現金に困った!週末の韓国=全州で両替にたどり着くまでのお話

更新日:

日曜日の全州に来たのは良かったのですが、両替場所が見つからない…。

ここ全州はグルメの街として有名です。韓国人の知り合いに聞いてみても「ここはご飯がとてもおいしいよ」なんてコメントをもらったほどです。

そんな全州にふらっと訪れたので数時間だけ観光しようと思ったのですが、現金がない。現金がないので困ってしまったのですが、両替所が見つからない…

そんな困った事態になったので、ツーリストセンターで両替所の場所を聞いて実際に行ってきました。


休日の全州でやっている両替所はとあるホテルと案内される

ツーリストセンターのお姉さんに案内されたのはこちらのホテル。

HOTEL LE WINという名のホテルです。

この辺りだと割りと大きめの建物ではあるので目立ちます。

中に進むとエントランスがあるので、すぐに右手に向きを変えます。

するとホテルのフロントがあるので、こちらで両替したい旨を伝えます。ちなみに英語対応です。

とりあえず僕は6000円だけ両替をしました。レートは空港ほどは悪くない感じです。

こうして現金を手に入れた僕は意気揚々とグルメの街である全州の観光地へと向かうのでした。

全州のツーリストセンターで両替所の場所を聞いてみた

実はこの日は全州ワールドカップスタジアムに用があったので全州に訪れました。用を済ませて市街地に戻ろうとしたはいいのですが、このままでは現金が不足してしまうと思ったので両替所を探そうとしました。ところがGoogle検索でもなかなか出てきません。仕方がないのでツーリストセンターに向かいました。

ここが全州のツーリストセンターです。スタッフの人は英語が通じるので一安心。ちなみに韓国では空港や公共交通機関、ソウル中心部を覗いて、ほとんど英語が通じませんでした。それでもタクシーのおじちゃんたちだけは朝鮮語でひたすら話しかけてきます。

さてさてスタッフに「両替がしたいのですが」と聞いてみたところ、困った表情を浮かべていました。

「今日は日曜日だから、銀行はやっていないし…」

そう聞くと、どうしようもない展開が頭によぎります。旅を続けるか、クレジットカードでキャッシングを試みるか否か、寄付を募るか。どれも絶対に避けたい選択肢。ところがスタッフお姉さんに

「そうだ、このホテルなら日曜でも両替ができるわよ。」

そういって地図を用意してくれるお姉さん。しかも日本語で書いてある。

「ここに行けば間違いないく両替できるわよ」

そういって笑みを浮かべるお姉さん。しかし、タクシーのおじちゃんたちに英語で行き先を告げても通じる気がしないのです…。

そこでお姉さんの救いの手が差し出されます。

「これを見せれば連れていってくれるわよ」

なんと女神は地図とメモを僕に提供してくださいました。聞いてよかった…やはりタクシーにおじちゃんはちゃんと連れてってくれたのでした。

両替所で現金を手に入れたので市内を観光してみた

軍資金を手に入れた僕に漂うどことない自信。ホテルの両替所をあとにしていざ市内の観光に向かいます。出てすぐの路地に入るとすぐに観光地へと様変わり。

どこかで見たことがあるような光景が。

そうです。どことなく漂う京都っぽさでしょうか。

京都よりはコンパクトなのは言うまでもありません。

しかしなんでしょう。コスプレスポットでしょうか。学生服に扮する人々もいてかなりシュール。

だんだんと空腹感に耐えられなくなったので界隈の飲食店に突入します。

日本人の気配はありませんでした。とりあえずメニューを見て、一番おいしそうだった石焼ピビンバを注文。

その前の前菜の量に圧倒されました。が、無事に石焼ピビンバにありつきました。

思ってたほど辛くなく(というかまったく辛くない)、味も日本の一般的なものと同等以上のクオリティでした。

もちろん会計はさきほどこしらえた現金払い。あえてクレジットカードが使えるかどうかは聞きませんでした。使えたら悔しいので(笑)

週末の全州で両替に困った時のまとめ

とにかくどうしても韓国の現地通貨が必要な場合はATMでキャッシングするのが手っ取り早いでしょう。しかしキャッシングができず、手持ちの日本円を両替するしか方法がないとき、かつ週末で銀行がしまっている時には今回紹介したHOTEL LE WINを利用するのも選択肢です。

ソウル市内で両替を済ませるのが理想ですが、全州にも代替手段はありました。今回はそんな全州での両替をめぐるちょっとした冒険を楽しむことになったのでした。これはこれでおもしろかったのですが、やはり現金の安心感は計り知れないですね。

 

おすすめ記事

1

『海外旅行に行く予定だけど、どのクレジットカードを選んで良いのかわからない!』という方は多いでしょう。
今回の記事では、編集部も普段から利用している海外旅行向けクレジットカードをご紹介いたします。

2

僕はヨーロッパを中心にさまざまな国を訪れてきました。(もちろん国内旅行も多いですが) 振り返れば、様々なトラベルグッズを使ってきたな・・・と感慨深いものがあります。 おそらく、無駄なものの購入も含めて ...

3

久しぶりにワクワクする航空券予約(価格予想)アプリを見つけました。
僕は今までヘビーなスカイスキャナーユーザーで、自分の望む条件を満たすチケットを探していました。
ところがこのHopperに出会ってから、そんな熱烈な思いに陰りが見えてきました。

4

Googleは、各ユーザーに合わせた観光スポットや旅程を自動的に提案し、旅行を計画する上での手間を軽減するサービス"GoogleTrips"をリリース。
今回は、GoogleTripsでは何ができて、実際にどのように使うのかを解説します。

メルボルン | オーストラリア 5

オーストラリアに旅行に行く前に、WiFiを用意するかどうか、そしてどんなWiFiを用意すべきか迷いますよね。 出発がもうすぐに迫っているけど、どのWiFiを選んだらいいのか、どれに気をつけるのか分かり ...

-アジア, 海外旅行
-,

Copyright© ToLIVE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.