【2017年版】実際に訪れてみて良かった浅草ゲストハウス【まとめ】

更新日:

 

ToLIVE編集部はこれまで、浅草にあるさまざまなゲストハウスに宿泊してきました。

それぞれに個性や特徴があって魅力的なのですが、数が多くて選べない・・・という方もいるでしょう。

そこで今回は「浅草のゲストハウスに泊まってみたい」という方向けに、実際に訪れてみて良かったゲストハウスをまとめてみました。


生活感を感じたいなら「レトロメトロバックパッカーズ」がオススメ

「レトロメトロバックパッカーズ」はバックパッカー界隈ではとても有名なゲストハウスです。

一軒家をリノベーションして作られているので、少々古い感じが生活感を出しているのが魅力。

日常に旅を取り入れたような雰囲気を味わえるのは、レトロメトロバックパッカーズだからこそ。

宿泊人数も少なめなので、アットホームな感じがとても良かったです。

レトロメトロバックパッカーズの基本情報

  • 住所 : 〒111-0035 東京都台東区西浅草2-19-1
  • TEL : 03-6322-7447
  • 営業時間 : 9:00-14:00,16:30-22:00 / チェックイン..16:30-22:00 / チェックアウト...12:00
  • 公式サイト : レトロメトロバックパッカーズ

※ 2017年1月の情報です。営業時間等は変更になる場合があります。

本当の日本を知れる古民家ゲストハウス「toco.」

築90年の古民家を改装して作られた「toco.」は、浅草というよりは入谷駅の近くなのですが、個人的に好きなのでランクイン。

こちらはとても人気のゲストハウスで、予約が困難です。僕達が予約を取れたのもかなりラッキーでしたね。

フロントを抜けると目に入るこちらの庭は、東京では滅多にお目にかかれないでしょう。

ただ日本的な物を置くだけではなく、"わびさび"を感じられるゲストハウスです。

「toco.」基本情報

  • 住所 : 〒110-0004 東京都台東区下谷2-13-12
  • TEL : 03-6458-1686
  • 受付営業時間 : 16:00-23:00 / チェックイン..15:00-21:00 / チェックアウト...11:00
  • 公式サイト : toco.

※ 2017年1月の情報です。営業時間は変更になる場合があります。

境界を超えて交流できる空間「Nui.」

「Nui.」はとてもデザイン性が高いゲストハウスで、昼間はカフェ、夜はバーとして、多くの人が訪れます。

内装も非常に綺麗で、ゲストハウスとホテルの中間に位置するようなイメージです。

バーに訪れるお客さんは、近所の人や宿泊中の海外の方などさまざま。

境界を超えて盛り上がれる空間は「Nui.」ならではの特徴です。

海外の方と交流したい方はぜひ訪れてみて下さい。

「Nui.」基本情報

  • 住所 : 〒111-0051 東京都台東区蔵前2-14-13
  • TEL : 03-6240-9850
  • 受付営業時間 : 8:00-23:00 / チェックイン..16:00-23:00 / チェックアウト...11:00
  • CAFE & BAR : カフェタイム...8:00-18:00 / バータイム...18:00-25:00
  • 公式サイト : Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE

※ 2017年1月の情報です。営業時間は変更になる場合があります。

ゲストハウス初心者におすすめ!「K's HOUSE 東京オアシス」

「K's HOUSE 東京オアシス」は、浅草ゲストハウスの中では少し地味な存在かもしれません。

しかし、まるで知り合いの家に遊びに来たようなアットホーム感はこのゲストハウスでしか味わえないでしょう。


「日本」を主張しすぎないのが逆にいいですよね。
浅草のゲストハウスはどちらかというと「非日常」を感じやすいのですが、「K'sHOUSE東京オアシス」の場合はまるで自宅のようにリラックスすることが出来ます。
大規模なゲストハウスではないので、ゲストハウス慣れしていない方にオススメです!

