インドアだけどアウトドア?旅してる感が味わえるゲームたち

更新日:

僕はゲームをプレイするのが好きなのですが、時には今すぐ冒険に出たくなるようなゲームと巡り合うこともあります。

また、本来ならば行けないような場所や、過去の時代(例:19世紀のイギリス)などにも訪れることができるのがゲームの魅力ですよね。

今回は忙しくてなかなか遠出ができない方に向け、家の中でも旅をしている気分を味わえるゲームをご紹介いたします。


アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

前作『UC3』の後、長年のパートナーであったエレナと結婚してトレジャーハンターを引退していた主人公・ネイトだったが、死んだはずの兄サムとの再会を期に、伝説の都市リバタリアや、海賊王ヘンリー・エイヴリーの財宝が秘める謎を求め、サムとともに再び世界一周の旅に乗り出す。この冒険は彼がこれまで経験した中で最大のスケールとなり、体力の限界、決意、そして最終的には愛する者を救うために彼がどこまで犠牲にできるかが試される。

「旅×ゲーム」を語る上でこのゲームは外せませんね。「アンチャーテッド」シリーズは累計出荷数で2100万本を超えるヒットシリーズで、多くのゲームアワードを受賞しています。

最新作である「海賊王と最後の秘宝」はグラフィックでいえばPS4でも最高レベル。"PLAYする映画"のキャッチコピーそのままに、巧みなストーリー構成と「今、冒険している!感」を醸し出す演出が素晴らしいです。

難易度も複数段階で調整でき、アクションゲームが初めての方でも充分に楽しめる作品です。

また、美麗なグラフィックで描かれる絶景を堪能できるのもこの作品の良いところ。思わず「ゲームもここまできたか・・・」と呟いてしまうほどです。

2017/9/14に追加ストーリーコンテンツ「アンチャーテッド 古代神の秘宝」が発売決定しており、こちらにも期待したいですね。

Grand Theft Auto V

9年前、冬のノースヤンクトン州・ルーデンドルフにて銀行強盗が発生。強盗犯は逃走中に警察の待ち伏せに逢い強盗は失敗に終わった。

そして現代のサンアンドレアス。かつての強盗犯はそれぞれ偽り、そして堕落の人生を送っていた。そんな中、新たなる仲間との出会いとかつての強盗仲間との再会を果たしたことで、あの9年前の強盗に秘められた陰謀、そして再び途方もない夢に立ち向かうことになる。

引用 : wikipedia

こちらもシリーズ累計2億2000万本を売り上げる大ヒットシリーズなので、ゲームに詳しくない方でも知っている人は多いのではないでしょうか?

このゲームの特徴はなんといっても「自由度の高さ」です。

メインとなるストーリーはあるのですが、物語そっちのけでドライブするも良し、観光するも良しのなんでもありのゲームです。

僕の楽しみかたは高級車に乗って深夜の高速道路を爆走することですね。笑

次世代機になってからのGTAシリーズは、グラフィックにも磨きがかかり、街を歩いているだけでも楽しくなった印象です。

PC/PS4/XboxOne/PS3/Xbox360のマルチプラットフォームで展開されていますが、描写の差が大きいので、できればPC/PS4/XboxOneでプレイしたいですね。

車の種類も豊富で、自転車やバイクも乗れますので、ドライブがしたい人にはオススメの作品です。

ライズ・オブ・ザ・トゥームレイダー

孤島から生還したララは、孤島で目撃した不死の軍団の存在から、父親が研究していた「神秘の源」の存在を確信していた。父が正しかったことを証明するため彼の研究書に書かれていた「預言者」を追ってシリアの預言者の墓と思われる遺跡へと潜入するが、そこであの孤島を牛耳っていた男の裏にいた謎の組織「トリニティ」の兵に襲われる。
命からがら逃げだしたララは、遺跡で得た情報を元に預言者の足跡を追ってシベリアのウラル山脈近辺にある遺跡を目指し、ジョナと共に極寒の地を訪れた。
引用 : wikipedia

「トゥームレイダー」は1996年から続くゲームシリーズで、アクション・アドベンチャーゲームとしては抜群の知名度と人気を誇ります。

そんなトゥームレイダーシリーズの最新作「ライズ・オブ・ザ・トゥームレイダー」では、考古学者で移籍探検家の主人公「ララ・クロフト」を操作し、大自然を旅しながら失われた幻の都を探します。

前述の「アンチャーテッド」同様にゲームへの没入感がすさまじく、まさに映画の中にいるような気分になります。

グラフィックももちろん綺麗なのですが、特に注目してほしいのは氷の描写。このシーンから、次世代ゲームの可能性を改めて感じることとなりました。

操作性も抜群で、アイテム収集などのやりこみ要素もあり、長時間楽しむことのできるゲームです。

まとめ

近年ではハードウェアのグラフィック性能が向上したこともあり、本物と見間違うようなCGを見る機会も増えましたね。

特にゲームグラフィックの向上は顕著で、今後もどんどん美麗になっていくでしょう。

今回は、思わず旅に出たくなってしまうゲームを3作品ご紹介しましたが、やはり長年シリーズが続いている作品はクオリティが高いですね。

過去に数々の失敗をしたからこそ、素晴らしい作品ができるのだと改めて感じました。

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

  海外旅行で使えるアプリをお探しですか? 旅行に出かけようと思っても、どんなアプリをインストールしておけば安心なのか悩みますよね。 いろいろな種類がありますし、そのアプリを使えば何が便利に ...

沢木耕太郎の『深夜特急』が導いた旅 4

ラオスで出会った旅人たちは沢木耕太郎氏の『深夜特急』に魅了されていた。 旅先で出会った日本人バックパッカーは言った。 「俺も読んだよ、『深夜特急』」 ラオス=バンビエンは東南アジアのバックパッカーが多 ...

5

トランジット時の過ごし方で悩んでいませんか?
長距離飛行だったり格安航空券の利用時には、なかなか避けられないのがトランジット。
今回の記事では、トランジットを少しでも有意義な時間にする方法をご紹介いたします。

-ゲーム, 娯楽

Copyright© ToLIVE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.