行楽・アウトドアで大活躍!テントの基礎知識と選び方

更新日:

キャンプや登山など、アウトドアのさまざまな場所で活躍するのが「テント」です。

テントがあるだけで、一気にアウトドアの雰囲気が出ますよね。

とはいえ、さまざまなテントが発売されていますし、安い買い物ではないのでなかなか購入に踏み切れない・・・という方も多いでしょう。

そこで今回は、テントの基礎知識と選び方について見ていきたいと思います。


テントはどんなときに使うべき?

テントといえば、やはり野宿する際に使用するのが基本ですが、荷物を風や日光から守ったりするためにも利用します。

夏場で日差しが強い場合、熱中症の予防にもなりますので、日陰を作れるという点でテントがあると非常に安心できますね。

お子さんがいる家庭でのアウトドアでは必須のアイテムでしょう。

テントを選ぶときのポイント

男はテント張りがうまくなければいけない!というのが昔のアウトドアブームの時はありました。

実際、アウトドアでテキパキ準備が出来るとカッコイイですよね。

しかし、僕も含め「テント張りは難しそうだし、自信がない・・・」という方がほとんどでしょう。

でも安心して下さい、近年では非常に設営が簡単なテントも多く開発されていますよ!

初心者は設営がしやすいものを選ぼう!

設営が難しいものを選んでしまうと、テントを張るだけで多くの時間をロスしてしまいます。

それでせっかくのアウトドアが楽しめなくなってしまったら残念ですよね。

最近ではかなり特殊な形状のテントも販売されていますが、初心者にオススメなのが「ドーム型」テントです。

テントは悪天候の中で使用することも多いので、風が強かったりする中でも容易に組み立てられるテントを選ぶのも工夫の1つですね。

登山で利用する場合は重量・耐久性も考慮しよう

一般的なキャンプではなく、登山の野営で利用するという方もいらっしゃるでしょう。

その時に考慮したいのが重量、そして耐久性です。

登山ではもちろんテントを背負って登るため、テント自体が重たいと足への負担が大きくなってしまいます。

また、平地に比べて風が強く雨も降るため、強風に負けない強度が必要でしょう。

背負ったテントが重く、バランスを崩して怪我をする可能性。強風でテントが煽られる危険性。どちらも計算にいれた商品選びが大切です。

快適な室内空間があるか?

テント選びにおいて個人的に重視している室内空間のポイントは以下の4点になります。

  • 足を伸ばして横になれる奥行きがあるか
  • プライバシーが保護されるか
  • 通気性は充分か
  • 虫が入ってこないか

テント泊を考えている場合は特に「足を伸ばせるかどうか」というのが重要なポイントになります。

航空機などでの長時間移動を経験した方なら分かると思いますが、足を伸ばせないと熟睡できないし、疲れも取れにくいですからね。

個人的ににオススメのテント

ここまでは、テントの基礎的な知識と選び方について見てきました。

アウトドア用品店にはさまざまなテントがズラリとあり、値段も数千円から十万円近くまでとかなりの開きがあります。

私が買って失敗したのはあまりにも安いテントですね。確か3,000円くらいでした。

強度が無く、風で煽られて曲がってしまいましたからね。笑

そんな粗悪品も世の中にはありますが、ここからは個人的にオススメのテントを紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

【初心者にオススメ】mont-bell「ステラリッジ テント 1」

モンベル「ステラリッジ テント 1」は、設営の容易さと高い耐久性を兼ね備えたテントです。

一般的なドーム型で設営が簡単なうえ、雨や降雪時など、さまざまな過酷な環境でも耐えうる高い強度が魅了的。

フライシートは別売りですが、他にもさまざまなオプション用品が販売されており、用途に応じてカスタマイズできるのも良いですね。

【広々とした室内空間と通気性】モンベル「サンダードーム 1型」

モンベル「サンダードーム 1」は、全面がメッシュで高い通気性を実現しています。

全てのポールがショックコードで一体となっているため素早く設営・撤収が可能。

メッシュによる開放感もあるため、暖かい季節のサイクリングやキャンプなどで活躍するでしょう。

【軽量と機能性を実現】ザ・ノース・フェイス「ストームブレーク 2」

ザ・ノース・フェイス「ストームブレーク 2」は、超軽量かつ充分な機能性を兼ね備えたテントです。

重量は2.41kgと2人用テントにしては、かなりの軽さを誇ります。

奥行きが221cmもあるため、充分に足を伸ばして眠ることができ、メッシュ生地を採用したキャノピー(天蓋)によって夏でも涼しさをキープ可能。

小物収納などにも優れており、アウトドアだけではなくバックパッカーの方にもオススメのテントです。

 

まとめ

今回はテントの基本と選び方・オススメ商品について見てきました。

不便なアウトドアにおいて、休めるベースキャンプがあるというのはとても安心できるものです。

アウトドア好きの方はGW・夏休みなど長期休暇の前にぜひテント購入を検討してみてくださいね。

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

よく聞かれるのが「オーストラリアに旅行に行くんだけど、WiFiレンタルって必要なの?」という疑問です。 絶対にWiFiが必要というわけではないのですが、普通の人であればWiFiルーターをレンタルしたほ ...

-アウトドア, 娯楽
-,

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.