「ケイズハウス東京オアシス」基本情報

  • 住所 : 〒111-0032 東京都台東区西浅草2-14-10
  • TEL : 03-3844-4447
  • 営業時間 : 9:00-14:00,16:30-22:00 / チェックイン..16:00-22:00 / チェックアウト...12:00
  • 公式サイト : K's HOUSE 東京オアシス

遊び心を感じられるゲストハウス「カオサン東京サムライ」

カオサングループは、日本全国に13店舗のゲストハウスを展開しています。

そのうちの1つ「カオサン東京サムライ」は、日本文化を徹底的に取り入れています。

こちらの写真は、宿泊者が自由に利用できるラウンジです。

壺や障子など、ひと目見ただけで「日本」って感じがしますよね。

模造刀も飾ってあったり、けん玉や折り紙などが置いてあったり、非常に遊び心が感じられるゲストハウスです。

「カオサン東京サムライ」基本情報

  • 住所 : 〒111-0035 東京都台東区西浅草3-16-10
  • TEL : 03-3844-0011
  • 受付営業時間 : 8:00-21:00 / チェックイン..15:00-21:00 / チェックアウト...11:00
  • 公式サイト : カオサン東京サムライ

※ 2017年1月の情報です。営業時間は変更になる場合があります。

ロケーションが素晴らしい「IZA東京浅草ゲストハウス」

IZA東京浅草ゲストハウスは浅草駅からほど近く、なによりスカイツリーに行くにもなかなかの好立地。

5階の屋上ではスカイツリーを間近に見ながらリラックスするなんて贅沢も!

1階共用スペースは24時間利用可能。スッタフのみなさんも気軽に声をかけてくれます。なんでも、2017年度に江ノ島にもう1つゲストハウスをオープン予定だそうです。他にも鎌倉にもゲストハウスがあるなど、いま目が離せない新興チェーンです。

「IZA東京浅草ゲストハウス」基本情報

  • 住所 : 〒130-0005 東京都墨田区東駒形1丁目18−8
  • TEL : 03-5637-7790
  • 営業時間 : チェックイン..15:00-22:00 (レイトチェックインの際は要電話連絡) / チェックアウト...10:00
  • 公式サイト : IZA東京浅草ゲストハウス

※ 2017年1月の情報です。営業時間等は変更になる場合があります。

「BUNKA HOSTEL TOKYO」

BUNKA HOSTEL TOKYOはとてもモダンなデザイン。スタッフの対応はピカイチで、1階のカウンターで手続きをしていると「ここはゲストハウス(ホステル)なのか?」なんて疑いたくなってしまうほど。

宿泊スペースはそれぞれのコンパートメントが用意されていて、プライバシーへの配慮を感じます。

木で作られたベッドルームで、布団はふかふか。とにかく部屋に大胆に備え付けられたベッドスペースが印象的です。

1階部分は昼はカフェに、夜は居酒屋へと様変わりします。

BUNKA HOSTEL TOKYOの洗練されている様子は必見です。都会型の新しい宿泊空間として浅草エリアを盛り上げていることでしょう。

「BUNKA HOSTEL TOKYO」基本情報

  • 住所 : 〒111-0032 東京都台東区浅草1-13-5
  • TEL : 03-5806-3444
  • 営業時間 : スタッフ24時間常駐 / チェックイン..16:00~ / チェックアウト...10:00
  • 公式サイト : BUNKA HOSTEL TOKYO

※ 2017年1月の情報です。営業時間等は変更になる場合があります。

それぞれ個性があって、どのゲストハウスも魅力的ですよね。

また、一度行った場所でも再び訪れると新しい発見があったりするので、常連客になるのもオススメです!浅草に限らず、一部のゲストハウスは1階部分や共有スペースを宿泊者以外の人にも公開しています。予約をしていないとしても、ふらっと訪れて、スタッフやお客さんと顔見知りになるもよし。ゲストハウスは単なる「宿泊施設」を超えた存在としてあなたの日常を彩ってくれることでしょう。

ぜひ自分の憩いの場所を見つけてくださいね。

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

よく聞かれるのが「オーストラリアに旅行に行くんだけど、WiFiレンタルって必要なの?」という疑問です。 絶対にWiFiが必要というわけではないのですが、普通の人であればWiFiルーターをレンタルしたほ ...

-国内旅行, 関東地方
-,

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.