旅行記録に絵日記をオススメする5つの理由

更新日:

IMG_4408

「漫然と旅をしていませんか?」

旅はしているけど「いまいち自分の糧になっていないような気がする」「旅のことを思い出せない」なんて事が良くあると思います。

そのような悩みを解決するために僕がオススメするのは「旅行絵日記」です。

今回は僕も取り組んでいる「旅行絵日記」のメリットをご紹介致します。


旅行絵日記を書くと旅を思い出せる

絵と文字を書くことによって、旅をしていた時の情景をリアルに思い出すことができます。

僕がドイツ/ヴュルツブルグに行った時の旅行絵日記には「レストランに入って、店主が面白い人だった。娘を嫁にしないか?と言われた」という記述がありました。これを見返すと、その時にどのような会話をしたか鮮明に思い出すことが出来ます。

ここの店主は横浜にも店があると言っていたが果たして本当なのでしょうか...

このようにちょっとしたメモ書き程度でも、何も書かないよりはマシです。

絵が苦手な方は写真を貼り付けてもいいですね。僕は下手くそながら絵で頑張っていますよ!

旅行を記録することでアウトプットの質が高くなる

旅というのは、良いインプットの機会です。知らない文化、土地柄など多くのことを学ぶことができます。

価値観が変わる事もあるでしょう。

でもインプットしただけだと意味がないですよね。何らかの形でアウトプットすることで身になる度合いが全く変わってきます。

-shared-img-thumb-PAK86_pennotekakikomi20140312_TP_V

「絵日記を書くんだ!」というのを意識しているだけで、ものの見方が変わってきます。

例えば、絵を描くこと前提に街を歩いていれば、通りの人の多さや建物の色等に自然に目が行くでしょう。

そのような習慣をつけることで、どんどんアウトプットの質が高くなっていきます。

コラージュが上手くなる

旅先では、様々なパンフレットや、切符や切手、スタンプなどが手に入りますよね。

それを自分の絵日記に貼り付けたりして組み込んでいくと、素敵な自分だけのページが完成します。

スクラップ帳のようにしても面白いですね。写真、絵、文字、切手などのレイアウトを考えるのも楽しくて、コラージュ技術が身につきます。

abb8460b5ebdabd2f02e71ad090b071e_s

僕はコラージュが下手くそなのですが、女性は本当に上手な人が多いです。尊敬します。

スクラップ帳を作っていると、旅行の思い出を振り返るのが楽しみになりますよね。

旅行絵日記は自分だけの旅行ガイドになる

自分の旅の記録を示した絵日記があれば、一度行った場所ならもう安心。

大きい旅行ガイドを持つ必要はありません。この絵日記だけで十分です。

-shared-img-thumb-YUKA150912596015_TP_V

以前訪れた場所との比較もできますし、前回感じられなかったことにも気づくかもしれません。

旅行記録には、旅を1度で終わらせない役目もあります。

家族・友人と旅を共有出来る

帰国すると、友人、家族と旅の感想を話すことになりますよね。

その時にこの絵日記があれば、必ず盛り上がりますし、より細かい情報まで相手に伝えることが出来るでしょう。

映画「イントゥザワイルド」というロードムービーにはこのような名言があります。

「幸福が現実となるのは、それを誰かと分かち合った時だ。」

素晴らしい名言ですよね。この映画は、青年が一人で旅をしていくロードムービーなのですが、「幸福を誰かと分かち合う大切さ」を教えてくれる映画です。まだ見ていない方は是非ご覧ください。

旅行絵日記にオススメの手帳

僕が利用している手帳は「トラベラーズノート」です。

本体が4000円程度と高価なだけあり、本革で出来ているので使えば使うほど味が出てきます。中身取替式なので、目的に応じたリフィルを用意できるのも非常に便利。

リフィルの種類も非常に多彩で、無地・横罫・方眼・画用紙・カレンダー等様々。

例えば、普段は手帳として利用するのでスケジュールカレンダーを挟み、旅行絵日記を書く時は無地のリフィルに取り替えたり。

本体にはリフィルを3冊挟めるので、僕の場合は(カレンダー+横罫+無地)で構成しています。

旅行絵日記の場合ですと、一度の旅行で無地リフィル一冊目安に書いていくと良いでしょう。

旅で得た幸福を、友人や家族と分かち合って、現実として自分の糧にして下さい!

それでは、素晴らしい旅行ライフを!

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

オーストラリアに旅行に行く前に、WiFiを用意するかどうか、そしてどんなWiFiを用意すべきか迷いますよね。 出発がもうすぐに迫っているけど、どのWiFiを選んだらいいのか、どれに気をつけるのか分かり ...

-海外旅行
-

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.