【厳選】台湾のレンタルWiFiルーターのおすすめは?

投稿日:

台湾旅行に行くのに、どのWiFiルーターを準備しようか、迷いますよね。

僕の場合はWiFiルーターをどこでレンタルするか結構迷っていました。

なぜなら台湾のレンタルWiFiは基本的にどこもかなり安価だったからです。

さて、今回の記事では台湾旅行に向けてどのレンタルWiFiを利用するべきなのかをご紹介します。

この記事を読めば、SIMカードという選択肢を把握しつつ、WiFiレンタルの比較ポイントを押さえられ、かつコスパの良い台湾旅行のための準備が整うことでしょう。

 台湾旅行でおすすめのレンタルWiFiはグローバルWiFi

台湾旅行では現地でSIMカードを購入するのがベストです。

SIMカードの場合通信量の制限はないですし、もっとも手軽に手に入るものであれば300台湾ドル(約1100円程度!)の金額感です。

ですが、SIMフリーの端末を持っていない場合には、WiFiルーターのレンタルを考えないといけません。

やはり日本と同じようにLINEやInstagramを楽しむためにはどうしてもWiFiが必要になりますね。

僕がおすすめするのは、4G LTEが利用できてもっともコストパフォーマンスが良いブランド。

それはグローバルWiFiです。

国内最大手ブランドならではのサービスは、日本人に人気の台湾旅行を全力でサポートしてくれます。

LINEやSkypeで無料通話問い合わせができるだけでなく、故障した時には代替機を郵送してくれるなど、旅行時の「もしも」にしっかりと対応してくれます。

グローバルWiFiの強み

  • 全国14の空港で直接受け取り
  • 台北市内ならホテルで受け取り可能
  • 質問・問い合わせ体制が他ブランドを圧倒
  • 万が一の故障時も代替機の郵送対応

もちろんレンタルしたWiFiルーター1つで家族や友人、恋人同士で利用できます。

最高クラスのサービス体制のもと、1つのWiFiを賢くシェアして快適な台湾旅行を過ごすことができるでしょう。

詳しくは以下の公式サイトをご覧くださいね。

海外ローミングと比較して78%以上お得?
海外インターネットならGLOBAL WiFi

 台湾旅行にレンタルWiFiは本当に必要なの?

そもそも台湾旅行にレンタルWiFiが必要なのでしょうか。

この問いかけへの答えは「WiFiでなくとも構わないが通信環境は絶対必要」となります。

そのどちらの経験も踏まえて僕なりの考えを明らかにしたいと思います。

台湾旅行ではSIMカードが断然おすすめ

台北駅の様子。

冒頭でも軽く触れたとおり、SIMカードのコストパフォーマンスはかなり良いです。

1週間の4G通信量無制限で1000円程度!

空港の中のブースでSIMカードを購入すれば、スタッフがそのまま設定まで終わらせてくれます。

しかも通信速度は日本でのスマホ利用時とそこまで変わらないかなという印象。

こんなコスパ最高のSIMカードではあるものの、SIMフリー端末を持っているかどうか、もしくはドコモやau、SoftbankのキャリアのSIMロックを解除しなければ利用できません。

台湾旅行ではSIMフリーでなければレンタルWiFiの用意が必要

台南にて。 台南出身の友人がオススメしてくれた秘蔵スポット。

SIMカードを購入するには、端末の費用も考えるとちょっとハードルが高いですね。

なので次に考えるべきは、あらかじめ日本でWiFiをレンタルしておくというもの。

そうすれば日本と同じ感覚で、台湾の空港についた瞬間からiPhoneやスマホが利用できます。

空港の外に出ればWiFiルーターの心強さを実感します。

どこに行こうにもGoolgeマップなどの地図アプリを利用したり、ふと気になればすぐにGoogle検索したくもなりますからね。

台湾でバスに乗ったとき、「目的地に間違いなく向かっているのか?」、もしくはタクシーに乗ったとき、「運転手は遠回りをしないか?」とGoogleマップで確かめたり。

そんなときにすぐにネットに接続できる利便性は、海外旅行をもっと快適にしてくれることでしょう。

レンタルWiFiの必要性まとめ

  • Goolgeマップなどのナビゲーションアプリは旅行に必須
  • 本当はSIMカードが安くておすすめだが、SIMフリー端末を用意するのに費用と手間が発生
  • WiFiルーターをレンタルするのが一番手軽で効果的

台湾旅行でおすすめのレンタルWiFiを選ぶなら!

