バンコクのバックパッカー御用達の格安ゲストハウス!「Mama Guest House」

更新日:

DSC_2034

さあ、バンコクはカオサンから記事をお届けします!

ところでアジアを旅していてこんなことを考えたことありませんか?

  • いわゆる普通のホテルに泊まっていて刺激が足りない
  • 貧乏旅行なので宿泊費を節約したい
  • 観光地だけどもローカル感に浸りたい
  • 日本人との交流がしたい

ここバンコク=カオサンではこうした悩みに対する答えが「まだ」用意されています。

そのうちのひとつ、ずばりMama Guest Houseです!

※「まだ」というのは、宿泊価格が段々上がっていたり、予約システムの導入でアポなし宿泊が難しくなっているゲストハウスが増えているため


バンコクの格安ゲストハウス「Mama Guest House」基本情報

まずは気になる宿泊料金。ドミトリーであれば1泊100バーツ、2016年3月現在では300円程度の値段です。驚愕の安さです。

とは言っても一般的なWebサービスとは契約していないのでしょうか、Booking.comやagodaにもその情報は載っていません。

つまりタイ語もしくは英語が話せないと電話での予約も難しいかもしれません。

いや、仮に電話での予約が可能だとしてもどこで電話番号を入手したらいいのか…おっとFacebookページがあると思いきや電話番号欄は埋まっておらず。

スクリーンショット 2016-03-22 20.41.12

ページ後半に操作可能な埋め込みの地図(Google Map)も紹介

こうした格安のゲストハウスはカオサン周辺には一定数あります。

格安のゲストハウスに宿泊するには直接宿に出向くしかなさそうです。

しかしせっかくゲストハウスに辿りついたとしても、穴場なので長期滞在者が腰を落ち着けていることが多く、最悪の場合は定員一杯のこともあります。(Mama Guest House長期滞在者談)

特筆すべきポイントは日本人の旅行者が比較的多いことです。

ここに来れば割と高い確率で日本人の旅行者や長期滞在者に出会えるかもしれません。

バンコクに訪れた僕の友人も、ここで宿泊し、日本人と情報交換ができたと言ってました。

実際に僕も日本人の方にバンコクの穴場スポット(メディカルミュージアム)などの情報やラオスに関する情報を教えてもらうことができました。

ゲストハウスの周辺の様子は?

さてさてそんな激安な宿はどのような様子なのでしょうか。

まずは周囲の様子から見てみましょう。

DSC_1825

カオサン通りに平行するRammbuttri Alleyという通りから小道に入ったところです。

観光客で賑わうワイワイした通りから一気にローカル臭が増してきます。

DSC_1828

こうした屋台も営業しています。

ちなみに1杯10バーツ(30円程度)のラーメンを食べられます。

DSC_1831

そんな通りをちょっとだけ進むと、

DSC_2032

辿りつきました。

ここがママゲストハウスです。

格安ゲストハウス「Mama Guest House」の様子を覗いてみよう

ここが1泊100バーツ(300円)の格安ゲストハウス。

恐る恐る中を覗いてみましょう。

DSC_2035

なかなか味がありますね。

DSC_1982ちなみにこの近辺、夜になるとこんな感じです。

ちょっと怪しげな雰囲気がまた異国情緒を感じさせます。

DSC_1984

はい、怪しいですね。

このあたりはバックパッカーや観光客だけでなく、ローカルな人々も普通にくらしています。

ではいよいよ宿の様子を、っとその前に

S__16425058

恒例のトイレの様子です。

以前に紹介した一泊1200円程度のゲストハウスと比べると味が濃すぎます。

濃厚すぎです。

ちなみに、こちらがコスパの良いバンコクの宿のトイレの様子です。

関連:https://tolive.jp/thailand_bangkok_boxpackershostel/

DSC_2981

トイレとシャワーが別室になってたりします。

この綺麗さも素敵ですが1泊300円の宿ってのもなかなか興味深いものです。

すごく気になる格安ゲストハウスの客室

DSC_1987

ある意味で地上の楽園と称すこともできますね。(笑)

僕が宿泊したドミトリーのお部屋はこのような具合でした。

宿泊客はそれなりにいましたがベッドはまだ空きがありました。

この界隈だと南京虫のような害虫に悩まされることもあるそうですが、特段そのような問題はありませんでした。

何日かごとに宿を変えたり次の目的地に移動していく人が多いので、入れ替わりも少なくありません。

そんな旅人同士での交流もこうしたゲストハウスの醍醐味ですね。

バックパッカーの方、格安での宿泊を希望している方、日本人との情報交換を目的としている方、そして「古き良き」旅人の街であるバンコクを深く知りたいという方、ぜひともオススメのゲストハウスです!

バンコクの格安ゲストハウス「Mama Guest House」へのアクセス

冒頭に地図の写真を添付しましたが、最後に埋め込みのGoogleMapを紹介します。

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

オーストラリアに旅行に行く前に、WiFiを用意するかどうか、そしてどんなWiFiを用意すべきか迷いますよね。 出発がもうすぐに迫っているけど、どのWiFiを選んだらいいのか、どれに気をつけるのか分かり ...

-アジア, 海外旅行
-,

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.