことが可能です。

水は有料の所もあるので注意しましょう。

当たり前ですがゴミは持ち帰らなければならないので、なるべくゴミが出ないように準備が必要です。

テント泊の注意点

テント場に着いたら、管理している山小屋に料金を確認してから設営を開始しましょう。

山小屋と違い、消灯時間も無いので自由な時間に食事・睡眠をとることが可能です。

登山の魅力の1つでもある星空観察も好きな時間帯に出来ますし、山小屋には無い開放感を得られるのがテント泊の魅力。

その分、自分で危険を回避する術を身に着けておかなければなりません。

テント泊だと荒天時にはテントが吹き飛ばされたりなどの危険が伴いますし、岩場などではペグが打てなかったりします。

テント泊では、そういった事態に対応できる知識と準備が必要になります。軽くて強いペグなどを用意しておくと便利ですね。

まとめ

食事もあり、布団で寝られる「山小屋泊」、大自然との一体感が味わえる「テント泊」

どちらも違った魅力があり、山での宿泊は登山の楽しみ方の1つでもあります。

それぞれ経験してみて、楽しさを味わってみてくださいね。

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

オーストラリアに旅行に行く前に、WiFiを用意するかどうか、そしてどんなWiFiを用意すべきか迷いますよね。 出発がもうすぐに迫っているけど、どのWiFiを選んだらいいのか、どれに気をつけるのか分かり ...

-アウトドア, 娯楽
-

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.