台北=寧夏路夜市の様子。 ここは現地の人もよく訪れる台北Bグルメスポット。

台湾最大都市のホーチミンを始め、都市部のカフェでは無料のWiFiが提供されている場合もあります。

とはいえ海外旅行に無料の公共WiFiだけで挑むにはやっぱり心もとないですね。

なので、台湾旅行に向けて、用意も簡単で事前準備がさほど必要がないレンタルWiFiを検討してみましょう。

コスパの良いレンタルWiFiはどれになるのでしょうか?

台湾旅行に向けてレンタルWiFiルーター各社を比べてみる

WiFiルーターのブランドは意外に多く、どれを選べばいいか分かりにくいですよね。

実はどのレンタルWiFiも現地の通信キャリア(日本でいう三大キャリア)の回線網を利用させてもらっています。

なので各社の回線速度自体は3Gか4Gの違いが決定的であり、あとは大して差がつきにくいのが現状です。

つまるところ、日本でよく聞くWiFiルーターの各ブランドは、

  • レンタル料金
  • 通信容量
  • 受取対応空港数
  • サポート

の4項目以外には差別化がちょっと難しいのです。

なので、各社の料金を丁寧に比較しても、自分に本当にあったプランを選ぶのは難しいです。

なんならWiFiルーターを選ぶのに時間をかけるよりも、1つでも多くの観光スポット情報を収集する方が有意義なんじゃないかなとも思います。

下の表は、主な台湾に対応した、レンタルWiFiブランドの利用料をまとめたものです。

(下の表は横スクロール可能です)

4G(250MB)4G(500MB)4G(1GB)

Wi-Ho!

590円890円1090円

イモトのWiFi

-1280円-

エクスモバイル

750円(300MB)-

JAL ABC

---

海外インターネット グローバルWiFi

921円1111円1301円

現在、台湾向けのWiFiレンタルは3G回線を利用したもがメインとなっています。

また、下のWi-Ho!とJAL ABCに関しては4G LTE

4G(無制限)
Wi-Ho!1590円
JAL ABC1150円

台湾旅行で最もおすすめなのはグローバルWiFi!

羽田空港のカウンターにて。

さて、数ある大手WiFiを比較してもっともオススメのレンタルWiFiを紹介したいと思います。

価格、通信量、ブランド・利便性の3点を総合的に見て、グローバルWiFiがもっとも高評価です。

ただし、グローバルWiFiの弱みも後ほどご紹介しますので、そちらもぜひ確認しておいてくださいね。

 

オススメ理由① グローバルWiFiは全国14の空港で受け取り可能

国内最大手のグローバルWiFiは全国14の空港でレンタルWiFiルーターの受け取りが可能となっています。

グローバルWiFiの受け取り可能空港

  • 旭川空港
  • 新千歳空港
  • 新潟空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港
  • 福岡空港
  • 宮崎空港
  • 仙台空港
  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 静岡空港
  • 中部国際空港
  • 那覇空港

※鹿児島空港は返却専用

これもなかなかすごいことで、一般的なレンタルWiFiブランドで空港受け取りに対応している拠点は、成田、羽田、関西、中部国際空港などの主要国際線空港のみである場合が多いのです。

もちろんご自宅への配送も可能となっていますので、「空港で受け取る時間がない!」という場合にも柔軟に対応可能です。

オススメ理由② グローバルWiFiは海外からのサポートも手厚い

「もし台湾旅行中にWiFiルーターのトラブルが起こったら…」

そのようなときにも最大手のグローバルWiFiは充実したサポート体制を用意しています。

海外からグローバルWiFiにLINEやSkypeで問い合わせ!

