常春のダラットはまるでヨーロッパ!素敵すぎるその街並みに感動必至

更新日:

ベトナム人に大人気の観光地ダラット。

常夏のイメージがあるベトナムのなかでもダラットは異色の存在で、1年中まるで春のような気候が楽しめます。

そんなダラットはまだまだ日本人には知られていない観光地なんです。

今回はそんな過ごしやすくて穴場な観光地ダラットの、すてきな街並みに迫りましょう!


常春のダラットはベトナム国内でも一大観光地

ダラットの気温は1年中20度くらいですので、常夏のホーチミンやダナンとは大違いです。

なのでダラットは国内随一の避暑地として、たくさんの観光客を受け入れているんですね。

ここは欧米や中国からの観光客が中心ですが、やっぱりベトナム人の比率が高い印象。

ちなみに海外へ移住した、いわゆる「越僑」と呼ばれる在外ベトナム人にも、このダラットの地は人気だそうです。(現地ベトナム人談)

ダラットの街並みはヨーロッパの庭園みたい!

ダラットに訪れると、その快適な気温もあいまって、街並みのうつくしさに誰もが感動してしまうことでしょう。

街の中心にはシンボルとなるスアンフーン湖がどっしりと構えています。

ここをぐるっと取り囲むように道路が整備されています。

ダラットの気候は常春

沿道にも草花がしっかりと整えられており、ほんとうに美しい。

まるでここはヨーロッパの高原地帯のようです。

ベトナムの避暑地ダラット。

歩いていても、バイクに乗っていてもとにかく気持ちがいいです。

湖のほとりにはマーケットがあったり、きれいな花がたくさん植えられた植物園があります。

ダラットのコロニアルな洋風建築物

ダラットの街の歴史は意外にも浅く、1890年代の旧フランス領時代からその歴史が始まっています。

やがて街の開発は進み、この街には大学などの教育機関や研究機関があつまるようになりました。

学校だけでなく、カトリックの教会も建てられたダラットの街は、いまでもたくさんのコロニアルな建物がのこされています。

個人的には、サイゴンの街(ホーチミン市の中心部)よりも美しく整備されているなあ、といった印象。

ダラットの中心部の広場

ダラットの中心部の広場

ダラット市内の「おへそ」とも言えるスアンフーン湖のほとりに広場があります。

昼間は閑散としたこの広場。

立ち並ぶお店や、ちょっとした屋台が顔をのそかせている程度で、ちょっとさみしい印象です。

ダラットの中心部の広場のナイトマーケット

ところが夜になれば一変します。

いったいどこに隠れていたんだ?と思えるほどの人だかり。

ダラットの中心部の広場のナイトマーケット

ここでは連日連夜ナイトマーケットが展開されていて、たくさんの観光客でにぎわっています。

ダラットで食べた鍋料理

このあたりご飯を済ませて、さあ、屋台の品を見に行きましょう。

ダラットの街並み まとめ

ダラットはまるでベトナムではないみたい。

この地は旧フランス領時代から開発が進められ、現在にいたるまで観光地として整備されつづけてきました。

その洗練された街並みは、おだやかで過ごしやすい気候とあいまって、まるで楽園のようです。

朝は深い霧が街全体を覆ったかと思えば、昼は強い日差しが照りつける。

そして夕刻には気持ちのよい涼風が頬をなで、あまりに美しい1日が終わるのです。

ダラットは本当に美しい街です。

ホーチミンから数十分のフライトで簡単にたどりつけるので、ぜひ訪れてみてください!

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

よく聞かれるのが「オーストラリアに旅行に行くんだけど、WiFiレンタルって必要なの?」という疑問です。 絶対にWiFiが必要というわけではないのですが、普通の人であればWiFiルーターをレンタルしたほ ...

-アジア, 海外旅行
-,

Copyright© ToLIVE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.