コスパ最高?ホイアンの街を味わうならレンタル自転車がおすすめ

投稿日:

この記事の要約 ~ ホイアンでレンタル自転車を利用する ~

  • ホイアンの町外れのクオリティの高いホテルにも泊まれる
  • お金をそこまでかけずに行動範囲を広げられる
  • 自分の気の赴くままの旅ができる

ベトナムのホイアンに2泊3日で滞在してきました。

今回の滞在はめちゃめちゃ満足度が高かったんです。いい感じのホテルにコスパよく宿泊できたから。

ホイアンの観光スポットは中心街。どうしたってアクセスがいいところになれば宿泊代が高くつきます。

けれどちょっと郊外に宿を取ってみるだけで、実はかなりいい割りのいいホテルを選べます。

でも中心地まで離れてるよね?すごく不便じゃない?って思われるかもしれませんが問題はないです。

レンタル自転車を利用すればいいだけなんですから。

今回の記事では僕が実際に泊まったホイアン郊外のRuby Hotel Hoi Anを起点に、レンタル自転車を使い倒すことで生まれるメリットを考えたいです。

旅行ブログだからこその視点で、ホイアンでの過ごし方をのぞいてみましょう。


ホイアンの町外れのホテルは中心街からどれくらい遠いのか?

さて、このブログでは「コスパよくホイアンに滞在するなら郊外のいい感じのホテルを選べ!」と主張しています。

そこで気になるのは、実際にどれくらい遠いのか?というポイントです。

今回僕が泊まったホテルと各スポットの距離感はこんな具合です。

  • ホイアン市場: 1.7km
  • ホイアン旧市街: 1.9km
  • 日本橋: 2.1km

どれも歩いて20分以上の時間がかかります。

実際に歩いてみたのですが、南国の強い日差しと暑さは想像以上です。

だからこそ、移動手段は大事になってきます。

ホイアンでおすすめの移動手段は?

ホイアン滞在中の移動手段はどうしましょう?

町歩きが大好きだよ!って人にはやはり徒歩をおすすめしたいです。

ホイアンの街並みは『深夜特急』でおなじみの沢木耕太郎さんも絶賛していますし。

でもやっぱり暑いし日焼けが気になりますよね。

かといってすべての移動をタクシーで済ませるのも、なんだか情緒にかけますよね?

そこでおすすめなのがレンタル自転車です。

レンタル自転車があれば、日本橋などの中心部まで7 ~ 8分以内に到着できます。

徒歩と違って風もさわやかですし、気の赴くままにハンドルを操作できます。

そんなレンタル自転車は1日で数万ドン程度。

たった100円程度の費用にしてはありあまるほどの果実です。

ホイアンでレンタル自転車を利用するメリット?

さて、ホイアンでレンタル自転車を利用するメリットはどんなものがあるのでしょう。

あらためて整理してみましょう。

僕が思うに、コストパフォーマンスの良さに集約されているんじゃないかなと思います。

メリット① 割りのいいリゾートホテルに泊まれる

まず最初のメリットは「リゾートホテルに割りよく泊まれる」というメリットです。

どうしたってホイアンの中心地に行けば行くほどホテル代は高くつきがちです。

ですが、ちょっと町をはずれたエリアにけば、比較的安い金額でそこそこのホテルに宿泊できます。

そんなホテルを利用できるのも、徒歩以外の移動手段があってこそです。

レンタル自転車を利用する前提でホテルを選べば、さらにコスパの良いホテルも視野に入れられることでしょう。

メリット② 他の移動手段に比べて安い割に手軽

レンタル自転車のいいところは、他の移動手段に比べて、安価なところにあります。

徒歩だけで行動するのは論外として、やはり移動の中心をタクシーだけにするのは出費がかさんで大変です。

涼しい車内で優雅に過ごすのも悪くないのですが…。

またレンタル自転車とよく比べられるのがレンタルバイクですね。

レンタルバイクのコストはタクシーより安いけど、自転車よりは高いですね。

機動力があって魅力的な選択肢ですが、慣れない異国の地でバイクを選ぶのはやっぱりハードルが高いかも。

ホイアンの街ではバイクは乗らなかったのですが、ガソリンの入れ方とか、そもそものガソリンスタンドの見つけ方とか、けっこう慣れが必要かなと思いましたね。

やっぱりそう考えると、

  • 徒歩よりは移動時間を圧倒的に短縮できる
  • 費用が限りなく小さい
  • バイクよりもすぐに利用開始できる

などの点を考えると、レンタル自転車は移動手段のなかではコスパのよい選択肢です。

おまけ ~ レンタル自転車で実際に回ったスポット

それでは最後に、ホイアンにて僕がレンタル自転車で実際に回ったスポットをご紹介します。

…といっても、何か特別なスポットがあるわけではありません。

  • 日本橋
  • ホイアン市場
  • ホイアン旧市街
  • テーラーメードのお店
  • シークレットレストラン
  • 世界一おいしいと評判のバインミー屋

これだけ?はい、「ホイアン おすすめ」で出てくるようなスポットばかりですね。

なんですが、ここに挙げた以外にも非常に魅力的なスポットがありました。

ホイアンの「アンバンビーチ」です。

ベトナム自慢のビーチだそうで、国内外からも知名度が高いんだそうです。

しかしながら、このビーチがよかったというより、ここに到るまでの道が非常に面白かったんですね。

田んぼを切り裂くように続く一本の幹線道路。

こいつの脇にはほんとに魅力的な田園風景が広がっていて、白い鷺が群れをなして飛んでいます。

農作業に精を出す人々の姿も垣間見れました。

同じ稲作文化の日本と比べて、似てる部分もまったくちがう部分も発見できたんですね。

こんな風にちょっと立ち止まって、自分の気の赴くままに旅をする。

こんな贅沢がたった100円程度で実現できるのですから、やっぱレンタル自転車はおすすめですよ。

まとめ

レンタル自転車があれば、ホイアンをコスパよく楽しめるということで、紹介してきました。

僕が感じたレンタル自転車を利用するメリットは以下。

  • ホイアンの町外れのクオリティの高いホテルにも泊まれる
  • お金をそこまでかけずに行動範囲を広げられる
  • 自分の気の赴くままの旅ができる

正直あと数日はホイアンに滞在したかった…もし友人にベトナム旅行について聞かれたら、間違いなくホイアンは推せますね。

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

  海外旅行で使えるアプリをお探しですか? 旅行に出かけようと思っても、どんなアプリをインストールしておけば安心なのか悩みますよね。 いろいろな種類がありますし、そのアプリを使えば何が便利に ...

沢木耕太郎の『深夜特急』が導いた旅 4

ラオスで出会った旅人たちは沢木耕太郎氏の『深夜特急』に魅了されていた。 旅先で出会った日本人バックパッカーは言った。 「俺も読んだよ、『深夜特急』」 ラオス=バンビエンは東南アジアのバックパッカーが多 ...

5

トランジット時の過ごし方で悩んでいませんか?
長距離飛行だったり格安航空券の利用時には、なかなか避けられないのがトランジット。
今回の記事では、トランジットを少しでも有意義な時間にする方法をご紹介いたします。

-アジア, 海外旅行
-

Copyright© ToLIVE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.