グローバルWiFiはLINEやSkypeで問い合わせることができます。

どちらも海外から通話料無料でご利用可能ですので、旅行前に下記のアカウントを追加しておけば万全ですね。

LINEの無料通話で問い合わせる

LINE ID:@global_wifi

Skype ID:

  • 24時間対応
  • 通話だけでなくチャットでも問い合わせ可能
海外からグローバルWiFiに電話で問い合わせ!

「LINEの友だち登録を忘れた…」

「海外で通信ができない地域でトラブルにあったら…」

なんて場合にもグローバルWiFiは電話での緊急対応も可能になっています。

番号: +81 50 5840 9686 

番号を記載しておくので、万が一の場合にもメモを残しておくと安心ですね。

海外旅行先から国際電話をした時の話

友人との旅行中に、財布を落としてしまうトラブルが発生しました。

その財布にはクレジットカードなどの貴重品も含まれていたので、僕と友人は大パニックに。

急いでカード会社に電話をしてカードを止めてもらわなければ、とんでもない額の請求がくる恐れも…。

でもどこで国際電話をすればいいのでしょう?僕のiPhoneにSIMカードが入っているわけではないですし。

そこで訪れたのは観光地のツーリストセンター(Tourist Center もしくはTourist Information)です。

僕らはそこで「財布を落としたのでクレジットカード会社に連絡したいので、電話を貸してくれないか?」とお願いしてみました。

するとスタッフの女性は丁寧に対応してくれ、無事にクレジットカードの利用を停止させることができました。

他にも、観光地であれば道行く人に思い切ってお願いしてみるのも有効です。僕らが思っていた以上に優しく接してくれました。(もちろんお礼を渡そうとしましたが、いらないよ〜の一言。)

オススメ理由③ グローバルWiFiは申し込みサイトも使いやすい

レンタルWiFiの最大手であるグローバルWiFiは、申し込みサイトもかなり使いやすいです。

初めてレンタルWiFiを準備しようとすると、「サイトではどんな手続きが必要になるのかな?」と悩むこともしばしば。

そんなときには海外旅行をよくする友人に聞いてみたくもなりますが、細かい点まで答えてもらえるかはわかりません。

グローバルWiFiがすごいのは、質問にもすぐに対応できるように、申し込みサイト自体に専用チャットを設けている点です。

例えば、「私の自宅の近くの〇〇空港でも受け取れる?」という疑問がわいたとしても、いちいちサイトの中を探す必要はありません。

チャットで質問してみるだけです。

「サポートについてのページはどこ?」という場合にも、チャットで聞いてみるだけで、そのリンクを送ってくれたります。

このようにWebサイトでの申し込みに悩んだ場合でも、非常に簡単に疑問を解決できる仕組みがグローバルWiFiには用意されているのです。

グローバルWiFiの補償プランは?WiFiルーターを紛失・盗難にあった場合に備えて

「もし台湾旅行中にレンタルWiFiルーターを落としてしまったらどうしよう?」

いくら気をつけていても紛失や盗難のリスクをゼロにするのは難しいですね。

グローバルWiFiではもしもの場合に備えて「安心補償サービス」が用意されています。

特に「故障時の代替機郵送サービス」はグローバルWiFiの最大の強みなので、念のため加入しておけば安心して旅行にのぞめることでしょう。

安心補償パックミニ安心補償パックフル安心補償パックMAX
1日200円(税抜)1日300円(税抜)1日500円(税抜)
WiFi機器等の修理代金・再調達代金等
80%免除
WiFi機器等の修理代金・再調達代金等
100%免除
WiFi機器等の修理代金・再調達代金等
100%免除
故障時の代替機郵送サービス故障時の代替機郵送サービス故障時の代替機郵送サービス
 携行品損害・パスポート再取得費用
最大10万円補償

僕のオススメとしては表の中央の「安心補償パックフル」ですね。

1日300円の追加料金で修理代金や弁償費用が0円になり、故障時にも代わりのWiFiルーターを手配してくれるからです。

もしトラブルに遭遇した場合には、さきほど紹介したサポートデスクにまずは問い合わせてみてください。

とはいえ、台湾はフィリピン=マニラや、マレーシアの一部都市(ジョホールバル等)に比べればそこまで治安は悪くありません。

しかし、どうしても心配だという場合には補償プランを追加するのもありだとは思いますので、料金と自分の予算と相談してみてくださいね。

グローバルWiFiの強み

  • 日本と同じように4G LTEで高速通信ができる
  • 受け取り空港数が日本最高レベル
  • サポート体制がかなりしっかりしている
  • サイト内 / サイト外でもチャットで問い合わせができる
  • 補償プランの加入で代替機を郵送してもらえる

グローバルWiFiの弱みは少々価格が高めな点

台南にて。

グローバルWiFiは正直言って少々金額が高めになっています。

なぜ価格が高めなのかというと、台湾は非常に日本人旅行者に人気の観光地なので、WiFiレンタルの利用者数もかなり多いのです。

そうなると万が一のトラブルにも対応できるように、サポートにかなり投資をしなければなりません。

また、全国14の空港で直接WiFiルーターを受け取れる点も、日本人旅行者の利便性に対する配慮かもしれません。

その分のコストは24時間365日、LINEで問い合わせができるなど、私たちが安心して利用できるための必要経費なのです。

「安かろう悪かろう」ではなく、高い付加価値のサービスを納得の価格で提供しているので、むしろグローバルWiFiへの信頼を高めてくれるのではないでしょうか。

台湾から帰国後のレンタルWiFiについて

台湾旅行から日本に帰ってきてから、どのような点に気をつけるべきなのでしょうか?

まずは確実にレンタルWiFiルーターを返却することですね。

そして意外とお得なキャンペーンがグローバルWiFiから提供されますので、メルマガのチェックを定期的にしておくことをオススメします。

レンタルWiFIルーターの返却方法

返却方法に関しても大きく2つの方法があります。

1つ目は到着空港でそのまま返却。

グローバルWiFiは先ほど紹介した国内14の空港に加え、鹿児島空港でも返却ができるようになっています。

2つ目の方法は、自宅から宅配で返却という方法です。

この方法の場合、帰国当日に発送(16:00以降の到着の場合は翌日16:00まで)すれば問題ないです。

ただし、発送が遅れると超過日数に応じて別料金が発生しますので気をつけてください。

グローバルWiFiのメルマガをチェックする

「また次の旅行でもグローバルWiFiを利用したいけど、何か割引とかはないの?」

あります。定期的にメルマガ限定のキャンペーン情報が配信されます。

僕もグローバルWiFiのメルマガを受信しています。たまにチェックすると面白い旅行情報にも触れられます。

こうした割引キャンペーンはなかなかありがたいものです。

これに加えて、はじめて利用するときとは違い、2回目であれば申し込み手順も経験済みなので、かなりスムーズに進められるというメリットもありますね。

台湾旅行の時のおすすめレンタルWiFiまとめ

いかがでしょうか?

台湾旅行ではSIMカードがあればかなり便利でコスパ良しです。

ただし、SIMフリー端末の用意や各携帯キャリアへの申し込みはちょっと面倒。

そんなときには手軽に日本で申し込みができるレンタルWiFiがおすすめです。

そのなかでも各社様々な料金プランが用意されていますが、台湾旅行で僕がもっともおすすめするレンタルWiFiブランドはグローバルWiFiです。

このグローバル国内最大手なので、他社と比べてブランド・サービス力がありますし、4G LTEが利用できるので、もっともコストパフォーマンスが良いです。

台湾旅行の際にはぜひ検討してみてくださいね!

海外ローミングと比較して78%以上お得?
海外インターネットならGLOBAL WiFi

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

よく聞かれるのが「オーストラリアに旅行に行くんだけど、WiFiレンタルって必要なの?」という疑問です。 絶対にWiFiが必要というわけではないのですが、普通の人であればWiFiルーターをレンタルしたほ ...

-アジア, 海外旅行
-

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.